簡単に信じる方法?


質問: 簡単に信じる方法?

答え:
私たちは恵みのゆえに信仰によって救われました。(エペソ2:8)このことから、救いの証拠として、相応するクリスチャンの弟子としての生活という必要は何もないという結論に達する人たちがいます。 別の人たちは、その人が祈りをしたから彼は救われている―現実的な自分の罪の意識も、本当にキリストに置く信仰もなくても,―と言います。祈りをするのは簡単ですが、救いには単にことばを言うこと以上のものがあります。

多くの議論は不要です。それは聖書の誤解に基づいているのです。聖書は、救いは恵みのゆえに、キリストだけを信じる信仰を通してだけだと明白に教えています。 信仰、神からの賜物として与えられた信仰だけが私たちを救うのです。しかし、エペソ2:10は救いの結果について述べています。「私たちは神の作品であって、良い行いをするためにキリスト.イエスに会って造られたのです。神は、私たちが良い行いに歩むように、その良い行いもあらかじめ備えて下さったのです。」私たちは、自分の意志による何かの簡単な行いによってではなく、力ある神の御手で、御心によって、神に用いられるために救われたのです。 私たちは信仰によって救われた瞬間から神のしもべになります。そして、あらかじめ定められた、救いの証拠となる良い行いの旅に乗り出すのです。もし、成長とよい行いという証拠がないなら、その救いが実際に起こったかどうか疑う理由になります。「行いのない信仰はむなしい」(ヤコブ2:10)のです。そして死んだ信仰は救われる信仰ではありません。

"信仰だけ"というのは、ある信者たちはキリストの弟子としての生活をしてキリストに従う一方、他の人たちは従わないという意味ではありません。"肉的クリスチャン"を別の種類の霊的でない信者であるとする考えは全く非聖書的です。 肉的クリスチャンという考えは、その人が何かの宗教的な体験をしたとき、キリストを救い主として受け入れたかもしれませんが、変えられた生活という証拠が全くない人のことだと言います。 これは間違った危険な教えです。様々な不敬虔な生き方の言い訳になるからです。その人は悔い改めない姦淫者、嘘つき、または泥棒かもしれませんが、彼は子供の時祈りをしたから. " 救われている″、彼は単に肉的なクリスチャンなのです。―ということになります。聖書のどこにも、真のクリスチャンが生涯肉的なままでいられるという教えを支持する箇所はありません。 それよりも、みことばは単に二種類の人間を提供しています。:クリスチャンとノン.クリスチャン、信者と未信者、イエスキリストを主としてあがめる人と、そうしない人です。(ヨハネ3:36;ローマ6:17-18;2コリント5:17;ガラテヤ5:18-24;エペソ2:1-5;1ヨハネ1:5-7;2:3-4を参照してください。)

救いの安全(保護)は、キリストの完了した救いのわざを基礎にした聖書的事実なのですが、その一方"決断した"又は"キリストを受け入れた"ように見える人たちの中に、本当に救われていないかもしれない人たちがいることは確かに真実です。前にも述べたように、救いは私たちがキリストを受け入れるというよりも、神が私たちを受け入れてくださるということなのです。 私たちは、神の力によって神の目的のために救われたのです。その目的には、私たちの回心の証拠としての行いが含まれます。 肉によって歩み続ける人たちは、信者ではないのです。(ローマ8:5-8)だからこそ、パウロは第2コリント13:5で、「あなた方は信仰に立っているかどうか、自分自身をためし、また吟味しなさい。」と勧めているのです。自分自身を吟味する"肉的"クリスチャンはすぐに自分が信仰に立っていないとわかるでしょう。

ヤコブ2:19は、言っています。「あなた方は、神はおひとりだと信じています。立派なことです、ですが、悪霊どももそう信じて、身震いしています。」悪霊が信じているタイプの信仰は、神が存在している、または神は良いお方だと言う事実をもってイエスを"信じる″人たちのする知的な同意と比較することができます。別の人は、「私は祈りをしました。それで、牧師が私は救われたと言いました。」と言います。しかし、そのような祈りや信仰は、必ずしも心が変わったことのしるしではありません。問題は〝信じる" ということばを誤解していることです。真の救いは本当の悔い改めをもたらし、生活も本当に変えるのです。第2コリント5:17は、キリストにある人は"新しく造られた者"と言っています。キリストが造られた新しい者が肉的な生活をし続ける可能性があるでしょうか?いいえ。

救いは確かに無料です。しかし、それと同時に私たちにはすべてがかかるのです。私たちはキリストにより似た者に変えられていくとき、自分を死なせなければなりません。私たちは、キリストに信仰を置いている人は、徐々にますます変えられた人生を歩むということを認識しなければならないのです。救いは信じる人への神からの無料の賜物です。人が真にキリストを信じるとき、その人がキリストの弟子となり、従順になることは、疑いなく起こる反応なのです。

English
日本語のホームページに戻る
簡単に信じる方法?