効果のある祈りをする鍵は何ですか?



 

質問:効果のある祈りをする鍵は何ですか?

答え:
誰もが祈りを効果的にしたいと願うあまり、祈りの”結果”に焦点を当てすぎて、私たちの祈りにある驚くべき特権を忘れがちです。私たちのような者が宇宙の創造者に話すことができるとは、驚くべきことなのです。それよりももっとびっくり仰天することは、神は私たちの言うことに耳を傾け、私たちの代わりに行動してくださるのです。効果的な祈りについてまず、私たちが理解しなければならないことは、私たちが恵みの座に近づいて礼拝して祈ること(へブル10:19-25)を可能にするためには、私たちの主であり、救い主であるイエス.キリストが十字架で苦しみを受けて死ななければならなかったことです。

聖書は、どうしたら創造主との伝達を深めることができるか非常に多く指導していますが、効果的祈りは、私たちがどのように祈るべきかというよりも、祈りをしている人のほうに関係しています。実に、聖書は「義人の祈りは働くと、大きな力があります。(効果があります。)」(ヤコブ5:16)と言っています。そして、「主の目は義人の上に注がれ、主の耳は彼らの祈りに傾けられる。」(3:12;詩篇34:15)とあります。それからまた、「正しい者の祈りは主に喜ばれる。(箴言15:8)」ともあります。祈りは義人であるダニエルをライオンの穴から救いました(ダニエル6:11)そして荒野で神の選ばれた民は、神と正しい関係にあったモーセから恩恵を受けました。(出エジプト記16-17章)不妊のハンナは、その変らない、へりくだった祈りの結果、預言者サムエルを産みました。(1サムエル1:20)使徒パウロの祈りは大地震さえ起こしました。(使徒伝16:25-26)明らかに、神の正しい子供たちは情熱的な祈りによって多くを成し遂げることができるのです。( 民数記11:2)

私たちの祈りが神の意志と一致しているかどうか確かめる必要があります。「何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。私たちの願うことを神が聞いてくださると知れば、神に願ったその子とは、すでにかなえられたと知るのです。」(1ヨハネ5:14―15) 神のみこころにかなった祈りをするというのは、要するに、神が願っておられることに従って祈ることです。聖書を通して、神のみこころが現されているのを私たちは見ます。もし私たちがどう祈るべきかわからない時には、パウロが思い出させてくれているように、神の子供には聖霊がとりなしてくださるのに頼るのです。 「御霊は、神のみこころに従って、聖徒のためにとりなしをしてくださるからです。(ローマ8:27)御霊は神の思いを知っておられるので、聖霊の祈りはいつも、御父のみこころに沿っているのです。

さらに、祈りは信者がいつもし続けるべきものです。(1テサロニケ5:17)例えば、ルカ18:1に、私たちはいつでも祈るべきであり、あきらめてはならないとあります。それに、私たちが祈りの課題を持ち出すとき、信仰を持って(ヤコブ1:5;マルコ11:22-24)感謝をして(ピリピ4:6)互いに赦しあう態度で、(マルコ11:25)キリストの御名によって(ヨハネ14:13-14)そして以上に述べたように、神との正しい関係にある心で(ヤコブ5:16)御前に出るべきなのです。 神に喜ばれる祈りは、私たち祈りの長さではなく、信仰の強さです。だから、私たちは雄弁や知性でもって神を感動させる必要はないのです。結局神は私たちが口を開く前から、何が必要か ご存知なのですから。(マタイ6:8).

また、私たちが祈る時、心に告白していない罪があるかどうか確かめなくてはなりません。告白してない罪は、確かに効果的な祈りの妨げになりますから。「あなたがたの咎が、あなたがたと、あなたがたの神との仕切りとなり、あなたがたの罪が御顔を隠させ、聞いてくださらないようにしたのだ。」(イザヤ59:2;詩篇66:18)幸運にも、「 もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」(1ヨハネ1:9)

もう一つの神との効果的な伝達に妨げになるものは、自己中心や悪い動機から祈ることです。 「願っても受入れられないのは、自分の快楽のために使おうとして悪い動機で願うからです。」(ヤコブ4:3)神の召しを拒んだり、神の忠告を無視したり、(箴言1:24-28)、偶像を拝んだり(エレミヤ11:11-14)、または貧しい人の叫びに耳を貸さなかったり、(箴言21:13)することは、効果的な祈りの生活をする障害になります。

効果的な祈りは私たちと天の父なる神との関係を強める方法です。みことばを学び、みことばに従って、神を喜ばせようとするとき、太陽を造られた同じ神が 、ヨシュアの祈りを聞いて太陽が動かないようにされました。(ヨシュア10:12-13)その同じ神が、あわれみを受け、恵みを頂いて、折にかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づいて祈るようにと私たちを招いておられるのです。(へブル4:16).



日本語のホームページに戻る



効果のある祈りをする鍵は何ですか?