フリーメイスンとはなんですか?彼らは何を信じているのですか?



 

質問: フリーメイスンとはなんですか?彼らは何を信じているのですか?

答え:
まず、この記事がフリーメイスン関係者が全てカルト関係者であるとか、全てのフリーメイスンが下の教えを信じているとは言っていないことを理解してください。この記事が言わんとしている事は次のことです:フリーメイスンはキリスト教ではないと言うことです。フリーメイスンがどんなものかを理解してから退会をしたクリスチャンが多くいます。しかし神を愛している、真のキリスト者もフリーメイスンにはいます。それは彼らがフリーメイスンが実際にどんなものであるのかを理解していないからでしょう。ですから、フリーメイスンと関わりを持つかどうかを決めようとしている人はそれぞれ神が知恵を与えてくださるようにと祈るべきです。この記事はブルーロッジのworshipful master(上位階級)だった人がチェックして、正確であると確認されています。

フリーメイスン、東方の星結社や他の「秘密」結社は無害な集まりに見えます。多くの結社は神への信仰を言い表しているように見えます。しかし、よく調べてみると、彼らが信じるべきなのは、唯一の真実の神を信じる事ではなく、イスラム教や、ヒンズー教や他の世界の宗教の神を含む「最上級の存在」を信じると言う事です。フリーメイスンの聖書的でなく、キリスト教とは違う信仰は、一見キリスト教の信仰と賛同しているように見える見た目の裏に隠れています。下が聖書の教えと公式なフリーメイスンの教えです。

罪からの救い:
聖書の教えーイエスが、信じる全ての者の罪の贖いのために十字架で死に、死を流した事で罪の身代わりとなった(エペソ2:8-9,ローマ5:8,ヨハネ3:16).。

フリーメイスンの教えーロッジの会員になるために、キリスト者はキリストのみが主であり救い主であるという事を無視するべきである。フリーメイスンによると、人は良い行いと自己の向上によって天国にいける。

聖書観:
聖書の教えー聖書は神の霊感を受けている、聖書には誤りがなく、その教えは完全であり、完結している。聖書は神の言葉である(2テモテ3:16, 1テサロニケ2:13)。

フリーメイスンの教えー聖書は数ある、フリーメイスンが認めている、全て平等な聖典の一つである。聖書は、イスラム教徒であるメイスン会員にとってコーランが大切なのと同様に、クリスチャンであるメイスン会員にとって大切な書物である。聖書のみが神の言葉ではなく、神が自分を人類に啓示した者でもなく、聖書は数ある宗教のほんの一つにすぎない。聖書は良い道徳の教科書である。聖書は、他の宗教の聖典と同様、神のみこころの象徴として用いられる。

神について:
聖書の教えー神は唯一である。多くある神の名前はイスラエルの神とその御性質を表している。他の神々を礼拝する事は偶像礼拝である(出エジプト20:3)。パウロも偶像礼拝はひどい罪であると教えていて (1コリント10:14)、ヨハネも偶像礼拝者は地獄での裁きを受けると書いている(黙示録21:8)。

フリーメイスンの教えー全会員はなんらかの神を信じているべきであり、様々な宗教(キリスト教、イスラム教、ユダヤ教など)が掲げている神は同じ神であり、ただ、違う名前で読んでいるだけである。フリーメイスンは全ての宗教を信じている人々に、違う名前で呼んではいても、「よろずの名を持つ名無しの方」とも呼ばれる同じ神を礼拝していることと同じであることを信じるようにと促す。

イエスキリストと三位一体について:
聖書の教えーイエスは人の形を持って来てくださった神である(マタイ1:18-24,ヨハネ1:1)。イエスは三位一体である神の一神格である(マタイ28:19, マルコ1:9-11)。地上を歩かれた時、イエスは完全に人間であり(マルコ4:38; マタイ4:2) 、完全に神であった(ヨハネ20:28,ヨハネ1:1-2,使徒4:10-12)。キリスト者はイエスの御名で祈るべきであり、人々にどんな時もイエスを宣べ伝えるべきである(ヨハネ14:13-14, 1ヨハネ 2:23, 使徒4:18-20).。

フリーメイスンの教えーイエスキリストや、父、子、聖霊からなる三位一体の神の独占的な教えはない。よってイエスキリストの神性についての教えもない。イエスの名によって祈る事やイエスの名前を口にする事はフリーメイスンではよしとされていない。イエスが神への唯一の道であるとほのめかす事は寛容の教えに反する。メイスンの儀式等で用いられる聖書からはイエスの名前が除かれている。イエスは他の宗教的指導者達と同等である。

人間の性質と罪について:

聖書の教えー全ての人は罪を持って生まれ、自分を救う事ができないので、罪から救ってくださる救い主が必要である(ローマ3:23,ローマ5:12,詩篇51:5,エペソ2:1).。人間が自分の力で道徳的に完全になる事ができるとは聖書は教えていない(1ヨハネ1:8-10,ローマ1:18-25)。

フリーメイスンの教えーそのシンボルや紋章によってメイスンは人類は罪を持っていないが、「無礼であり不完全な性質を持っている」と教えている。人類は様々な方法を通してその人格や行動を向上させる事ができ、それには慈善活動、道徳的な生活、ボランティア活動や社会貢献などがある。人類は不完全さから完全に移行する力を持っている。道徳的、そして霊的完全さは男性と女性の内にある。

キリスト者がフリーメイスンの会員としての誓いを立てる時、その人は下記の、神が間違っていて罪であると教えている教理を掲げる事になってしまいます:

1. 良い行いを通して救いを得る事ができる。
2. イエスは多くいる預言者の一人にすぎない
3. ロッジではイエスの事を口にしない。
4.聖書にはキリスト者はすでに光の中を歩み、光の子供とされていて、世の光であるイエスキリストが内に住んでいると書かれている教えに反し、霊的闇と無知を持ってロッジに関わる。
5. キリスト者に誓いを立てさせる事によって、フリーメイスンはキリスト者に主の御名をみだりにとなれると言う冒涜を犯させる。
6. フリーメイスンは「宇宙の第建築家」と言う神的存在が全ての宗教が神としている神の正体であると教えている。
7. フリーメイスンはキリスト者に、他のメイスンの兄弟を傷つけないために「一般的な名前」を祈りで用いるようにと教えている。
8. フリーメイスンの誓いを立て、ロッジの教理を受け入れることによって、キリスト者は間違った福音を、フリーメイスンの救いの教えを信じている他のロッジ会員に永続させることになる。このような統合的結社の会員になることによってキリスト者は主の証人としてのアイデンティティを失うことになる。
9. フリーメイスンの誓いを立てるキリスト者は間違った神々に関しての間違った教えで心と霊と体に悪い影響を与えることになる。

お分かりのように、フリーメイスンの教えや聖書の教えに反しています。フリーメイスンは聖書が禁止する行動を人々にさせることもあります。ですから、キリスト者はフリーメイスンに関係のある結社や団体の会員になるべきではありません。



日本語のホームページに戻る



フリーメイスンとはなんですか?彼らは何を信じているのですか?