聖書は自分を赦すことについて何と言っていますか?


質問: 聖書は自分を赦すことについて何と言っていますか?

答え:
聖書は"自分を赦す"という考えについて絶対に何も言っていません。私たちに対して罪を犯した人が赦しを求めたら、赦しなさいと教えられています。 キリストが私たちの罪の代価をすでに支払われたことと私たちがキリストを自分の罪からの救い主として信頼したことに基づいて、神の赦しを求めると、神は私たちを赦してくださいます。それほど単純なのです。(1ヨハネ1:9) しかしながら、罪の奴隷としては開放されたのですが(ローマ6-8章にあるように)私たちはまだ罪から解放されていないかのように行動して、罪におぼれることを選択することもできるのです。同じように、罪責感を持ちながらも、キリストにあって私たちは赦されたという事実を受け入れることもできるし、又は、私たちにはまだ罪があるので、有罪だという悪魔のウソを信じることもできます。

聖書は神が私たちを赦されるとき、神は私たちの罪を二度と思い出さない(エレミヤ31:34)と仰せられると言っています。これはすべてを知っておられる全知なる神が、私たちを赦したので忘れると言われたという意味ではないのです。それよりも 神が私たちの罪をご自分にも又はほかの者にも二度と持ち出さないことを選択されるという意味なのです。私たちの以前の罪が頭に上ると、それをくよくよ考えることを選択することもできます。(結果として 罪責感を感じます。)又は、私たちの罪を赦してくださった素晴らしい神と感謝の思いで心を満たして賛美することを選択することもできます。(ピリピ4:8)自分の罪を思い出すことは神の赦しがどれほど大きいかを思い出して、他の人を赦すのがより容易くなるのに有益であるだけです。(マタイ18:21-35)

悲しいことに、"自分自身を赦さない"人たちがいます。というのは、自分の過去にこだわってそこから前に進めないのです。なぜなら彼らは自分の過去の罪を忘れたくないからです。

English


日本語のホームページに戻る
聖書は自分を赦すことについて何と言っていますか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける