実存主義とは何ですか?



 

質問: 実存主義とは何ですか?

答え:
実存主義というのは、正式な哲学体系というよりも、むしろ、哲学的な議題に対する全般的な指向とも言えるもので、20世紀初めのヨーロッパで隆盛を極めました。それは啓蒙思想に見られた人間の理性に対する過信に反発したものでしたが、おそらく、実存主義に影響を与えてそれを魅力的なものとしたものの中には、次のキルケゴールの洞察が含まれるでしょう。彼は、キリスト信仰はある一連の合理的な命題に帰着されうるものではなく、より広範な感情的、関係的な意義を含んでいるとしました。また、第一次世界大戦による惨状、1920年代および1930年代の経済崩壊、第二次世界大戦の恐怖といった歴史上の出来事によって、人間の理性がすべての問題を克服することができるという近代主義の希望が偽りであることが示されたことも、さらに大きく影響しました。

そのため、実存主義は人間の理性の能力を過小評価します。それは、合理的で整然とした宇宙における一個人の占める位置に関し、個人的な重要性や共同体としての重要性を見出すことを断念します。実存主義者にとっては、合理的秩序自体が疑わしいものなのです。そのため、 意味を見いだすという点では、合理的説明は他の取り組み方に優先され、後回しにされてしまいます。実存主義者の中には、意味というものを、ある個人が自らの置かれた境遇を超越することにおける達成度という観点から表す人たちもいれば、人間としての経験について他者と繋がり通じ合うことからくる意味という観点から表す人たちもいます。合理的な説明は無視されるのです。

実存主義者の主張に対して、クリスチャンはどうすれば彼らの助けになるような応答ができるでしょうか。クリスチャンは、一方では、人間の知性がすべての難問に対処しそれを克服することができるという、近代主義が抱く望みが偽りであるということに賛同することができます。実際に、人間の罪や、死そのものの問題を含め、聖書の教えに従えば、神の恵みによってしか克服されないものごとが数多くあるのです。また、クリスチャンは、人間の理性では悟ることができず、神がそれを啓示することを選ばれてから初めて分かるようになるものごとがたくさんあることも認めます。他方で、クリスチャンは実存主義の絶望的な考え方には同意しません。キリスト教は未来に関して二つの側面に大きな重点を置いています。まず初めに、クリスチャンはすべて間違ったこと、乱れたこと、壊れたものがついに正されることになる時である、最後の審判があることを確信しています。キリストが終わりの時に宇宙のすべての悪を征服し、すべてを支配するために戻って来られるからです。二つ目に、クリスチャンはキリストに信頼する者すべてには最終的に希望に満ちた未来があることを確信しています。それはすなわち、復活の体験、永遠の命、聖化の絶対的完成、神の恵みによって惜しみなく与えられるこれらすべてのもののことです。未来に関するこれらの二つの側面に関しては多数の聖句を引用することができますが、次のローマ人への手紙(6:23)はその数あるもののうちの一つです。「罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。」



日本語のホームページに戻る



実存主義とは何ですか?