包含的福音とは何?



 

質問: 包含的福音とは何?

答え:
包含的福音とは、単に、昔からある背教、普遍救済説の新しい名前です。普遍救済説はすべての人が結局は救われて天国に行くという考えです。 包含の福音は、カールトン.ピアースとその他の人たちが教えるように、いくつかのにせの(間違った)教理を含んでいます。

(1) 包含的福音は、イエスの死と復活が、すべての人間が悔い改めの必要もなしに、永遠のいのちを天国で楽しむことができるための代価を支払ったと言います。

(2) 包含的福音は、救いは無条件で、人間の罪の負債を支払うための代価としてイエスキリストを信じる信仰さえ要求されないと教えます。 

(3) 包含的福音は、すべての人は 天国で生きる運命がある、それに気付いていようがいまいが。と信じています。

(4) 包含的福音は、どんな宗教に属しているかとは関係なしに、すべての人は天国に行くと宣言します。

(5) 最後に包含的福音は、意図的に意識的に、神の恵み―恵みの実を味わった後に― 拒んだ人だけが、神から離されて永遠を過ごすと考えます。

包含的福音は、イエスと聖書の明確な教えと全く反しています。ヨハネの福音書で、イエスは救いの唯一の道はイエスを通してだと明らかに述べておられます。(ヨハネ14:6)神は堕落した人類の救いを確実にするために、イエスを世に遣わされました。しかし、その救いは、イエスキリストを、自分の罪の支払いとして信じる人だけにあるのです。(ヨハネ3:16)使徒たちもこのメッセージを繰り返しています。(エペソ2:8-9;1ペテロ8-9;1ヨハネ5:13) イエスキリストに信仰を置くとは、もう行いによって救いを獲得しようとしないという意味です。イエスのされたわざが救いを得るために十分だったという意味なのです。

信仰と関連して悔い改めがあります。悔い改めとは、罪について、キリストを通して信仰による救いの必要について考えを変えることです。(使徒伝2:38) 悔い改めは、神の御前に私たちは救いを得るために何の働きもできない罪人であることを認め、罪を悔い改めて(ギリシャ語の“悔い改め”は文字通り気持ちを変えるという意味)―罪から離れて―信仰によってキリストを求めることです。

イエスは誰でも悔い改めて信じる人に救いを提供されます。(ヨハネ3:16)しかしながら、イエスご自身も言われましたが、すべての人が信じるのではないのです。(マタイ7:13-14;ヨハネ3:19) 愛であり、恵深い神様が人々を地獄に落とすとは誰も思いたくないでしょう。しかし、聖書はまさにその通りを教えています。 イエスは終わりに、羊飼いが羊とヤギを分けるように、人の子はすべての国々を分けると言われました。羊(イエスキリストへの信仰によって救いを確信された人々を代表する)は、イエスと共に御国に入ります。) ヤギ(イエスが提供された救いを拒んだ人たちを代表する)は、地獄へ行きます。地獄は永遠の火と叙述されています。(マタイ25:31-46)

この教えは多くの人の反感を買います。そして彼らはその考えを明らかなみことばの教えに従わせる代わりに、ある人たちは聖書の言っていることを変えて、にせの教えを広めています。包含的福音はこの例の一つです。

以下は包含的福音の教えに対しての反論の追加です。

(1) もし信仰と悔い改めが救いの賜物を受け取るために必要でないのなら、新約聖書は悔い改めてイエスキリストに信仰を置きなさいという呼びかけであふれているのでしょうか?

(2) もし救いに十字架で終えられたイエスのわざに信仰を置くことが必須でないのなら、イエスはなぜそのような、屈辱的な非常に苦しい死に従われたのでしょう?神は単にすべての人に“神の恩赦”を授けることもできたでしょう。

(3) もし誰でもが気づいていてもいなくても天国に行くのであれば、自由意志はどうなったのでしょう?生涯、神、聖書、キリスト教を拒否してきた無神論者は、その意志に反して無理やり天国に引っ張って行かれるのでしょうか?包含の福音では、天国は必ずしもそこにいたくない人々であふれているように思えます。

(4) 宗教的所属には関係なくすべての人がどうやって天国に行くのでしょう?もし多くの宗教があってその主張がそれぞれ相反するものであるのなら❓例えば、死後の世界について全く違ったこと(例えば、輪廻転生、又は絶滅説―死後にはみな存在しなくなるという考え)を信じる人々はどうなるのでしょう?

(5) 最後に、神の恵みを意図的に意識的に拒んだ人が天国に行かないのだとしたら、何が包含的な福音と言えるでしょう?もしすべての人が天国に行けないのなら、包含的福音と呼ぶべきではないのです。ある人たちは除外されるのですから。

使徒パウロは、福音のメッセージを“死に至らせる香り”と呼んでいます。(2コリント2:16)どういう意味かと言うと、多くの人にとっては、福音のメッセージは不快な侮辱的なものです。それは彼らの罪についての真理と、キリストなしには全く希望のない状態だという真理を伝えます。神と自分たちの間にある間隔をふさぐために自分では何もできないと伝えます。何世紀にも渡って、もっと多くの人を教会に入れようとして、福音のメッセージを和らげようと(多くの人は、よい意図で)する人たちが出てきました。表面的には、それは賢いことのように見えましたが、結局人々に偽物の安全感を与えただけでした。パウロは誰でも彼が宣べた福音とは違う福音を宣べる者は呪われるべきだと言っています。(ガラテヤ1:8)これは強い言葉ですが、福音のメッセージがいかに命に係わる重要なものかに気付けば、あなたも正しい福音を伝えることがいかに重要かわかるでしょう。にせの福音は誰も救いません。にせの福音は、もっと多くの人を地獄に送り、包含的福音のようなにせの福音を宣べ伝える人たちは より多くの罪を重ねて罪と定められるのです。



日本語のホームページに戻る



包含的福音とは何?