目的は手段を正当化するでしょうか?



 

質問: 目的は手段を正当化するでしょうか?

答え:
この質問に対する答えは、その目的や目標がどんなものであるか、また、それらを達成するためにどのような方法が用いられるかによっても変わってきます。目的が善良で高潔なものであり、それを達成するために私たちが用いる手段もまた善良で高潔なものならば、然り、目的は手段を正当化します。けれども、この表現を使う人たちは、ほとんどの場合、それを異なる意味で用います。たいていの人たちは、それがいかに非道徳的で、不法で、あるいは不愉快なものであっても、必要な手段を用いて自分たちの目的を達成するための言い訳としてこの表現を使います。この表現はたいてい、「あなたが欲しいものを手にする限り、それをどんな方法で手に入れようと構わない」といった意味合いを持っています。

「目的が手段を正当化する」ことには、大体において、良い目的を達成するために何か正しくないことを行うこと、そして結果が良いことを指摘してその不正行為を正当化することが関わっています。一例としては、良い職を得るために履歴書を偽り、収入が多ければもっと十分に家族を養うことができると言って、その嘘を正当化するものがあるでしょう。また、母親の命を守るために堕胎を正当化することもその一例であるかもしれません。嘘をつくことも、罪のない命を奪うことも、ともに道徳的に誤ったことですが、家族を養うことや、一人の女性の命を守ることは道徳的に正しいことです。では、人はどこに一線を画すのでしょうか。

目的か手段かのジレンマに関する筋書は倫理学上の論議においてよく取り上げられます。たいていの場合、次のような質問がなされます。「もしもあなたが誰かを殺すことによって世界を救うことができるとしたら、あなたはそれを実行しますか。」もしも「実行する」と答えるなら、道徳的に正しい結末によって、それを達成するために非道徳的な手段を用いることを正当化することになります。しかし、そのような状況においては、考慮するべきことが三点あります。その三つとは、その行為の道徳性、その結末の道徳性、その行為を行っている人間の道徳性です。この状況においては、その行為(殺人)は明らかに非道徳的であり、殺人を犯す者もまた同じく非道徳的です。しかし、世界を救うことは道徳的な良い結末です。いえ、本当にそうでしょうか。殺人が正当化されるのかどうか、また、それがいつ正当化されるのかを決断することが殺人犯に許されていて、罪を問われないで済むとすれば、一体どんな世界が救われようとしているのでしょうか。それとも、その殺人者は自分が救った世界において、その罪の処罰を受けるのでしょうか。そして、その救われた世界が、自分たちを救ってくれた者の命を奪うことは理にかなっているのでしょうか。

聖書的見地からすると、当然のことながら、この論議に欠けているものは神の性質と、神の法と、神の摂理です。私たちは神が善で、聖く、正しく、憐れみ深く、義であることを知っているのですから、神の名を負う者たちは神の性質を反映しなければなりません(ペテロの手紙 第一 1:15-16)。殺人、偽り、盗み、そしてあらゆる形態の罪深い行いは人間の罪の性質の表れであり、神の性質ではありません。キリストによってその性質が変えられたクリスチャン(コリント人への手紙 第二 5:17)には、その動機、あるいはその結果に関わらず、非道徳的な行為を正当化することはできません。 この聖く完璧な神から、私たちは神の特性を反映した法を受けるのです(詩編 19:7; ローマ人への手紙 7:12)。十戒は、殺人、姦淫、盗み、偽り、貪欲が神の目には受け入れられないことを明らかにしており、神は動機や正当化を考慮する「免責条項」を作ってはいません。神は「そうすることによって命を救うのでないなら、殺してはならない」とは言っていないことに注目してください。これは「状況倫理」と呼ばれるもので、神の法にはそれが入る余地は全くありません。ですから、明らかに、神の見地からすれば、神の法を破る手段を正当化するような目的は一つもないのです。

結果か手段かの道徳論議にもう一つ欠けているのは、神の摂理についての理解です。神は、神の監督なしで人間たちに自力で何とかやっていかせるために世界を想像して、ただそこに人を住まわせたのではありません。むしろ、神は人類のための計画と目的を持っており、何世紀もかけてそれを成し遂げてきているのです。歴史の中で一人一人によってなされた一つ一つの決断が、その計画に超自然的に適用されてきたのです。神はこの真理を明白に述べています。「わたしは、終わりの事を初めから告げ、まだなされていない事を昔から告げ、『わたしのはかりごとは成就し、わたしの望む事をすべて成し遂げる』と言う。わたしは、東から猛禽を、遠い地から、わたしのはかりごとを行う者を呼ぶ。わたしが語ると、すぐそれを行い、わたしが計ると、すぐそれをする」(イザヤ書 46:10-11)。神はその被造物と親密に関わり合い、それらを支配しています。その上、神は、神を愛し、神の計画に従って召された人々のためには神がすべてのことを働かせて益とすると述べています(ローマ人への手紙 8:28)。履歴書を偽ったり、堕胎したりするクリスチャンは、神の法を犯していることになり、家族を養うことができ、みこころならば母親の命を守ることのできる神の力を否定していることになるのです。



日本語のホームページに戻る



目的は手段を正当化するでしょうか?