つつましい服装をするとはどんな事ですか?



 

質問: つつましい服装をするとはどんな事ですか?

答え:
教会で女性がどのような服装をするべきかについて、パウロは「つつましい」身なりをし、「控えめに慎み深く」身を飾るようにと教え、神を敬うと言っている女にふさわしく、良い行いを自分の飾りとしなさいと教えています(1テモテ2:9-10)。つつましい身なりをする事は教会だけでするべきではなく、キリスト者は常につつましい服装をするべきです。何がつつましさを定めるかを知る鍵となるのは、私たちの心の姿勢と動機です。神に喜ばれたいという姿勢と心をもっている人はつつましく、慎み深く身を飾るように努力をします。自分の事だけを考えている人は、自分や人にもたらす結果などを考えず、自分に注意を引く服装をします。

敬虔な女性は全ての事を神に喜ばれる事を求めてします。その人は神が全ての人が神の栄光と主にある兄弟姉妹の霊的状態を気にかける事を望んでおられる事を知っています。キリスト者と自称していながらも、自分の身体に注意を引くような服装をしている女性は、十字架で彼女のたましいを命がけで救った方の悪い証人になってしまいます。その人は自分の身体がキリストによって贖われ、今や聖霊の宮となっている事を忘れているのです(1コリント6:19-20)。その人は自分の価値は肉体的であり、その魅力もどれほど身体を露出するかにかかっていると世に宣言しているのです。さらに、男性が自分に情欲を抱くような、自分の身体をあらわにする服装をする事によって、主にある兄弟に罪を犯させる(マタイ5:27-29)事もあります。箴言7:10には「遊女の装いをした心にたくらみのある女」について書いてありますが、人の心の状態は服装に表れてくる事があるとわかります。

聖書には女性はつつましい服装をするようにと書いてありますが、現代社会ではどんな服装がつつましいのでしょうか?頭からつま先までを覆う必要があるのでしょうか?世界には女性にそのような事を強要する宗教やカルトがあります。しかしそれは聖書の教えているつつましさでしょうか?ここでも私たちは心の姿勢をみる必要があります。女性の心が神を喜ばせる事を求めているならば、その人の服装は神の子供としての証に影響が出ないような、身体をあらわにしないような服装を求めるでしょう。周りの人が皆慎ましくない服装をしていても、その人は周りに合わせるという誘惑に負けません。どんな服装が自分の身体に注意を引くように設計されていて男性が情欲を抱く引き金になるかをわかっていて、そのような服は自分の価値を下げることもわかっています。自分の服装を通して男性をつまづかせることは、神を愛し、敬い、人々もそうすることを望んでいる彼女にとっては忌まわしいことです。つつましい服装は、神を愛し、敬いたいと思い歩んでいる女性が求めている心のつつましさと敬虔さを表します。



日本語のホームページに戻る



つつましい服装をするとはどんな事ですか?