空の墓の重要性は何?



 

質問: 空の墓の重要性は何?

答え:
最も初めの使徒たちの時期から、空の墓の現実性-ナザレのイエスの墓が空っぽだったことは弟子たちに発見されたという聖書的真理-はずっとクリスチャンの宣言の中心でした。4つの福音書のすべてが 度合いは異なっても、空らの墓を見つけた状況を述べています。(マタイ28:1-6;マルコ16:1-7;ルカ24:1-12;ヨハネ20:1-12) しかし、これらの主張が歴史的に正確だと思う良い理由があるでしょうか?公平な考えの調査者が、あの最初の復活祭の朝、イエスの墓が空だったことを多分発見しただろうという結論に達することができるでしょうか? 多くの歴史家たちに、十字架刑のあとの日曜日の朝、イエスが葬られた墓は実に空だったと確信させたいくつかの議論があります。

第一に、イエスの墓の場所はクリスチャンにもノンクリスチャンにも知られていました。 十字架刑の犠牲者のほとんどは普通の犯罪者のための墓場に捨てられるか、単に鳥やハゲタカの餌として十字架に付けられたままにされているかだということは本当なのですが、イエスの場合は違っていました。歴史の記録はイエスの処刑を図ったユダヤ議会の一員アリマタヤのヨセフの墓に葬られたと示しています。多くの懐疑的な新約聖書の学者は、アリマタヤのヨセフがイエスの埋葬をしたことはクリスチャンの作り話ではなかっただろうと確信していました。 初代クリスチャンのユダヤ議会-彼らの主の死に大きな責任があると思っていたそのユダヤ議会に対する反感を考えると、イエスに従う者たちがユダヤ議会の一員が自分の墓を提供してイエスを立派に埋葬したという伝統を作り上げることはなかっただろうと思われます。

それに、最近の考古学的発見は、福音書の埋葬に関する記録にある墓の様式を示しています。この様式の墓は裕福な人、他の有名な人たちに広く使われていました。そのような叙述は私たちの知っているアリマタヤのヨセフにうまく合います 。さらに、アリマタヤは少しも重要でない町で、何の聖書的象徴的意味もなく、他の匹敵する埋葬の伝統も存在しません。それでイエスがヨセフの墓に埋葬されたことについての疑いもなくなります。

このような事実の重要性を見落とすべきではありません。ユダヤ議会がヨセフの墓の場所を知っていたことは確かです。それでイエスが埋葬された場所も知っていたことになります。もしイエスの墓の場所がユダヤ人当局に知られていたのなら、クリスチャン運動がエルサレムで力を得ることは不可能に近かったでしょう。そのエルサレムの町にイエスが埋葬されていることが知られていたのですから。ユダヤの宗教指導者たちはクリスチャンの主張を証明するためにちょっと歩いてヨセフの墓を見に行くことはできなかったでしょうか? ユダヤ議会はイエスの死体(もしあるなら)を見せて、復活したイエスのうわさを一度に終わらせるための動機付けがなかったのでしょうか?キリスト教がエルサレムで信者を得るようになった事実は、ユダヤ人宗教指導者たちのあらゆる動機付けにもかかわらず、イエスの死体は見つからなかったということを語っていないでしょうか? もしイエスの十字架につけられた死体が見つかっていたら、復活されたイエスを強調するクリスチャン運動は致命的な打撃を受けていたでしょう。

二番目に、使徒パウロが第1コリント15章で引用した初期の口述は墓が空だったことを示しています。4つの福音書がイエスの墓が空だったことを証拠立てているのですが、空の墓に関する最初のヒントは使徒パウロから来ています。 コリントの教会宛てに紀元55年ごろに)、書いていますが、パウロは口述の決まり文句(または信条)を引用しています。ほとんどの学者が、これは使徒ペテロとヤコブから、十字架刑の5年後に受け取ったものと信じています。(ガラテヤ1:18-19)パウロは述べています。「私があなた方に最も大切なこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、またケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。」(1コリント15:3-5) パウロが「葬られたこと、また三日目によみがえられた」と言うとき、(パウロのパリサイ人としての背景を考えると)イエスが葬られた墓が空だったことを強く示しています。 パウロのようなパリサイ人にとって、埋葬されて下に行ったものはよみがえりによってあげられるのです。 パウロのこの信条の出所が多分エルサレムの使徒たちだったらしいこと、彼らがこの出来事の近辺にいたことなどを考えると、パウロが口述の信条を引用していることは、イエスの墓が空だったことの強い証拠になり、この事実は初期のクリスチャン社会に広く知られていたことの証明にもなります。パウロが墓が空だったことに気付いていなかったというしばしば繰り返される反論は、パウロが他の箇所で、イエスの復活は体の復活だと教えている(ローマ8:11;ピリピ3:21)のを見ると、それに答えてくれます。パウロにとって、空の墓を持たない復活は、復活ということばに矛盾しているのです。

三番目に、空の墓に存在に対して、敵の強い証言があるように見えます。最初の証言はマタイの福音書の中から来ています。マタイはユダヤ人指導者たちは空の墓があったことを認識していたと記録しています。(マタイ28:13-15)彼らは弟子たちが来てイエスのからだを盗んで行ったと主張していました。マタイが福音書を書いたのがそのことが起こってから間もない時だったことを考えると、そのような(マタイの)主張はもしそれが本当でなかったら、反証するのは容易いことだったでしょう。何故なら、もしマタイが嘘をついたのなら、空の墓に対する宣言のユダヤ人の反応は、簡単に信用できないとされていたでしょう。マタイの福音書が初めに普及していた時、その事が起こった当時の多くの人はまだ生きていたのですから。 しかし、もし墓の中にイエスの遺体がまだあったのなら、なぜ彼らは弟子たちがイエスのからだを盗んだと責めたのでしょう?このユダヤ人の反論は墓が空だったことを前提としています。

ユダヤ人たちが弟子たちがイエスの遺体を盗んだと責めたということは紀元2世紀半ば、クリスチャン弁証者ユスティノスによって確証されています。(ユダヤ人〝トリュフォンとの対話“108)それから紀元200年ごろ、教父テルトゥリアヌスによって再度確証されました。 ユスティノスもトルトゥリアヌスも、当時のユダヤ人討論者たちと相互に対話していました。それで、反論するユダヤ人が何を言っていたかよく知る立場にありました。彼らはその情報をただマタイの福音書に頼ってはいませんでした。なぜなら、ユスティノスもトルトゥアヌスもマタイの福音書にはない特定の詳細を示していました。事実、この三人の著者はそれぞれが他の書にはない詳細について書いています。 これらのことに基づくと、初期にユダヤ人 たちは墓が空であったことを知っていたと思われます。

4番目に、4つの福音書は、みなイエスの墓が空だったことは女性たちによって発見されたと記録しています。1世紀パレスチナの族長制社会の性質を考慮すると、この点は特に意味があります。非常に限られた状況の下で女性は法廷で証言することが許されていたことは真実ですが、一方1世紀ユダヤ人社会では女性の証言は男性のそれよりもはるかに価値がないものとされていました。イエスが復活されたという話をでっち上げて、他の人を納得させようとするなら、女性をその主な証人としては絶対に使わなかったでしょう。 作り話だったら、ペテロやヨハネ、又はアンドレなど男性の弟子たちをからの墓の発見者として主演させたでしょう。 男性の証言の方がその話をもっと信用できるものにしたのですから。

それなのに福音書は、男性の弟子たちが恐れでおびえ隠れていた間に、空の墓をはじめて発見した証人は女性たちだったと記録しています。もしそれが本当なら、初代教会がそのような脚本を作り上げる理由は全くなかったのです。なぜ 初期のクリスチャンは男性の指導者たちを臆病者として描き、女性たちに主な証人という役割を与えたのでしょう?名指しのこれらの中のひとり(マグダラのマリヤ)は、以前は7つの悪霊に取りつかれていたと言われていて、それゆえ多くの人の目にはより信用できない証人として見えたでしょう。それなのに、このような証明できる不利な条件にもかかわらず、初期のクリスチャンは、空の墓の初めの証人は事実女性たちだったと言い張りました。空の墓の最初の証人が女性だったという この主張に関する最もらしい説明は、初期のクリスチャンは、当惑させる可能性のあることにもかかわらず、そのことについてウソをつきたくなかったのです。

以上4つの議論は、イエスキリストの墓は一番初めの復活祭の朝、空だったということの累計的な証拠を備えるのを助けます。特に効果的なのは、歴史家マイケル.グラント、自身イエスの復活の懐疑者の結論です「他の古代文学の資料に適用するのと同じような判断の基準を適用すれば、実に墓は空だったという結論に達せざるを得ないほど、証拠は充分確実でそれらしい 」

もちろん、その話は単に空の墓で終わりません。墓が空だった理由はそこに埋葬された人が死からよみがえったからでした。 イエスはただ墓から出られただけでなく、数人の人々の前に、個人的に(ルカ24:34)また集団に(マタイ28:9;ヨハネ20:26-30;21:1-14;使徒伝1:3-6 ;1コリント15:3-7)現れました。そしてイエスの死からの復活は、イエスが言われた通りのお方であったことの確かな証拠になるのです。(マタイ12:38-40;16:1-4)つまり、よみがえられた神の御子、私たちの唯一の救いの希望です。



日本語のホームページに戻る



空の墓の重要性は何?