どうしたら、キリストに焦点を当て続けることができますか?


質問: どうしたら、キリストに焦点を当て続けることができますか?

答え:
今日の速いテンポの世界で、私たちの人生の本当の目的―神を礼拝すること-から目をそらすことは簡単です。神に焦点を当て続けるために苦労する中で、それぞれの信者にはその焦点を保ち続ける方法がそれなりにあります。 個人個人の必要は違います。ある人は毎週聖書の聖句を暗唱することかもしれません。別の人は毎朝、個人的に聖書研究をすることかもしれません。また別の人は一週間に少なくとも一人の人に福音メッセージを伝えるというゴールを持っているかもしれません。 これらのことは心の目の前にキリストを保っています。

これらの行動は共通のものがあります。それぞれが焦点を当てるべきところに保つために、信者ができることです。これは明け渡すこと、―イエス.キリストに、神に明け渡すことです。自分の人生のすべて;必要、心配事、痛み、喜び、賛美を主に明け渡すことです。 肉体的、感情的、霊的なことを明け渡すのです。 以下の聖句を考えてください。:ローマ12:1:「そういうわけですから、兄弟たち。私は神のあわれみのゆえに、あなた方にお願いします。あなた方のからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなた方の霊的な礼拝です。」ルカ9:23-24:「イエスはみなの者に言われた。『誰でもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を背負い、そしてわたしについて来なさい。自分のいのちを救おうと思う者は、それを失い、わたしのために自分のいのちを失う者は、それを救うのです。』」 ローマ6:13:「また、あなた方の手足を不義の器として罪に捧げてはいけません。むしろ、死者の中から生かされた者として、あなたがた自身とその手足を義の器として神にささげなさい。」(自分自身を完全に神にささげなさい。あなた方は新しいいのちを頂いたのだから。からだ全部を神の栄光のために正しいことをする道具として使いなさい。)

明け渡した人生とは信頼することです。神があなたの最善のためになることを思っておられると信じることは信頼です。 神のことばは信じることができて、顔面通り受け取ることができるのです。 私たちのすべての必要が満たされるというのも信頼です。明け渡すと、自分の焦点を当てるのではなく、キリストに焦点を向けることになります。それは従順によって証明されるのです。「明け渡すことは最善の生き方ではない。それは唯一の生き方である。それ以外の生き方はうまくいかない。それ以外のすべてのやり方は、欲求不満、失望、自己破滅をもたらすことになる。」(リック.ウォレン)あなたの人生を完全に主であり救い主であるキリストに明け渡す以外、信者がキリストに焦点を当て続ける方法はないのです。

English


日本語のホームページに戻る
どうしたら、キリストに焦点を当て続けることができますか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける