助けの霊的賜物とは何?



 

質問: 助けの霊的賜物とは何?

答え:
霊的賜物の助けは、霊的賜物が記述してある聖書のリストの中の一つとして出てきます。1コリント12:28で〝助け“と訳してあるギリシャ語の単語は新約聖書のそこだけに出てきます。それで、助けの賜物の正確な意味ははっきりしません。 〝助け″と訳されている語は文字通り、“(苦痛、負担を除いて)安心させる、救助する、支援する”という意味です。助けの賜物のある人は、教会で他の人を愛情と恵みをもって援助する、または援助を与えることができる人です。この賜物は広い範囲の適用ができます。他の人のために日用的雑用を手伝うことから教会の用事を管理することまで。

キリストの体を助けるのは、様々な形を伴います。ある人たちは助けの賜物は、喜んで“手を貸す”人たちで、最も世俗的で不愉快な仕事さえも、へりくだりと恵みの心をもってすることができる人に与えられていると見ます。助ける人たちはしばしば教会の建物、その周りの庭で規則的に働くことをボランテイヤする人たちです。しばしばその労働は知られることなく。他の人たちは、助けは、手伝いが必要な範囲で援助をし、未亡人や老人や家族を助けて日々の生活の雑用をすることとみなします。 これらの助ける人は、広い意味で奉仕のギフトをして、キリストの体の援助と支援をします。

しかし、多分霊的賜物としての助けには、もっと深い意味があるのです。助けの賜物は聖霊からの霊的賜物の一つですから、聖霊の賜物はすべて、キリストの体を建て上げるために与えられているので、霊的な面での助けの賜物は。実用的な面より多分もっと重要なのです。助けの賜物を持っている人は、疑いや恐れ、そのほかの霊的戦いでもがいている人を見分ける特別な能力を与えられているのです。助けの賜物のある人は、霊的必要のある人に対して、やさしい言葉や理解と愛情のある態度で 、霊的真理を確信させる愛のある方法で語る特別な能力があるのです。彼らのことばは、霊的に弱く疲れた人にとって「銀の彫り物にはめられた金のリンゴのよう」(箴言25:11)なのです。 これらの助けになるクリスチャンは、真理と喜びのことばを快く、自信をもって話して、虐げられて不安な心を鎮めることができるのです。

神が私たちをよく知っておられることは賛美すべきです。神は私たちのすべての必要や挑戦をよくご存じで、助けの賜物を特別な人に与え、ほかの人の側に来て憐れみと恵みと愛をもって助けることができるようにしてくださいました。 これらの貴重な聖徒たちは、私たちが自分で抱えきれない、また抱えるべきでもない重荷を担ぐのを助けて心を持ち上げることができます。



日本語のホームページに戻る



助けの霊的賜物とは何?