進化論の欠点は何ですか?



 

質問: 進化論の欠点は何ですか?

答え:
クリスチャンも未信者も同じように、しばしば進化論は正しいのかと質問します。この論の疑いを表現する人たちは、進化論に賛成する人たちから、よく”非科学的”とか”進歩が遅れている”とかのレッテルを張られます。時には、世間一般の進化論の理解は、疑う余地もなく証明されたのなら進化論には科学的障害は少しもないと言うことです。現実は、この論には疑いたくなる理由を与えるかなり多くの科学的弱点があります。 このどの質問も必ずしも進化論を反証するものではないことは認めますが、実は質問はこの理論がいかに確立されてないかを示します。

科学的に進化論を批判する方法はいくつもありますが、たいていの批判は高度に特定なものです。進化論と一致させるのが困難な無数の例、つまり遺伝学的特徴,、生態の仕組み、進化によって生じた木、酵素の特質、その他の事実などがあります。 これらの詳細を述べることは非常に高度な専門的な叙述になり、この記事のような要約以上のものです。一般的に言うと、科学はまだ、分子、遺伝子的、生態学的レベルにおいてさえ、一貫した支持できる方法で進化がどのように作動するかについて首尾一貫した答えを与えていないというのが正確なのです。

その他の進化論の欠点は三つの基本的な領域に別けることができるでしょう。第一に、〝中断された平衡”と“漸進”との矛盾があります。二番目には、〝微生物の進化”を″大進化”に投影する問題です。 三番目は進化論が思想的理由で非科学的に乱用されていることです。

まず第一に、〝中断された平衡”と〝漸新論’’には矛盾があります。漸進論は、生体が比較的一様な速度で突然変異を体験し、その結果、初期のかたちから、後のかたちに、いくらか’スムーズ’に転換したと示唆しています。これは、進化論から出た始めの推論でした。反対に中断された平衡は、突然変異の率は独特な偶然にひどく影響されていると示唆しています。 それで、生物は短期間に起こる急激な進化の爆発によって〝中断されて″、長い期間の安定を体験します。

漸進論は化石の記録と矛盾しているようです。有機体が突然現れて、長期間、少しの変化も示しません。化石の記録は前世紀にかけて非常に広域に渡って出てきました。そしてより多くの化石が発見されればされるほど、漸進論はより反証されて来ています。中断された平衡論を促したのは、化石の記録に見られるこの漸進論に対する明白な論駁でした。

化石の記録は中断された平衡論を支持しているように見えるかもしれませんが、これにも重大な問題がいくつかありました。中断された平衡論の基本的推論は、ほんの少しの生物が、それもみな同じ 大人口の中から、いくつかの有益な突然変異を同時に経験するというのです。だれもがこんなことは起こりそうもないことがすぐにわかります。 それから、その新しい遺伝子が次世代に受け継がれる(もう一つのありえない出来事ですが)ために、その少しのメンバーが主な人口から完全に離れるだろうというのです。生命の多様性を考えると、このような驚くべき偶然がいつも起こらなくてはならないでしょう。

科学的な研究もまた中断された平衡が論じる利益に疑いをかけています。大きい人口から少しのメンバーを別に分ける結果は同種繁殖です。 その結果、繁殖能力は衰え、有害な遺伝子の異変などが起こります。要するに、〝最適な種類が生き残る″ことを促進すべきである出来事はその代わり生物を無能にすることになります。

ある人たちが主張するにもかかわらず、中断された平衡論は、漸進論がより精錬された見解ではないのです。 彼らは進化論の背景にある機械作用とその機械がどのように作動するかについて非常に違った推論をしています。生命が多様でバランスを保ちながらどうやって現れたかについて満足できる説明もしていません。いまだに進化がどのように作動するのかについてほかに道理にかなった選択もありません。

二番目の欠点は、〝微生物の進化”を〝大進化”に広げる問題です。実験室での研究では、有機物は適応できることがわかっています。つまり、生き物はその環境によりよく適応するために生態を転換する能力があると言うことです。しかしながら、同じ研究ではそのような変化はある程度までしかできず、その生物は根本的には変わっていないことを示しています。この小さな変化は〝ミクロ(小)進化”と呼ばれています。ミクロ進化が結果的に徹底的な変化で終わることも可能です。例えば、犬にあるような。犬はすべて同じ腫ですがどれほど多くの品種があるか誰にでもわかります。しかし、最も積極的な繁殖を通してでさえ、犬を犬以外の動物に変えることはできません。繁殖させることで、どれほど犬を大きくしたり、小さくしたり、賢くさせたり、又は毛を長くしたりできても限界があります。実験的にはある腫がその遺伝子的限界を越えて他の物に変化することを示唆する理由はないのです。

長期間の進化、それには〝マクロ(大)進化”(大規模な変化のことですが)を要求するのですが。大進化はオオカミをチワワ、又はグレートデイン に変えます。大進化は魚を牛、又はアヒルに変えます。大進化とミクロ進化には、その規模と影響において大きな違いがあります。 この論の欠点は、多くの小さな変化に、ある腫を別の種類に変える能力があることを実験が支持していないことです。

最後に、進化論の適用に欠点があります。これはもちろん科学的な論理に欠点があるというのではないのですが、この論が非科学的な目的で濫用されて来た方法に間違いがあるのです。 生物の生命に関して、まだ非常に多くの 質問が進化論では答えられていません。ところが進化論を生物学的な説明から形而上的説明に転換しようとする人たちがいます。 誰かが進化論は宗教、霊性、又は神について反証していると主張するたびに、その人は進化論をその限界の外に持っていっていることになります。 公平にせよ、不公平にせよ、進化論は神を拒絶する人たちによって、宗教反対の道具として使われてきました。.

全体として、進化論を疑う多くの確固とした科学的理由があります。これらの欠点は、科学によって解決されるか、又は最終的にこの論は抹消されてしまうかもしれません。 どちらが起こるかわかりませんが、進化論はまだまだ確立されるには程遠いと私たちは知っています。だから理性のある人は、科学的に質問することができるのです。



日本語のホームページに戻る



進化論の欠点は何ですか?