信仰が要求されているのに、救いはなぜ行いによるのではないのですか?信じることは行いではないのですか?


質問: 信仰が要求されているのに、救いはなぜ行いによるのではないのですか?信じることは行いではないのですか?

答え:
私たちの救いはただイエス.キリストだけによるのです。キリストは、私たちの罪の罰を私たちの代わりに受けられた身代わりです。(2コリント5:21);キリストは私たちの罪からの救い主です。(ヨハネ1:29) ;キリストは私たちの信仰の創始者であり、完成者です。(へブル12:2)救いを与えるために必要な行いはイエスご自身によって完全に成し遂げられました。キリストは完ぺきな生活をして、罪のための神の裁きを受けて死からよみがえられました。(へブル10:12)

聖書は私たちの行いは救いには値しないとハッキリ教えています。私たちは「私たちが行った義のわざではなく」救われました。(テトス3:5)「行いによるのではありませ

ん。」(エペソ2:9)「義人はいない。一人もいない。」(ローマ3:10) これは、いけにえを捧げても、十戒を守っても、教会に通っても、バプテズマを受けても、そのほかの良い行いをしても、誰も救うことはできないという意味です。どんなに私たちが"良く"ても、 私たちは絶対に神の聖の標準に達することはできません。(ローマ3:23;マタイ19:17;イザヤ64:6)

聖書は、救いは条件付きだと同じようにはっきり言っています。神はすべての人を救うことはされません。救いのための唯一の条件は、イエス.キリストに信仰を置くことです。ほとんど二百回、新約聖書では、信仰(または信じること)が唯一救いの条件だと宣言しています。(ヨハネ1:12;使徒伝16:31)

ある時、人々は何をしたら、神に喜ばれるかとイエスに聞きました。「私たちは神のわざを行うために何をすべきでしょうか。」イエスはすぐに、彼らを信仰に向けられました。「あなた方が神が遣わした者を信じること、それが神のわざです。」(ヨハネ6:28,29) それで、質問は神の要求(複数)についてです。イエスの答えは、神の要求(単数)はイエスを信じることです。

恵は、私たちが働いて得るものでもなく、それに値するものでもない物を神が下さるということです。ローマ11:6によると、どんな種類の行いも恵実を破壊してしまいます。-働き人は、働いて賃金を得る一方、恵みの受取人は働いて得るのではなく、単に受け取るという考えです。救いはすべて恵みによるので、働いて得ることはできません。 それゆえ、信仰は行いではないのです。信仰は真に"行い"とみなしてはいけません。そうでなければ、恵みを破壊してしまうからです。(ローマ4章―アブラハムの救いは、彼のどんな行いにではなく、神を信じる信仰によってでした。)

誰かが無名であなたに百万ドルのチェックを送ってきたとします。そのお金はもしあなたが欲しければあなたの物ですが、それでも、あなたはチェックにサインをしなければなりません。名前をサインすることが百万ドルを働いて得たとみなされることは絶対にありません。-裏書のサインをすることは仕事ではないのです。 自分の努力で、または自分の商売の知識で百万長者になったと自慢することはできません。百万ドルは単なるギフトでした。名前をサインすることはそれを受け取る唯一の方法でした。 同じように、信仰を働かせることは、神の気前のいいギフトを受け取る唯一の方法です。信仰がギフトを受けるに値する行いだとみなされてはなりません。

本当の信仰は行いとみなされてはなりません。なぜなら本当の信仰は、私たちの肉による働きが止まることと関係しているからです。真の信仰の対象はイエスと私たちの身代わりとしてのイエスのわざです。(マタイ11:28-29;へブル4:10)

これをもう一歩進めて考えると、真の信仰を行いと考えることはできないのです。なぜなら、信仰さえも神からの賜物だからです。私たちが自分で産み出す者でもないのですから。「あなた方は恵みのゆえに信仰によって救われたのです。それは自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。」(エペソ2:8)「わたしを遣わした父が引き寄せられないかぎり、誰もわたしのところに来ることはできません。」(ヨハネ6:44) 救うための主の力と救いを現実にしてくださる恵みのゆえに、主に感謝と賛美を捧げます。

English
日本語のホームページに戻る
信仰が要求されているのに、救いはなぜ行いによるのではないのですか?信じることは行いではないのですか?