天国に行くには、福音を完全に理解しなくてはいけないのですか?福音を完全に理解しなくても、信じるだけで充分ですか?



 

質問: 天国に行くには、福音を完全に理解しなくてはいけないのですか?福音を完全に理解しなくても、信じるだけで充分ですか?

答え:
ある意味で、福音のメッセージは理解するのに非常に単純です。:イエスは、私たちが救われるために、死んでよみがえられた。福音の基本的事実は把握するのに充分簡単です。 しかし、別の意味では、福音のメッセージは人間に啓示された神の真理のうちで最も深い真理のひとつです。:イエスは、私たちが救われるために死んで、 よみがえられた。この事実と基礎をなす神学の意味は、最も識別力のある神学者たちでさえをも一生かけて熟考させるほど深いのです。救いに関して、信仰が本当に"信仰"と呼ばれるためにどれほど完全な理解が要求されるのでしょう?

救いのための信仰がある程度の理解を含めていることは否定できません。理解は心の中の聖霊の 働きを通して可能になります。(使徒伝16:14)パウロは福音の正しい理解に至る過程を詳細に書いています。:宣べ伝えることから聞くことに、そして信じること、それが救いのために主の御名を呼ぶことに導くことと。(ローマ10:14)"聞くこと"には理解が暗示されています。 もし宣べ伝えられていることが理解されなかったら、本当に"聞いた″ことにはなりません。

理解されなければならない宣べ伝えることの内容は福音です。初めから使徒たちのメッセージはキリストの死と復活を強調していました。(使徒伝2:23-24)このメッセージは、「最も大切なこと」で、、、「次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また葬られたこと、また聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。」(1コリント15:3-4)このメッセージには福音の基礎的な要素が含まれています。それはキリストが誰で、どんなわざをされたかが中心になっています。:イエスは私たちの罪のために死なれ、死からよみがえられたことです。 この真理を理解し、この真理を信頼することなしには誰も救われません。

福音メッセージのそれぞれの面は重要です。福音のどの要素でも理解を不明瞭にすると、 信仰は解消することになります。:もしイエスが完全な神の御子であることを理解しなかったら、イエスの死は、私たちの救いに関する限りは何のためにもならないことになります。 イエスが死なれたことを理解しなければ、私たちにはイエスが復活されたことを論理的に理解することはできません。もしイエスが死なれた理由(私たちの罪のため)を理解しなければ、私たちは自分に罪がないと思うかもしれません。それで、救い主の必要はないと思うでしょう。もしイエスがよみがえられたことを理解しなかったら、私たちは生きておられる救い主を見逃して、私たちの信仰は死んだものになります。(1コリント15:17)

聖書は、ある程度の霊的知識を得ていたけれど、まだ救われていない人たちの例を挙げています。彼らがキリストを信頼して新しく生まれ変わったのは、彼らが福音の本質的要素を理解した後でした。エチオピアの宦官(使徒伝8:26-39)、コルネリオ(使徒伝10章)、アポロ(使徒伝18:24-28)エペソの12人(使徒伝19:1-7)などはみな宗教的背景がありましたが、救いの瞬間は彼らがキリストに信仰を置いた時でした。彼らはまず福音の内容を聞いて理解しなければならなかったのです。

しかしながら、救われるためには福音に伴うすべてを理解する必要はありません。事実、福音に伴うすべてを完全に理解することは、天国に行くまでは不可能です。.私たちは逆説的に「人知をはるかに超えたキリストの愛を知る」ために、励んでいるのです。(エペソ3:19) しかし私たちが神の恵みの富を完全に理解することはないでしょう。:「ああ、神の知恵と知識との富は、なんと底知れず深いことでしょう。そのさばきは何と知り尽くしがたく、その道は何と測り知りがたいことでしょう。」(ローマ11:33)

例えば、救われるために、"本質的結合"を理解する必要はありません。救われるために"なだめ"の定義を引用する必要はありません。義認、贖い、または聖化の過程などの役立つ知識も、天国に行くために要求されません。これらの知識は時とともに、またみことばの学びからきます。しかし、それらは救われる瞬間に把握する必要はないのです。十字架上で強盗が、主の方を向いて、「イエス様。あなたの御国の位にお着きになる時には、私を思い出してください。」(ルカ23:42)と言った時、救世論についてよく知っていたとは思えません。

福音のメッセージは子供でも理解できるほど簡単です。イエスは救いが子供にも受けることができると指摘して宣言されました。「子供たちを、わたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。」(マルコ10:14)主を讃えます。イエスの福音は子供たちにも理解できるのです。それに、精神的に福音理解ができない人たちにも、神は恵の御手を差し伸べて下さると私たちは信じます。

それで、天国に行くためには、「主イエス.キリストを信じ」なければなりません。」(使徒伝16:31)つまり、私たちの代わりに死なれて、三日目によみがえられた神の聖なるお方を信頼するのです。イエスの御名を信じる者に、神は「神の子供とされる特権をお与えになった。」(ヨハネ1:12)。 福音はそれほど簡単であり、それほど意味が深いのです。

English



日本語のホームページに戻る



天国に行くには、福音を完全に理解しなくてはいけないのですか?福音を完全に理解しなくても、信じるだけで充分ですか?