信仰の霊的賜物とは何?



 

質問: 信仰の霊的賜物とは何?

答え:
信仰の賜物は、1コリント12章の、霊の賜物のリストに出てきます。9節は、ある人は信仰の賜物を与えられていると言っていますが、その賜物は特定して説明はありません。すべてのクリスチャンは、唯一の救いの方法として、救われるための信仰を与えられています。(エペソ2:8-9)しかしすべての信者が信仰の霊的賜物を与えられているのではありません。 聖霊のすべての賜物と同じく、信仰の霊的賜物は、“共同の利益”のため、つまりキリストの体の徳を高めるためです。(1コリント12:7)

信仰の賜物は、聖霊が、神の約束、力、臨在に対して並外れた自信を置いて教会での未来の神のわざに英雄的主張をするためにクリスチャンに備えてくださる特別な賜物と定義してもいいでしょう。信仰の賜物は神とみことばと神の約束に強く揺るがない自信を持つことで表現されます。信仰の賜物を持っていた人の例は、へブル書11章に並べてあります。 この章は、しばしば、”信仰の殿堂”と呼ばれて、信仰が特に並外れた人たちが超人的なことができた ことが叙述されています。ここに、ノアが、それまで雨など降ったことがなかったのに、120年かけて非常に大きな船を作ったこと、アブラハムが妻がすでに子供を産む自然の能力がなくなったにもかかわらず、子供の父親になることを信じたことなどを見ることができます。 神からの特別な信仰の賜物なしに、そのようなことをするのは不可能だったでしょう。

他のすべての霊的賜物と同じく、信仰の賜物は、キリストの体を建て上げるのに用いるために、幾人かのクリスチャン与えられています。信仰の賜物を持っている人は、言葉や行いで単純な神への自信を現わして、ほかの信者を激励します。並外れた信仰の人は、へりくだった敬虔さと神の約束に対する信頼を示して、しばしば、落ち着いて何も恐れない、熱心な人として知られています。彼らは、福音と神の目的に対するすべての障害は打ち負かされると確信し、神がその目的を前進するのを保障しておられるという自信を持っています。それで、彼らは神の御国を促進するために、最も才能ある説教者や博学な教師たちがするよりもはるかに大きなことをします。

要約すれば、神はすべてのクリスチャンに救いのための信仰を与えられます。霊的賜物の信仰は、クリスチャン生活において異常なほどの信仰を現わし、その信仰によって他のクリスチャンに喜びと励ましとなるクリスチャンに与えられました。



日本語のホームページに戻る



信仰の霊的賜物とは何?