神の選民?



 

質問: 神の選民?

答え:
簡単にいえば、「神の選民」とは、救われるようにとあらかじめ神が選ばれた人々の事です。彼らが「選びを受けた者」と呼ばれるのは神の選びの教えによります。アメリカでは四年ごとに大統領を選出し、誰が大統領として国のために働くかを決めます。神と救われるべき人々も同様に、神は人々を選ばれ、彼らは選びを受けた者として救いを受けるのです。

神の選びという概念について多くの議論がなされてきました。それは神がどの様に救われる人々を選ばれるのかという疑問から来ています。教会史を通して、神の選び(または予定説)について主に二つの見解があります。一つ目は神の予知による選びであり、神は全知の神なので、やがて自由意志を持って、イエスキリストを信じて救われる人々が誰なのかをあらかじめ知っておられ、この人々の信仰の知識を通して人々を「世界の基の置かれる前に」(エペソ1:4)選ばれたという説です。この説はアメリカで多くの福音派のキリスト者に支持されています。

二つ目は神の統治アウグスティヌスの見解で、神はイエスキリストに対する信仰を持つようになる人々をあらかじめ定められるだけでなく、イエスキリストを信じる信仰をも与えるという説です。言い方を帰ると、神の救いへの選びは人々の信仰を見た神が彼らを選ばれるのではなく、全能の神としての統治を通して人々を選び、その選びのゆえに人々はイエスキリストを信じる信仰も与えられるという物です。

これらの二つの見解の違いは簡単にいうと誰が救いのための決断を下すのか-神か人か-です。一つ目の見解(予知説)では「人が自分の自由意志を通して信仰を持つようになる事」が神の選びを左右します。神はイエスキリストによって救いを与えられますが、人々はキリストを自ら選ばなければ救いを受ける事はできません。最終的に、この説は神の力を無い物にしてしまう説であり、創造主である神が被造物に左右される教えです。神が人々を天国に招きたいのならば、人が自由意志をもって自ら救いを選ぶ事を待ち望まなければいけないのです。実際、予知的選びの教えは選びの教えではありません。それは神が実際に何も選んではいなく、人々が自分で選んだ救いを確証しているだけだからです。

アウグスティヌスの見解は救いについての神の統治を認め、神がその御心をもって救われる人々を選ばれ、その人々のために救いを成就されるのです。救いを可能にしただけでなく、神は救いを与えられる人々を選び、彼らに救いを与えるのです。この説は正しく、神を創造主であり、統治者と認めるのです。

しかしながらアウグスティヌスの見解にも全く問題がないわけではありません。この見解に反論する学者達はこの教えは人類から自由意志を奪うと言い、神が救われる人々を選ばれるならば、なぜ人々は信じる必要があるのか?なぜ福音を宣べ伝える必要があるのか?神がその統治と御心を持って人々を選ばれるならば人類は自らの一つ一つの行動に責任があるのか?という疑問を投げかけています。これらの質問はどれも大切であり、細心の注意をはらって答えられるべきです。これらの質問の答えを求める際に読むと良い箇所はローマ9章-神の選びの教えについて詳しくかいてある章-です。

この箇所の文脈は「私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から私たちを引き離すことはできません。」(ローマ8:38-39)と終わるローマ8章から続いており、パウロはユダヤ人達がこの文にどのように応答するかについて書き始めます。イエスはイスラエルの救われていない民に来られ、初代教会の多くはユダヤ人であっても、福音は異邦人の間でも急速に広まっていました。実際ユダヤ人の多くは福音をつまずきとして見なし(Iコリント1:23)、イエスを拒みました。この「多くのユダヤ人がキリストを拒んだ」という出来事を知った普通のユダヤ人は神の選びの御計画が失敗に終わったのではないかと考えがちになるです。

ローマ9章全体を通してパウロは神の選びの御計画は世界の基の置かれる前から進められている事を教えています。パウロは9章冒頭で「イスラエルから出る者がみな、イスラエルなのではなく…」(ローマ9:6)と書いています。つまり、人種的にイスラエル人の人々(アブラハム、イサク、ヤコブの子孫)全てが真のイスラエル(神の選民)というわけではないのです。イスラエルの歴史を遡って、パウロはイシュマエルよりもイサクを選び、エサウよりもヤコブを選ばれた事を示しています。また彼らが選ばれたのが彼らがやがて持つ信仰や良い行いのせいではない事を教えるために、パウロは「その子どもたちは、まだ生まれてもおらず、善も悪も行わないうちに、神の選びの計画の確かさが、行いにはよらず、召してくださる方によるようにと、『兄は弟に仕える』と彼女に告げられたのです。」(ローマ9:11-12)と書いています。

ここで神に不正があると思う人が出てくる事を14節で予想し、パウロは「神はモーセに、『わたしは自分のあわれむ者をあわれみ、自分のいつくしむ者をいつくしむ』と言われました。」(ローマ9:15)と書き、神に不正はない事を教えています。神は御自分が創造された被造物を統治しておられ、自由に選び、また選ばれないという決断を不正なくできる方んです。被造物は創造主に不正があると責める事はできません。被造物が神を裁くなどという概念はパウロにとっては滑稽であり、キリスト者にとっても同様であるべきです。

上にすでに書かれている通り、神の選民についてもう少し簡潔に書かれている箇所もあります(ヨハネ6:37-45やエペソ1:3-14などがあります)。神は人類を救われる事を定められたという事が重要なのです。神に選ばれた人々は世界が創造される前に選ばれ、彼らの救いはキリストにあって成就されました。パウロが「 なぜなら、神は、あらかじめ知っておられる人々を、御子のかたちと同じ姿にあらかじめ定められたからです。それは、御子が多くの兄弟たちの中で長子となられるためです。神はあらかじめ定めた人々をさらに召し、召した人々をさらに義と認め、義と認めた人々にはさらに栄光をお与えになりました。」(ローマ8:29-30)と書いている通りです。



日本語のホームページに戻る



神の選民?