霊的賜物の憐れみとは何?



 

質問: 霊的賜物の憐れみとは何?

答え:
イエスの山上の教訓の中の一つに、「憐れみ深い人は幸いです。その人たちはあわれみを受けるから。」(マタイ5:7)があります。あわれみは、私たちが神に導かれて、態度やことばや行いで、同情を示すものです。憐れみは単に同情を感じるだけではありません。それは愛によってされます。 あわれみは人の即時の必要に応えることを願って、苦しみや寂しさ、悲しみなどを軽くしようとします。あわれみは、物質的、感情的、経済的、または霊的な危機に対して、惜しみない自己犠牲の奉仕で対応します。あわれみは、地位の低い、貧しい、弱点などを利用された人たちや忘れられた人たちのチャンピオンで、しばしば彼らのために行動します。

憐れみの良い例は、マタイ20:29-34にあります。「彼ら(イエスと弟子たち)がエリコを出て行くと、大勢の群衆がイエスについて行った。すると道端に座っていた二人の盲人が、イエスが通られると聞いて、叫んで言った。『主よ。私たちをあわれんでください。ダビデの子よ。』そこで、群衆は彼らを黙らせようとして、たしなめたが、彼らはますます、『主よ。私たちをあわれんでください。ダビデの子よ。』と叫びたてた。すると、イエスは立ち止まって、彼らを呼んで言われた。『わたしに何をしてほしいのか。』彼らはイエスに言った。『主よ。この目を開けていただきたいのです。』イエスはかわいそうに思って、彼らの目に触られた。すると、すぐさま彼らは見えるようになり、イエスについて行った。」盲人があわれみを、ただの感情ではなく行動と関連させていることに注意してください。肉体的問題は、彼らの目が見えないことで、彼らにとってあわれみの行いは、イエスが介入して彼らの目が見えるようにすることでした。 あわれみは感情以上のものです。必ず、感情に行動が伴うのです。

この賜物には、それを喜んでする責任と同じように、積極的な奉仕という実用的な適用があります。(ローマ12:8)それに加えて、私たちはみな憐れみ深くあるべきだとされています。イエスは、マタイ25:40で、「、、、まことにあなたがたに告げます。あなた方が、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者のひとりにしたのは、わたしにしたのです。」と言われました。マタイ5:7は他の人に憐れみを示す人は、あわれみを受けると約束しています。 霊的に死んで盲人になっている罪人の私たちにとって、私たちはマタイ20章のふたりの盲人よりも良いわけではありません。 彼らが目が見えるようになるためにはイエスの憐れみに全く頼るほかなかったように、私たちも「私たちをあわれんで、救ってください。」と言って、イエスに頼るほかないのです。(詩篇85:7) 私たちの望みは、自分の功績ではなく、キリストの憐れみだけによるという基本的原則を理解して、私たちもキリストの憐れみ深い奉仕の見本に従って、私たちに示された憐れみをほかの人に示すようになるべきなのです。



日本語のホームページに戻る



霊的賜物の憐れみとは何?