二重の予定説とは何ですか?


質問: 二重の予定説とは何ですか?

答え:
二重の予定説とは、神はただ地獄に行く目的で存在する人々を造られたという信条です。この考えは聖書的でしょうか?では、 二つの顕著な主題を通してその書で問うローマ書を見てみましょう。 最初の主題は、神の義です。福音のメッセージそのものが神の義を現しています。(ローマ1:16-17)信仰によって神の御前で人が義である(ローマ書4-5章)と宣言されるというのが福音メッセージの中に含まれる真理です。 人を義とさせることができるのは福音メッセージの中心的な人物、イエス.キリストです。(ローマ6-7章)義人として生きる方法を示すのは、福音メッセージです。(ローマ書12章)

ローマ書にあるもう一つの主題は、怒りです。あらゆる不敬虔と不正に対して、神の怒りが啓示されていて、今も啓示され続けています。(ローマ1:18) 人間は神について知っていますが、その考えと行いにおいて神を拒んでいます。(ローマ1:21-22) 神の怒りは、それで、人間が好きなように生きるようにと汚れに引き渡されたのです。(ローマ 1:24,26、28)それで神なしでは、破滅に向かっていきました。(ローマ1:28-32)人間が宇宙の神を拒んだので、今度は神が人間を見放されるのです。神からの個人的な介入だけが、罪でかたくなになっている破滅の道を変えることができるのです。

さて、ローマ9:22には「ですが、もし神が、怒りを示してご自分の力を知らせようと望んでおられるのに、その滅ぼされるべき怒りの器を、豊かな寛容を持って忍耐してくださったとしたら、どうでしょうか?」とあります。多くの人はこの節は神が神の怒りのための器を作られたと教えていると思っています。しかし、それはこの節のポイントではありません。人間はすでに神の怒りを経験しました。人間は自分を当然破壊するようにしたのです 。これらの器―自分の罪を離れて神に立ち返ろうとしない器、―を忍耐を持って我慢しておられるのは神です。

次の節をご覧ください。ローマ9:23「それも、神が栄光のためにあらかじめ用意しておられた憐れみの器に対して、その豊かな栄光を知らせてくださるためになのです。」神は前からあらかじめ神の栄光のためにある人々を選ばれることに注目してください。つまり世界の基が築かれる前から、神はある人々を神の子供とするために選ばれたということです。それは神の栄光が讃えられるためでした。(エペソ1:4を見てください。)神はある人々を罪に定める、又は神の怒りに定める運命に選ばれたとは言っていません。 聖書は、神がある人々を地獄へ、他の人々を天国へとあらかじめ定めて選ばれるという二重予定説については何も言っていません。神の怒りの下にある人々は彼らが神を拒んだから、そうなったのです。神の義を持っている人たちは、神が彼らを神の子供となるように選ばれたから、そうなるのです。

English
日本語のホームページに戻る
二重の予定説とは何ですか?