聖書には同性愛や同性同士の結婚について何と書いてあるの?



 

質問:聖書には同性愛や同性同士の結婚について何と書いてあるの?

答え:
聖書には同性愛についてははっきりと書いてありますが、同性同士の結婚について具体的には書かれていません。しかしながら、聖書は同性愛を不品行な性的罪として禁止しています。レビ記18:22には同性同士の性行為を汚れた罪と書いてあり、ローマ1:26-27には同性愛への願望や行動を恥ずべき、不自然な、罪と書いてあります。Iコリント6:9では同性愛者達は義ではなく、神の国を受け継ぐ事はないと書いてあります。同性愛の行動や願望が聖書で罪とされている事から、同性同士の結婚も神の御心に反する物であり、罪である事がわかります。

聖書の結婚について書かれている箇所はどこでもそれを男性と女性の間の物として書いてあります。聖書で一番最初に結婚について書かれているのは創世記2:24で、人が両親の元を離れ、妻とひとつになると書かれています。Iコリント7:2-16やエペソ5:23-33等、結婚についての指導が書かれている箇所では、結婚は男性と女性の間の物である事がはっきりしています。聖書に考えると、結婚が男性と女性の生涯をかけて一つになり、家族を築き、その家族のために安定した環境を作るための物である事がわかります。

しかしながら、聖書だけが上記の結婚についての考えの起源ではありません。世界中の歴史を通して聖書的な結婚観が人間社会全体の物であった事もわかっています。歴史は同性結婚に反対していますし、現代心理学では男性と女性はお互いを支え合うようにできているという事が発見されています。家庭についても、心理学的に見て、異性同士の両親がその性別の良い模範を見せている家庭が子供の成長に一番適している事もわかっています。よって、心理学は同性愛の反対しています。また生物学的に見て、男性と女性は性的に互いに適合関係にある事もはっきりとわかります。自然的な性行為の目的が新しい命の誕生である事を見ても、男性と女性の間の性行為以外にこの目的は果たせませんから、生物学的にみても、同性愛は間違っています。

では、聖書、歴史、心理学や生物学が異性同士の結婚を支持しているのに、なぜ現代社会ではこんなにも大きな議論がなされているのでしょうか?なぜ同性愛に反対する人々は、どんなに慎重に、尊敬を持って意見を述べたとしても、理不尽で、不愉快で不寛容な人というレッテルを貼られてしまうのでしょう?なぜ同性愛者の権利運動は-宗教的人々も無宗教的な人々も同性愛者達が普通の国民としての権利を全て有している事に反対していないのに-こんなにも積極的に「結婚」という肩書きを求めているのでしょう?

聖書が与える答えはこれです:人間は皆同性愛は不自然で不道徳的な物である事を本質的に知っていて、この知識を抑え込むためには同性愛が普通の物である事と論じ、反対する全ての物を攻撃するのです。同性愛を普通の物と認めさせるためには同性結婚を異性結婚と全く同じ物とする事が必要なのです。ローマ1:18-32はこう説明しています:この知識は神がはっきりと示した物であり、拒まれて嘘と取り替えられてしまいました。そしてこの嘘は高く掲げられ、真実は攻撃をうけているのです。同性愛者の権利運動の人々が示している怒りや攻撃的態度は、言うなればその嘘を嘘である事を知っている事を隠すためともいえるでしょう。議論のなかで声を大きくする事によって弱い論理を保護しようとする作戦は昔からあります。現代の同性愛者の権利運動はローマ1:31でうまく形容されています「わきまえのない者、約束を破る者、情け知らずの者、慈愛のない者。」

同性結婚を法的に認める事は同性愛者としての生活を容認する事です。それは聖書が常にはっきりと罪としていることです。キリスト者達は同性愛や同性同士の結婚に反対するべきです。それに加え、同性愛や同性結婚がまちがっていることを示す議論は聖書のみではなく多くありますから、聖書的キリスト者でなくとも、結婚は男性と女性の間の物である事はわかるでしょう。

聖書によると、結婚は男性と女性との間の、神に祝福された物です(創世記2:21-23; マタイ19:4-6)。同性愛/同性結婚は結婚を捻じ曲げる、結婚を創造された神に対する侮辱なのです。キリスト者として、私たちは罪を容認したり無視してはいけないのです。私たちがするべき事は神の愛と赦しが全人類に、同性愛者たちも含めて、イエスキリストを通して対して送られている事です。私たちは愛をもって真実を語り(エペソ4:15)、真実と柔和と尊敬をもって語る(Iペテロ3:15)事なのです。キリスト者として真実のために立つならば結果は個人的攻撃、侮辱や迫害でしょう。しかしイエスが私たちに「もし世があなたがたを憎むなら、世はあなたがたよりもわたしを先に憎んだことを知っておきなさい。もしあなたがたがこの世のものであったなら、世は自分のものを愛したでしょう。しかし、あなたがたは世のものではなく、かえってわたしが世からあなたがたを選び出したのです。それで世はあなたがたを憎むのです。」(ヨハネ15:18-19)といった事を思い出しましょう。



日本語のホームページに戻る



聖書には同性愛や同性同士の結婚について何と書いてあるの?