なぜ非常に多くの若者たちが信仰から離れて行っているのでしょうか?



 

質問: なぜ非常に多くの若者たちが信仰から離れて行っているのでしょうか?

答え:
屈指の調査機関であり、信仰と文化との関係に焦点を当てるバーナグループによって行われた最近の調査によると、アメリカ合衆国内の若年成人人口のうち、聖書的な世界観を持っている人たちは1%に満たないことが分かりました。さらに驚いたことには、その統計は18歳から23歳までのクリスチャンのうち、聖書的な世界観を持っているのは0.5%以下であることを示しています。

バーナグループは聖書的な世界観を持っていることの定義として、以下の事項を信じていることを基準としています。
• 絶対的な道徳真理が存在すること
• 聖書には全く誤りのないこと
• サタンは実在するもので、象徴的なものではないこと
• 人は、良い業を行うことによっては神の御国へ入る権利を得ることができないこと
• イエス・キリストが地上で罪のない一生を過ごしたこと
• 神は天と地を造られた最高位の創造主であり、今日も全宇宙を支配していること

フラー神学校による別の調査では、若者が教会を離れるか、あるいは堅く信仰を持ち続けるかという点において最も重要な要素は、彼らが親元を離れる以前に聖書や信仰についての疑いや懸念を表すための安全な場所が与えられているかどうかということであることが判明しました。信仰に関して若者たちが抱えているかもしれない不安について、彼らを指導し、助言を与えてくれる大人がいることが非常に重要なのです。そのような逃げ場は、彼らの両親、そして教会のユースミニストリーという二つの場所に見つかります。

しかしながら、フラーの調査ではまた、ほとんどの教会のユースプログラムが、若者たちの信仰を高めることよりも、むしろ娯楽やピザを提供することに力を注ぎがちであることも分かりました。その結果として、10代の若者たちには、彼らが親元を離れた後に社会で遭遇することになる困難を乗り切るための準備ができていません。

加えて、バーナグループとUSAトゥデイによって行われた二つの調査によると、キリスト教徒の若者たちのうちのほぼ75%が高校卒業後に教会を離れることが分かりました。そうなってしまう主な理由の一つに、知的懐疑主義があります。これは若者たちが家庭や教会で聖書を教えられていないことの結果なのです。統計によると、今日、子供たちは平均するとおよそ週30時間を公立の学校で過ごしており、彼らはそこで、進化論や同性愛の受容などといった、聖書の真理とは正反対の考え方を教えられています。そして帰宅後、彼らはさらにもう30時間を、テレビのわいせつなコマーシャルや下品なホームコメディーにさらされたり、何時間もオンラインでフェイスブック上の友達とチャットし合って「つながったり」、ゲームをしたりして過ごします。その一方、教会の聖書学級で過ごす時間は週45分です。若者たちが親元を離れる時にキリスト教的世界観を持っていないのも当然です。彼らは信仰の基礎をしっかりと教え込まれていないだけでなく、必然的に彼らの信仰に意義を唱えてくるであろう懐疑主義者たちの見解を知的に検討するよう教えられてもいません。これらの大半の学生たちには、クリスチャンに対して敵意を持った見方をし、折あるごとに彼らや彼らの信仰をけなす教授たちが半数以上を占める大学の教室に入っていく準備ができていないのです。

若者たちがキリスト教信仰をしっかりと持ち続けるか、それとも信仰から離れて行くかにおいては、両親の影響が重要な要素であることに間違いはありません。それは箴言に書かれている通りです。「若者をその行く道にふさわしく教育せよ。そうすれば、年老いても、それから離れない」(箴言 22:6)。ある研究では、両親ともに信仰を持ち積極的に教会に関わっている場合には、その子供たちの93%が信仰を保つことが分かりました。片親だけが信仰を持っている場合は、その子供たちの73%が信仰を持ち続けました。両親ともにとりわけ積極的でない場合は、その子供たちのたった53%しか信仰を保ちませんでした。そして両親ともに全く積極的ではなく、時折教会に行くだけであった場合には、その割合はわずか6パーセントにまで下がったのです。

今日の十代の若者たちは、キリスト教がそれに対抗する世の信念とどう比較するのかを心の中で議論しています。今の社会では、「あなたにはあなたの真理があるし、私には私の真理がある」とか「イエスは数多くの偉大な霊的指導者たちの一人に過ぎなかった」というような相対論的発言が受け入れられるようになってきています。十代の若者たちは、信仰のない友人たちに対してどのように対応するのか、十分に訓練された状態で親元を離れることができるべきです。神は本当に存在するのか。神はなぜこの世界に痛みや苦しみが続くのを許すのか。聖書は本当に真理なのか。絶対的真理は存在するのか。自分たちのうちにある希望について弁明できるよう、彼らには十分な用意があるべきなのです(ペテロの手紙 第一 3:15)。

若い人たちは、自分たちがなぜ他の信仰体系ではなくキリスト教の主張を信じるのかをもっとよく知っておかなければなりません。そして、それはただ彼ら自身のためだけではなく、彼らの信仰について尋ねてくる人たちのためでもあります。キリスト教は本物です。それは真理です。そしてその真理は若者たちの心にしっかりと植え付けられているべきです。若者たちには、彼らが親元を離れてから対面することになる知的な難題や霊的な対立に対して用意をしておく必要があります。若者たちが聖書の正確さと自分たちのキリスト教信仰の信憑性を知り、また弁護できるよう彼らを整えていく上では、真理を擁護する学びである弁証学のしっかりとしたカリキュラムが必要不可欠となります。

教会は、そのユースプログラムのあり方を厳しく見直す必要があります。寸劇やバンドやビデオで彼らを楽しませる代わりに、論理と真理、そしてキリスト教的世界観をもって聖書を教えなければなりません。よく知られたクリスチャン作家で弁証学の講師であるフランク・トゥレックは、若者たちの信仰離れという問題を取り扱う際に、次のような言い方をしました。「我々は、我々が彼らを勝ち取るために用いたものが...彼らが勝ち取るものとなることを認識し損なってきた。」



日本語のホームページに戻る



なぜ非常に多くの若者たちが信仰から離れて行っているのでしょうか?