大宣教命令とは何?



 

質問: 大宣教命令とは何?

答え:
マタイ28章19-20節には大宣教命令と呼ばれている命令が書かれています。「それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、 また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」天国に昇って行かれる直前にイエス様が弟子たちにされたこの命令には、イエス様が使徒達、また使徒達の後に来るキリスト者達に望んでおられる事柄が含まれています。

興味深い事に、ギリシャ語でマタイ28章19-20を読むならば命令されている行動は「弟子をつくる事」のみである事がわかります。大宣教命令は私達が世界に出て行きながら、また日々の生活を通して弟子作りをするようにと教えているのです。私達はどのように弟子作りをすればよいのでしょう?洗礼を授け、イエス様が命令されたことを教える事を通してです。大宣教命令は弟子作りについての命令であり、「出て行く事」、「洗礼を授ける事」と「教える事」は弟子作りをするという命令を守るための手段なのです。

使徒の働きの1章8節を大宣教命令の一部と見る人々も多くいます。「しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」大宣教命令は聖霊なる神様の力を通して可能になるのです。私達は私達の町(エルサレム)でも、私達の県や国(ユダヤやサマリヤ)でも、また神様が私達を遣わすどこででも(地の果てまでも)大宣教命令に従って生きるべきキリストの証し人なのです。



日本語のホームページに戻る



大宣教命令とは何?