クリスチャンは無神論者に伝道しようとするべきでしょうか?



 

質問: クリスチャンは無神論者に伝道しようとするべきでしょうか?

答え:
神の愛を知り、天国での永遠を確信しているクリスチャンにとって、無神論者になりたい人の気持ちを理解することは難しいものです。けれど、私たちが罪の性質とそれが精神や心に及ぼす影響の強さを理解すれば、無神論者がどう考えているかが分かってきます。聖書に即して語るならば、無神論者などというものは存在しません。詩編(19:1-2)は私たちに、天は神の栄光を語り告げると 教えています。私たちは、神の造られたすべてのもののうちに神の創造の力を見るのです。ローマ人への手紙(1:19-20)はこの思想を引継ぎ、神について知られることは被造物によって私たちに明らかにされており、これを否定する人は誰でも「不義をもって真理をはばんで」(18節)いるのだと、私たちに告げています。詩編(14:1および53:1)は、神の存在を否定する者たちは愚か者であると断言しています。ですから、無神論者は嘘をついているか、愚か者であるか、またはその両方であることになります。それでは、人に神を否定させるものは何なのでしょうか。

罪の性質の影響下にある人たちの主目的は、自らを神とすることであるとか、自分の人生を完全にコントロールすることであるとか、そういったものだと考えられています。そして、無神論者たちが自分の目的や道徳性は自分で決めるものだと思い込んでいるところに、宗教が義務、審判、制限を伴ってやって来ます。彼らはその心が「神に対して反抗」しているために、神に従いたがらず、神の律法に服従したいという願望を全く持っていません。実際に、彼らは服従できないのです。彼らの罪が彼らを真理に対して盲目にしてしまっているからです(ローマ人への手紙8:6-7)。このために、無神論者は、聖書の立証聖句(プルーフ・テキスト)に関してではなく、命令事項および禁止事項について論じ合ったり不平を言ったりすることにその大半の時間を費やすのです。彼らの生まれ持っての反抗心は神の戒めを嫌悪します。彼らは、何かによって、あるいは誰かによって支配されるという考えをとにかく嫌います。彼らが気づいていないのは、サタン自身が彼らを支配し、彼らを盲目にし、彼らの魂に地獄へ行く準備をさせているということです。

無神論者に伝道することに関して言えば、誰かが自分は無神論者であると断言するからといって、私たちはその人に福音を伝えることを控えるべきではありません。無神論者も、イスラム教徒やヒンズー教徒や仏教徒と同じように迷いだしてしまっていることを忘れてはいけません。神は確かに、私たちが福音を広め(マタイの福音書 28:19)、神のみことばの真理を守ること(ローマ人への手紙 1:16)を望んでおられます。他方で、私たちには、信じようとしない人たちを納得させようとして私たちの時間を無駄にする義務はありません。事実、私たちは、率直な話し合いに明らかに関心のない人たちのために過剰な労力を費やさないようにと警告されています。イエスは使徒たちに、行ってみことばを述べ伝えるようにと命じましたが、最後の一人が回心するまでそこにとどまっているようにとは要求しませんでした(マタイの福音書10:14)

おそらく、最善の方策は、一人ひとりを、少なくとも最初は、好意的に見ることでしょう。すべての疑問は、率直かつ誠実な回答が与えられれば、その人に福音を聞く機会を与えるものです。しかし、その人がただ言い争うだけで、敵対的であったり、あるいは聞く耳を持っていないならば、おそらくどこか別の場所に行くべきでしょう。福音に対して完全に、また絶対的に頑なになっている人たちもいるのです(箴言 29:1)。その人たちは理性的であるかもしれないし、そうでないかもしれません。が、聖霊の影響力に意図的に動じない人たちがいるということを信じるための聖書的根拠はあります(創世記 6:3)。私たちが誰かに語ろうとして誠実に努力をした後でもその人が動かされないならば、私たちは靴の「ちりを払い落し」(ルカの福音書 9:5)、もっと霊的に心の開かれている人たちに語ることに時間を費やすようにと命じられています。万事においてそうであるように、ここでも神の知恵が極めて重要です。神は私たちが求めるなら、その知恵を約束してくださっています(ヤコブの手紙 1:5)。私たちは知恵を求めて祈り、敵対的な無神論者との会話をいつ、どのように終えるかを知るために神の促しに信頼すべきです。



日本語のホームページに戻る



クリスチャンは無神論者に伝道しようとするべきでしょうか?