神に対して欲求不満になることは悪いことですか?



 

質問: 神に対して欲求不満になることは悪いことですか?

答え:
欲求不満とは、私たちが必要が満たされていないと思うとき、又は乗り越えられないように見える問題にぶつかった時、感じるもどかしさと不安の感情のことです。時々、私たちのもどかしさや不満の焦点は神に向けられます。―私たちは神に対して欲求不満になるのです。 神と神の方法と神の取り扱いに対する欲求不満がクリスチャンにとってつまづきの石になることがあります。この問題は神には簡単に解決できたのに―、なぜ神はそうされないのか? 私には必要があることを神はご存じのはずなのに、―神はどこにおられるのか? 人生のある時期、一、二の理由で、主に対して欲求不満を感じたことのないクリスチャンは少数しかいないでしょう。

マルタの場合がその例です。(ルカ10:38-40)イエスがマルタの家を訪問しておられました。マルタはイエスにごちそうをしてあげたかったのでした。聖書はマルタは「いろいろともてなしのために、気が落ち着かず」と言っています。一方マルタの妹マリヤは、「主の足元に座ってみことばに聞き入っていた。」忙しさの中で、マルタは台所で、当然手伝いが必要だと思いました。彼女の不満は、沸騰して怒りになりました。 彼女は主の身元に来て、「主よ。妹が私だけにおもてなしをさせているいるのを何ともお思いにならないのでしょうか。私の手伝いをするように、妹におっしゃって下さい。」と言いました。マルタが欲求不満になっていたのは、マリヤが手伝わないこととマリヤが怠けているのを許しておられたイエスに対してだったということに注目してください。イエスはマルタをなだめて、「マルタ、マルタ、あなたはいろいろなことを心配して、気を使っています。」と言われました。それからこの機会を用いて、静かにして神を知ることのレッスンを教えられました。(詩編46:10) ―私たちが不満でイラついている時、忘れがちなレッスンです。

もう一つのよく知られている話はヨナです。ヨナも主に対して不満になることがどういうことか知っていました。ヨナは神の声を聞きましたが、神のことばが気に入りませんでした。(ヨナ1:1-3)神のメッセージをいやいやながら、ニネベの人々に伝えた後、ヨナは彼らが言うことを聞かないだろうから、自分は、彼らが復讐の神に殺されるのを見る満足があるだろうと確信していました。 ヨナにとって口惜しいことに、ニネベ人たちは、神に対してへりくだり、悔い改めるという反応をしました。(ヨナ3:5-10) ヨナはイラつきました。彼の正義感は神のあわれみ と対立していました。事をもっと悪くしたのは、ヨナがその影の下に座っていた葉っぱの植物が神によって枯れてしまいました。それでヨナは焼け付くような太陽にさらされてしまいました。(ヨナ4:7)ヨナの不満は死にたいと思うほどにさえ達しました。(ヨナ4:9) 神は怒った預言者に彼の見方が間違っていることを思い起こさせなければなりませんでした。 ヨナは、人々であふれた偉大な町よりも知覚のない植物の方を心配していたのです。欲求不満は私たちの視力を曇らせ、私たちのあわれみを消してしまうことができるのです。

神に対して欲求不満を持つのはいけないことですか?そうです。いけないことです。不満は私たち人間の罪の性質の産物です。神に不満を持つのは、神を信頼していない、又は神がどんなお方か誤解している証拠にもなります。 もし神が完全で、―聖書はそう言っています。(詩篇18:30)―だから、神の意図は完全で、神のタイミングもその方法も完全で、結果も完全になるのです。 私たちの心の焦点を神にあてて、神を信頼するなら、欲求不満ではなく平安を知ることになります。(イザヤ26:3)

私たちの神に対する欲求不満は、私たち自身の頑固さの副産物であることもあります。自分の願望が神の目的に反するとき、私たちは自然と不満になります。 神と戦うことは絶対に勧められません。 タルソのサウロは、このレッスンを難しい方法で学びました。イエスは彼に思い出させなくてはなりませんでした。「とげのついた棒をけるのは、あなたにとって 痛いことだ。」(使徒伝26:14)へりくだって服従する簡単な祈りは、頑固に自分の計画を言い張ることよりもずっと大きな慰めを与えてくれます。

神は地上の父たちに、「父たちよ。子供を怒らせては(いら立たせてはいけません。)(コロサイ3:21)と言われました。確かに神はご自分の子供たちをいらだたせたいとは思われません。私たちが神に不満を持っていら立っている時、それは神に何かが不足しているからではなく、私たちの側に理解が不足しているからなのです。 神に不満を感じる時にするべき最善のことは、神のみ心に服従し、神のタイミングを受け入れて神の良さを信用することです。「あなた方の思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。」(1ペテロ5:7)



日本語のホームページに戻る



神に対して欲求不満になることは悪いことですか?