神の栄光を讃えるとはどういう意味ですか?


質問: 神の栄光を讃えるとはどういう意味ですか?

答え:
神の栄光を讃えるとは、神に栄光を帰すということです。旧約聖書の神に関連している栄光ということばは、それと共に、豪華の偉大さという考えを含んでいます。新約聖書では、゛栄光″ということばは〝威厳、誉れ、賛美と礼拝"という意味です。 この二つの意味を一緒にすると、神の栄光を讃えるとは、神の偉大さを認めて、神を讃え礼拝して神をほめるという意味になります。なぜなら、神のみが讃えて褒められて礼拝されるに当然ふさわしいからです。 神の栄光は神の性質の本質です。その本質を認識することで、私たちは神に栄光を帰すのです。

頭に浮かぶ質問は、神がすべての栄光を持っておられるなら、実際持っておられるのですが、、ではどうやって私たちが"神に栄光を帰す″ことができるのでしょう?その鍵は1歴代誌16:28-29にあります。「 国々の民の諸族よ。主にささげよ。栄光と力を主にささげよ。御名の栄光を主にささげよ。ささげ物を携えて、御前に行け。聖なる飾り物を着けて、主にひれ伏せ。」この節で神の栄光を讃える行為で私たちのする部分が二つの行動があることがわかります。まず、私たちは神の栄光を讃えます、なぜならそれは神が当然受けるべきものだからです。 他の誰も私たちが神の栄光を讃えるために捧げる賛美と礼拝を受けるにふさわしい方はいません。イザヤ42:8は、これを確信させます。「わたしは主、これがわたしの名。わたしの栄光を他の者に、わたしの栄誉を刻んだ像どもに与えはしない。」 第二に、神を礼拝して神を讃える一部として、"ささげ物"を神に携えなければなりません。神を讃えるために携えるささげ物とは何でしょう?

私たちが威厳と聖なる美であるの神の御前に出る時、私たちのささげる供え物は、同意、従順、服従を必要とし、神の性質を繰り返し述べたり、神をほめたたえたりすることなのです。 神の栄光を讃えることは、神の言われるすべて、特に神ご自身についてのことに同意することから始まります。イザヤ42:5で神は宣言されます。イザヤ書42:5で、神は宣言しておられます。「天を造り出し、これを引き述べ、地とその産物を押し広め、その上の民に息を与え、この上を歩む者に霊を授けた神なる主はこう仰せられる。」 主は神であり、聖で完全で真理なので、神の宣言と戒めは聖く、完全で真理なのです。(詩篇19:7) そして私たちはそれを聞いて同意して神の栄光を讃えるのです。神のことば、聖書は私たちへの神のことばで、神にあって生きるのに必要なすべてなのです。けれど、神に従って、みことばにある戒めを守らなければ、神の言われることを聞いて同意するだけでは、栄光を讃えることになりません。 「しかし、主の恵みは、とこしえから、とこしえまで、主を恐れる者の上にある。主の義はその子らの子に及び、主の契約を守る者、その戒めを心に留めて、行う者に及ぶ。」(詩篇103:17-18) イエスは栄光を讃えることと神を愛することは同じことだという考えを言い換えて、ヨハネ14:15で、「もしあなた方がわたしを愛するなら、あなた方はわたしの戒めを守るはずです。」と言われました。

また、神の性質とそのわざを繰り返し言うことでも、神の栄光を讃えることになります。ステパノは信仰のために殺される前に最後の説教の中で、アブラハムが神の命令に従って故郷を離れたときに始まって、"義なるお方"キリスト―イスラエルが裏切って殺したお方―が来られる時までの神のイスラエルに対する取扱いの話を再度宣べています。私たちが自分の生活の中での神の働き―罪から救ってことくださったこと、日々私たちの心と精神に対してくださる素晴らしい神のわざ―を告げる時、私たちはほかの人の前で、神の栄光を讃えるのです。他の人が私たちが神の栄光を讃えるのを必ずしも聞きたくなくても、神は喜んで下さるのです。ステパノの話を聞いた群衆は、耳をふさいで、彼に石打ちにするために殺到しました。 「しかし、ステパノは聖霊に満たされて、天を見上げ神の栄光と神の右に立っておられるイエスを見ました。」(使徒伝7:55)

神の栄光を讃えるとは、神の性質―聖、忠実さ、あわれみ、恵み、愛、威厳、主権、力と全能など―を絶賛することです。―それを心の中で繰り返し述べて、他の人にも神だけが提供される救いについて伝えることなのです。

English


日本語のホームページに戻る
神の栄光を讃えるとはどういう意味ですか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける