キリストに本当の意味でついていくとはどういう事?



 

質問: キリストに本当の意味でついていくとはどういう事?

答え:
福音書(マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ)でイエスの「私についてきなさい」という命令がしばしば記録されていて(マタイ8:22; マルコ2:14; ルカ5:27; ヨハネ1:43)、この命令を通してイエスは十二弟子(マタイ10:3-4)を招き、他にもイエスの与える賜物を受け取りたいと願う人々を招きました(ヨハネ3:16; マルコ8:34)。

マタイ10:34-39でイエスは自らについていく事がどういう事であるかについてはっきりとこう言っています:「わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたしは、平和をもたらすために来たのではなく、剣をもたらすために来たのです。なぜなら、わたしは人をその父に、娘をその母に、嫁をそのしゅうとめに逆らわせるために来たからです。さらに、家族の者がその人の敵となります。わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしい者ではありません。また、わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたしにふさわしい者ではありません。自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしにふさわしい者ではありません。自分のいのちを自分のものとした者はそれを失い、わたしのために自分のいのちを失った者は、それを自分のものとします。」

イエスの剣をもたらし、家族を互いに逆らわせるという言葉は「御子を信じる者が一人として滅びる事なく永遠の命を得る」(ヨハネ3:16)という言葉と比べると厳しい者に見えますが、イエスは真実を曲げる事はなさらず、自らについていく者は困難に直面するとはっきり言われました。ですからイエスに背を向ける方が魅力的に見える事がしばしばあるでしょう。イエスが幸いな者についての教え(マタイ5:3-11)だけでなく、やがてかかるべき十字架についても教え始めた際、多くの弟子たちがイエスから去って行きました(ヨハネ6:66)。イエスが捕らえられた夜には十二弟子達もイエスについていく事の重圧に耐えられず、イエスを見捨ててしまいました(マタイ26:56; マルコ14:50)。その夜、イエスについていく事は捕らえられ、処刑される可能性を示していたからです。自分の命をかけてイエスについていく事よりも、ペテロはイエスを知らないと三回言う事を選んでしまいました(マタイ26:69-75)。

イエスについていくとは、イエスが私たちの全てになるという事です。人は皆何かについて歩んでいます。それは友人、文化、家族、自己中心的思い、または神です。しかし、私たちは多くある者のうち一つだけを選んでついていく事ができます(マタイ6:24)。神はご自分以外に神があってはならないと命じられました(出エジプト20:3; 申命記5:7; マルコ12:30)。キリストに本当についていくとはイエス以外の何にもついて歩まない事を意味しています。イエスはルカ9:23で「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。」と言われました。従って、「ちょっとだけ弟子になる」とどという事はありえないのです。また、誰も自分の力のみに頼ってイエスについていく事は到底できません。人間的力のみに頼って神に完全に従おうとしていた人々の良い例はパリサイ人です。彼らの自力本願的歩みは高慢さと神の律法を歪曲する事に繋がってしまったのです(ルカ11:39; マタイ23:24)。

イエスは弟子達に、その時に彼らは理解しませんでしたが、自らについてくる事の秘訣を教えました。「いのちを与えるのは御霊です。肉は何の益ももたらしません」(ヨハネ6:63)。「父のみこころによるのでないかぎり、だれもわたしのところに来ることはできない」(6:65)。弟子達はイエスと三年間過ごし、イエスから学び、イエスの奇跡を目撃し、奇跡の実行に用いられもしました。しかしそんな弟子達も自分の力だけではイエスに完全についていく事はできず、助け主が必要だったのです。

イエスはご自分が父のみもとに戻られた際に「助け主」である聖霊を送る事を約束されました(ヨハネ14:26; 15:26)。イエスはまたご自分がいなくなる事は、弟子達がそれぞれ聖霊を受け取る事につながるので良い事だとも言われました(ヨハネ16:7)。聖霊はそれぞれのキリスト者のうちに住んでおられます(ガラテヤ2:20; ローマ8:16; ヘブル13:5; マタイ28:20)。イエスは弟子達に「高き所から力を着せられるまでは」ご自分について証しないようにと命じられました(ルカ24:49; 使徒1:4)。ペンテコステの日に聖霊が下られた時に、弟子達はイエスについていくために必要な、死にも直面する事のできる力を与えられたのです(使徒2;1-4; 4:31; 7:59-60)。

イエスについていくとはイエスのようになる事です。イエスは天の父に常に従いました。ですから、私たちも天の父に従う事を求めて歩むべきです(ヨハネ8:29; 15:10)。イエスに本当についていくとはイエスを主とする事です。(ローマ10:9; Iコリント12:3; IIコリント4:5)。私たちの決断や夢は全てキリストに栄光を帰すために聖書に照らし合わされるべきです(Iコリント10:31)。私たちはキリストのためにする行いによって救われるのではありませんが(エペソ2:8-9)、キリストのみわざによって救われるのです。イエスの恵みのゆえに、私たちはイエスに喜ばれる歩みを求めるのです。全ては、聖霊に私たちの人生の全てを委ねる事によって可能になります(エペソ5:18)。聖霊は私たちにみ言葉を教え(Iコリント2:14)、霊的賜物を持って力づけ(Iコリント12:4-11)、慰めを与えて下さるのです(ヨハネ14:26)。キリストについていくとはみ言葉の真理を日常生活に適用して、イエスが隣にいるかのように毎日歩むことなのです。



日本語のホームページに戻る



キリストに本当の意味でついていくとはどういう事?