グノーシス派の福音書とは何 ?


質問: グノーシス派の福音書とは何 ?

答え:
グノーシス派の福音書は、初代のグノーシス派の"クリスチャン"によって書かれました。一世紀後のキリスト教は、二つの主要な宗派に分かれました。正統派のクリスチャンとグノーシス派です。正統派のクリスチャンは、今日ある聖書の書を支持して、今日正統な教理として考えられているグループです。グノーシス派のクリスチャンは、本当にクリスチャンと呼ばれるならですが、聖書、イエス.キリスト、救いについて、その他ほとんどすべての主な教理に関して、非常に違った独特な考えを持っていました。 しかしながら、彼らはその教理を正当化させるために使徒たちの書いたものは何も持っていませんでした。

それが、なぜ、どうやってグノーシス派の福音書が作れたかです。グノーシス派は詐欺的に、トマスの福音書、ピリポの福音書、マリヤの福音書などと、有名なクリスチャンの名前を自分たちの書物にくっつけたのです。1945年、エジプトの南部のナグ.ハマディ図書館の発見は主要なグノーシス派の福音書を代表しています。これらのグノー=死すはの福音書は、しばしば"失われた聖書の書"と推定されています。

グノーシス派の福音書に対する私たちの反応はどうあるべきでしょう?そのいくつかの部分、または全部が聖書に加えられるべきでしょうか? いいえ、加えられるべきではありません。 第一に、以上に述べたように、グノーシス派の福音書は偽造文書です。初代教会で正当化するために、使徒たちの名前で、書かれたという偽物なのです。感謝なことに、初代教会の父祖たちは、グノーシス派の福音書がにせ教理だと認めて、ほとんど全員一致しています。グノーシス派の福音書の間には、数えきれないほどの矛盾があり、本物の福音書であるマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネともグノーシス派の福音書には多くの矛盾があります。グノーシス派の福音書は、初代教会時代のにせ教理を学ぶ材料にはなりますが、聖書には加えられず、本当のクリスチャンの信仰を代表してはいないと絶対拒否するべきです。

English
日本語のホームページに戻る
グノーシス派の福音書とは何 ?