宿命論、決定論?



 

質問: 宿命論、決定論?

答え:
あらゆる出来事は、その出来事に先行する出来事を原因とし、その原因の決まりによって決定している、という説。決定論者は人間の行動も含め全ての出来事が決定されていると信じているので、決定論は自由意志の教えとは両立しない事が多い。

宿命論:過去、現在、未来の出来事は全て神か何か他の全能の力によって定められているので、「なるようになる」という説。宗教的に言うとこの説は「予定説」と呼ばれる事もあり、人の魂が天国に行くか地獄に行くかがあらかじめ定められているという教えである。

自由意志:人類には自ら様々な行動を決断する自由があるという説であり、例えば、ある出来事の中でした以外の行動を人はできるとする。哲学で自由意志と決定論は両立しないと考えられている。

非決定論:世界には原因がない出来事があるとする説。自由意志を支持する人々は人間が何か決断をする際に肉体的、また精神的な影響を受けずに決断する事が可能出あると信じている。

神学的宿命論とは論理的に見て、神の統治と人間の自由意志が矛盾関係にある事を示そうとする考えであり、自由意志を人が持っている、数ある選択肢から選んで行動する能力とする。これは「全能である神は自分が持ち上げられないほどに思い岩を創造する事ができるか?」という謎かけと似ています。

神学的宿命論は以下の事を前提としています:神は全知の神である。神は全知の神であるから、確実な事前知識を持っている。神が確実な、誰かが(庭の草刈りをするなどの)ある行動をするという事前知識を持っているならば、その人はそのある行動(草刈り)を確実にする。

よって自由意志は不可能である。それはその人は決定された行動(草刈り)をする事が確実であり、他に選択肢はないからです。もしその人が決定された行動以外の行動をするならば神は全知の神ではなくなり、もしその人が決定された行動をするならば、他の選択肢を選ぶ能力を持たない事を意味し、その人に自由意志はない。

上の理論の反対は次の物です。神は全知の神である。神は全知の神であるから、ある人がある行動を、強制的にではなく、また選択肢がないという理由でもなく、自由意志に従ってするという確実な事前知識を持っているならば、その人は自由意志を持っていて、神はその人がする選択の事前知識をもっていただけであるとなる。その人は「B」という行動(テニス)よりも「A」という行動(草刈り)を強制的に選択されられているわけではない。その人の気が変わるならば、その人の気が変わるという事も神は事前に知っているので、その人はなおも自由意志を持っている。また、神が未来を見ないという選択をしたとしてもその人の自由意志は左右されない。

受動的事前知識は隠されていれば自由意志には影響をもたらさない。「A」の行動を選択する人は神がそん決断についての事前知識を持っているかいないかに関わらず同じ行動をする。神が未来についての知識を受動的に知るならば人の自由意志は左右されない。自由意志が無効になるのは人々の自由意志に従った決断を公にした場合のみであり、この場合自由意志は強制的な物に変わる。予知能力者が地球の反対側の人がバスに乗ろうとした際に足を骨折する事を予知したとしても、その出来事は変わる事はないように、神の知識は受動的であり、世界や人の知識に干渉しないのであれば、自由意志を無効にしない。

しかしながら、神が万物を創造されたのならば、神の受動的事前知識には問題が出てきます。神の全知は神の時間的遍在(あまねく存在すること。どこにでも存在すること。)と一緒に理解されるべきです。神が過去、現在、未来の全ての出来事を知っておられるならば、神は人々が起こす行動の全てを-人々にとってはまだ未来に選択する事であっても-知っておられます。これは自由意志を無効にする可能性が出てきます。それはキリスト教によれば神は時間を超えた存在であり、天地創造以前から人が救われるかどうかさえも知っておられるのです。これらの教えを見ると神学的宿命論に行き着く事も容易です。

さらに言えば、決定論と宿命論と運は別の物です。

宿命論者達は人格を持たない、神も含め誰にも治められていない力があり、この力によって全ての出来事が決定されると教えます。

運とは気まぐれな力が、神とは関係なく、幸運な出来事を起こすという考えで、運によって治められている世界では神は何が起こるかを知っていても、その知識を所有するだけの存在になります。全ては運によって定められ、なぜ様々な出来事が起きるのかと誰にきいても「たまたま起こったのだ」という答えしか返ってきません。

聖書の教えである決定論は神はその御心と御計画に従って事を行っている(エペソ1:11; ダニエル4:35; イザヤ14:24, 46:10)という教えです。決定論は神が御自分の御計画に従わない事は許されず(詩篇33:11)、全宇宙と統治されている方であるという教えです。

「なるようになる」と宿命論的考えで生きている人々は運を信じて生きている人々を同様です。出来事が決定されている事はもちろんですが、それは全宇宙の統治者である神がその御自分の御計画に従って定めた事なのです。

聖書を真剣に勉強している人々は様々な事が「たまたま起こる」とは信じていません。知恵ある、聖なる、善である、統治者の神が全てを支配しておられる(マタイ10:29-30)と信じているからです。神に全てを支配させたくない、また神の統治を嫌う人物は神を愛さず神を拒む人であり、自分勝手に生きたいので新約聖書の悪霊達のように(マルコ1:24)神を拒みますが、神は実際に統治者なのです。



日本語のホームページに戻る



宿命論、決定論?