使役霊(ファミリア・スピリット)とは何でしょうか?



 

質問: 使役霊(ファミリア・スピリット)とは何でしょうか?

答え:
「ファミリア」という語は、「家庭の召使い」という意味を持つラテン語「familiaris(ファミリアリス)」から派生しており、魔術師にはその命令にいつでも従う 用意のある召使いとしての霊がついているという概念を表わしています。死人と接触しようとする人たちには通常、今日に至るまでも、彼らと交信する何らかの霊的ガイドがいます。これらが使役霊(ファミリア・スピリット)と呼ばれるものです。

レビ記 19:31; 20:6, 7及び申命記 18:9-14には、「霊媒や口寄せ」が言及されており、 それらは主に忌み嫌われるものであるために、それらのものと関わりを持つことは禁じられています。霊媒とは、生きている者のために死んだ者と接触したり交信したりするとされる、連絡係としての役目を務める人のことです。現実には、霊媒は悪霊たちと接触しているのであり、悪霊たちは自分たちのことを「なじみがある(ファミリアな)」ものであり、信じ、信頼することのできるものであると霊媒に思い込ませているのです。 霊媒や使役霊に関わる慣習はイスラエルでは禁止されていました。そしてそれらのことを行うことに対する罰は、死だったのです。

使役霊や霊的ガイドは、彼らの長であるサタンの支配下にいます。 彼らは神の御国を打ち砕くために人々をそそのかして偽りや欺きを広めさせます。承知の上で悪霊の働きに自らをさらすことは邪悪なことです。「あなたのうちに自分の息子、娘に火の中を通らせる者があってはならない。占いをする者、卜者、まじない師、呪術者、呪文を唱える者、霊媒をする者、口寄せ、死人に伺いを立てる者があってはならない。これらのことを行う者はみな、主が忌みきらわれるからである。」(申命記 18:10-12)

人の暮らしの中に悪霊や「使役霊(ファミリア・スピリット)」が入り込んでくるのを許してしまう経路のいくつかに、占い、超越瞑想、透視、交霊術、魔術、麻薬、アルコールがあります。 これらはすべて、信者であれば避けるようにと強く忠告されている行為です。それよりも、私たちは聖霊、愛、喜び、そしてイエス・キリストから出る命の豊かさで満たされていなければなりません。また、「私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するもの」(エペソ人への手紙 6:12)なのですから、私たちは警戒もしておか



日本語のホームページに戻る



使役霊(ファミリア・スピリット)とは何でしょうか?