この世で何が本当に永遠の価値あるものなのでしょうか?


質問: この世で何が本当に永遠の価値あるものなのでしょうか?

答え:
言うまでもなく、この世で永遠の価値ある唯一のものは永久のものです。この世のいのちは永遠ではなく、一時的です。それで、永遠の価値がある部分のいのちだけが永遠を通して永久に生き続けます。 明らかに、この世で最も重要なことで本当の永遠の価値のあることは、イエス.キリストと関係を持つことです。つまり永遠のいのちという無料の賜物は、キリストを信じるすべての人にキリストを通して与えられるからです。(ヨハネ3:16)イエスは言われました。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、誰ひとり父のみもとに来ることはありません。」(ヨハネ14:6)クリスチャンでもノンクリスチャンでも、 誰もがどこかで永遠を過ごします。 そしてキリストと共に天国に行く以外、唯一の永遠の運命はキリストを拒む人たちへ永遠に罰を与える所なのです。(マタイ25:46)、

この世が提供する多くの物質的な物に関して、多くの人が固執して求めるのですが、イエスは、傷がついたり、盗まれたりするかもしれないので、自分の宝を地上に貯えないようにと教えられました。(マタイ6:19-20)結局、私たちはこの世に何も持って入らなかったので、何も持って出ることはできません。それなのに、私たちの核心的クリスチャン価値観は熱心な成功と物質的快適さの追求とこれらの地上の探求の中にあって、しばしば神のことを忘れています。3500年前に神の民が約束の地に入ろうとしていた時、モーセはこの問題について言っています。彼は神のことを忘れないようにと警告しました。モーセは、彼らが〝食べて満ち足り、立派な家を建てて住み″彼らの心が高ぶり、神を忘れるだろうと知っていました。(申命記8:12-14) 確かに、自分の人生を自分の為に生き、この人生からできるだけのものを勝ち取ろうとすることには永遠の価値はありません。この世の組織はそれがいいのだと私たちに信じさせようとしますが。

それでも、私たちが地上にいるほんの短い間に自分の人生ですることに重要な永遠の価値があることもあります。聖書は私たちの地上での良い行いは私たちを救うことも救いを保つこともできないとはっきり教えていますが、(エペソ2:8-9)同様に私たちが地上にいる間にしたことに応じて永遠に報酬を得ることもはっきりしています。 イエスご自身が言われたように、「人の子は父の栄光を帯びて、御使いたちとともに、やがて来ようとしているのです。その時には、おのおのその行いに応じて報いをします。」(マタイ16:27) 実にクリスチャンは、「、、神の作品で会って、良い行いをするためにキリスト.イエスにあって造られたのです。神は私たちが良い行いに歩むように、その良い行いをもあらかじめ備えてくださったのです。」(エペソ2:10) この〝良い行い"は、神が私たちに与えてくださったもので主に最善を尽くして、完全に主に頼って仕えることに関係しています。

使徒パウロは、永遠の報酬をもたらすことのできる行いの質について論じています。クリスチャンを〝建築家″にたとえて、私たちの行いの質を建築用の材料とし、神の試みの火に耐えられる永遠の価値のある材料は、〝金、銀、宝石"だと言っています。一方、〝木、草、わら"などの劣った材料 を用いてキリストという土台の上に建てると、何の永遠の価値もなく報酬もありません。(1コリント3:11-13)基本的にパウロは私たちの行動や行いすべてが 報酬を受けるに値するのではないと言っているのです。

主に仕える奉仕で報酬をもたらす多くの方法があります。まず、第一に、私たちは、すべての本当の信者が神によって神の為に聖別されていることを認識する必要があります。救いという神の賜物を受け取った時、私たちはある特定の霊的賜物を与えられました。(1コリント12:7,11)、自分の霊的賜物があまり重要でないと思う人は、パウロがコリントの教会に言ったことばを思い出さなければなりません。キリストの体は一つの器官ではなく、多くの器官からなっている と。(1コリント12:14)「しかし、この通り神は御心に従って、からだの中にそれぞれの器官を備えてくださったのです。、、からだの中で比較的に弱いとみられる期間がかえってなくてはならないものなのです。」(1コリント12:18,22)もしあなたが霊的賜物を用いているなら、あなたはキリストのからだにとって重要な役割をしているのです。そして永遠の価値のあることをしているのです。

私たちがへりくだってからだを建てあげることと神の栄光を讃えることを探求するなら、キリストのからだの各部分は、意義あるある貢献をしていることになります。一人ひとりが自分の役割を果たしている時、どんな小さなことでもすべてが神がなされる美しいモザイク模様に加えらるのです。この地上ではキリストには私たち以外の体はないし、また手も足も私たちのものしかないということを覚えてください。霊的賜物は、神の恵みを他の人に与える神の方法なのです。神の命令に従うことで神の愛を示すとき、すべての反対と迫害 にもかかわらず、信仰に堅く立つ時、神の御名によって貧しい人、病気の人、不幸な人にあわれみを示すとき、私たちの周辺にある苦しみや痛みを少しでも軽くしようと努力するとき、その時こそ、私たちは実に、本当の永遠の価値のある〝金、銀、宝石"で建築しているのです。

English


日本語のホームページに戻る
この世で何が本当に永遠の価値あるものなのでしょうか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける