同じ罪を繰り返し犯し続けるなら神は赦してくれなくなる?



 

質問:同じ罪を繰り返し犯し続けるなら神は赦してくれなくなる?

答え:
上の質問に答えるためには、次の二つの聖書箇所を読む必要があります。一つ目の箇所は詩篇103:12で、「東が西から遠く離れているように、私たちのそむきの罪を私たちから遠く離される。」というものです。キリスト者たちに、神のみ言葉で示されているにもかかわらず、罪が赦されていないと思わせる事はサタンの得意技と言えます。私たちが本当に、信仰を持ってイエスを救い主として受け入れたにもかかわらず、本当に赦されているかどうかを疑問に感じ続けているならば悪霊の妨害を経験している可能性があります。悪魔や悪霊達は人々が自由を経験する事をひどく嫌い、救いについての真実への疑いの種を私たちの心に植え付けようとするのです。多くあるサタンの用いる作戦の一つは私たちに過去の罪を思い出させ、神は私たちを到底赦す事などできないのではないかと、懐疑心を起こす事です。悪魔の策略のおかげで私たちは神の約束に平安を得て、神の愛に憩う事を困難に感じるのです。

しかし上の詩篇は神が私たちの罪を赦しただけでなく、罪を遠く離された事を教えてくれます。もちろん、この概念は私たちには理解しがたい所があり、神の赦しを疑ったり受け入れがたく感じる事もあります。重要なのは私たちが懐疑心や罪悪感を捨てて神の赦しの約束に平安を見つける事です。

もう一つの箇所は1ヨハネ1:9でこの箇所には「もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます」と書いてあります。なんと素晴らしい約束でしょう!神はご自分の民が罪を犯したとしても、悔い改めの姿勢を持って赦しを求めるならば赦してくださるのです。神の恵みは素晴らしく、私たち罪人を罪からきよめ、神の子供とするのです。私たちはつまづいた時にも赦される事ができるのです。

マタイ18:21-22には「そのとき、ペテロがみもとに来て言った。『主よ。兄弟が私に対して罪を犯したばあい、何度まで赦すべきでしょうか。七度まででしょうか。』イエスは言われた。『七度まで、などとはわたしは言いません。七度を七十倍するまでと言います。』」と書いてあります。ペテロはこの質問をする際に自らが寛大であると思っていたはずです。それは、ペテロは自分に対して罪を犯した兄弟に報復をする事よりも七回赦す事について聞いたからです。しかしこの赦しも八回目には限界に達するのです。しかしキリストはペテロのルールに対し、恵みは無限である事を教えました。これはイエスの十字架での血潮による神の無限の恵みによって可能であり、イエスの赦しを受けた私たちは、へりくだって求めるならば罪からきよめられるのです。

それと同時に、キリスト者である誰かが同じ罪を習慣的に、継続的に犯し続ける事は聖書的ではありません(Iヨハネ3:8-9)。パウロが「あなたがたは、信仰に立っているかどうか、自分自身をためし、また吟味しなさい。それとも、あなたがたのうちにはイエス・キリストがおられることを、自分で認めないのですか―あなたがたがそれに不適格であれば別です。― 」(IIコリント13:5)と書いているのもこのためです。キリスト者である私たちは皆つまづきます、しかし習慣的な、悔い改めに欠ける、罪の歩みをキリスト者は送りません。私たちは皆弱く、罪を犯したくなくとも罪を犯してしまう事があります。使徒パウロも自らの体の内に働いている罪によって自分でしたくない事をしていると書いています(ローマ7:15)。パウロのように、キリスト者は罪を嫌い、悔い改め、神の恵みによって罪に打ち勝つ事を望むのです(ローマ7:24-25)。神の恵みは十分ですから、私たちは罪を犯さない事ができますが、人間的な力飲みにたよて歩む事で罪を犯してしまうのです。信仰が弱まる時、私たちはペテロのように言動や行動を通して主を知らないという事があるでしょう。そんな時にも私たちは悔い改め、赦しを得る事ができるのです。

サタンのもう一つの策略は私たちに希望がないと思わせ、赦されて癒される可能性がないと思わせる事です。サタンは私たちに罪悪感に縛られ、神の赦しを受けるに値しないと思わせようとしているのです。しかしながら、私たちが神の赦しを受けるに値していた事が、歴史上に一度でもあったでしょうか?神は世界の基の置かれる前に私たちを愛し、赦し、キリストの内に選んでくださったのです(エペソ1:4-6)、それは私たちが何かをしたからではなく、「前からキリストに望みを置いていた私たちが、神の栄光をほめたたえるため」(エペソ1:12)なのです。私たちは、神の恵みの届かない場所などどこにもなく、神が私たちを引き上げる事ができない深みに陥る事もない事を知っておくべきです。神の恵みは私たちのどの罪よりも大きいのです。私たちが少しつまづいたとしても、罪に溺れていたとしても、恵みを受け取る事は可能なのです。

恵みは神からの賜物です(エペソ2:8)。私たちが罪を犯すならば、聖霊は私たちに罪の意識を与え、「神のみこころに添った悲しみ」(IIコリント7:10-11)を起こさせます。聖霊は希望がないとでもいうように私たちのたましいを罪に定められる事はなさいません。それはキリストイエスにある者が罪に定められる事はもうないからです(ローマ8:1)。聖霊の働きは愛と恵みによるもので、恵みは罪の言い訳ではなく(ローマ6:1-2)、罪は罪と呼ぶべきであり、損害や影響がない物とみなされるべきではありません。私たちは悔い改め欠けているキリスト者には愛を持って叱責を与え、自由に導く必要があり、不信者達は罪を悔い改めるようにと促すべきです。私たちは恵みの上に恵みを与えられましたから(ヨハネ1:16)、罪からの解放の道に重点をおいて話しましょう。恵みによって私たちは生き、救われ、きよめられ、栄光を与えられるのです。罪を犯してしまったなら、悔い改めと神への罪の言い表しをして恵みを受け取りましょう。キリストが私たちを全き、神の前に正しい者としてくださると約束をしてくださっているのですから、罪に歩む事はやめましょう。



日本語のホームページに戻る



同じ罪を繰り返し犯し続けるなら神は赦してくれなくなる?