聖書は幽霊やとり憑きについてなんと言っている?



 

質問: 聖書は幽霊やとり憑きについてなんと言っている?

答え:
幽霊は実在するのでしょうか?この質問の答えは「幽霊」という言葉が何を指しているかによって変わってきます。もしも霊的な存在を指して「幽霊」といっているのならば、「幽霊」が実在するといえますが、死んだ人の霊を指して「幽霊」というのなら、幽霊はいないと言えるでしょう。良い霊も、悪い霊も含め、霊的な存在がいる事は聖書にはっきりと書かれています。しかし、死んでしまった人間が現世に残っている人や物に「とり憑く」という事は聖書には書かれていません。

ヘブル書9章27節に「人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」と書かれています。そうです、裁きを受ける事が人間の死後の霊の運命なのです。この裁きの結果はキリスト者が天国に行き(第二コリント5章6-8節、ピリピ1章23節)、不信者が地獄に行く事(マタイ25章46節、ルカ16章22-24節)であって、それ以外の事はありえないのです。つまり、現世に居残って「幽霊」 になる事は不可能なのです。だから聖書によると、死んだ人間の肉体から離脱した霊がいることは絶対にありえません。

しかしながら、私たちの物理的世界と関連したり、それに現れたりすることができる霊的存在が実在することは聖書にもはっきりと書いてあります。これらの存在を聖書はみ使いや悪霊と聖書は呼びます。み使いは神様の忠実なしもべである霊的存在であり、正しい、善で、聖なる存在です。一方悪霊は堕落してしまった天使です。神様に反抗した悪霊達は邪悪で、人を騙し、破壊的な存在です。第二コリント11章14-15節によると悪霊は「光の御使い」や「義のしもべ」に変装する事があるとわかります。ですから、「幽霊」として死んでしまった人のふりをする事が、悪霊達にとって可能でも不思議ではないでしょう。

人がとり憑かれる事の例はマルコ5章1-20節に書かれています。レギオンと呼ばれる悪霊たちが男性にとりつき、墓場に住ませました。この出来事で幽霊とは何の関係もありません。この件では悪霊達が普通の男性を支配し、その土地の人々を脅かしていたのです。悪霊達は「ただ盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするだけ」(ヨハネ10章10節)です。悪霊たちは持っている力を尽くし、人を騙し、神様から離れさせようとするのです。現代起こる幽霊事件は上記で説明できるでしょう。幽霊でも、妖怪でも、ポルダーガイストでも、邪悪な霊的活動ならば、それは悪霊や悪魔の仕業だといえます。

では「幽霊」が良い行動をする例や、死者を呼び出して本当の情報を得たりする霊媒等はどうでしょうか?もう一度言いますが、悪霊の目的は騙すことです。神様よりも霊媒や霊能力者を人々が信じる結果になるならば、悪霊は本当の情報を与える事を惜しまないでしょう。良い行動にみえても、邪悪な目的があるのならそれは人々を欺き、堕落させ、破壊するために用いられてしまうのです。

科学的に説明できない事柄に対する人々の興味は一般的になってきています。報酬に応じて家や人の「幽霊退治」をする会社や人達もでてきています。占い師、降霊術、タロットカード、霊媒術者等も普通だとみなされている時代です。人間は霊的存在のいる世界があることに生来気づいているのです。悲しいことに、神様との交わりや御言葉の勉強を通して霊的存在について学ぶ代わりに、悪霊の働きを通して多くの人々が欺かれてしまっています。これほどまでに大規模な霊的欺きの成功をみて、悪霊達は、確かに笑いこけているでしょう。



日本語のホームページに戻る



聖書は幽霊やとり憑きについてなんと言っている?