家庭内暴力についての聖書の教えはどんなですか?



 

質問: 家庭内暴力についての聖書の教えはどんなですか?

答え:
家庭内暴力とは家族や昔家族であった人に対する乱暴や乱暴をする脅しを指します。家庭内暴力という言葉は「虐待されている妻」や夫婦の口げんかがエスカレートして暴力につながる事を思い起こさせます。家庭内暴力は又、子供の虐待とも関連付けて考えられます。子供が身体的な傷を負っていなくても親が暴力を受ける事を見たり聞いたりする事は精神的に深い傷を与えます。

家庭内暴力は権力や支配権に関する問題です。暴力という言葉は身体的なニュアンスを持っていますが、家庭内暴力や虐待は間接的にも起こります。例えば家庭内暴力の加害者は被害者を感情的、又経済的に操る事があります。他にも言葉による暴力や性的虐待などがあります。家庭内暴力は老若男女、経済階級、学歴や宗教に関係なく起こります。

家庭内暴力は「暴力のサイクル」としても見る事ができます。緊張が高まり、被害者は加害者をなだめようとしますがやがて暴力が起こります。加害者は謝罪をし、贈り物や、もう二度と暴力をしないという約束などを通して罪滅ぼしをしようとします。その後平和な期間がきますが、緊張はやがて高まってくるのです。このサイクルのそれぞれの段階は数分のうちに怒ったり、何年かかかることもあります。介入なしではやがて「罪滅ぼし」の段階と「平和」の段階は消え去ります。

家庭内暴力は神の家族についてのご計画とは正反対のものです。創世記1と2章では結婚がひとつのからだの助け合いの関係である事が教えられています。エペソ5:21には互いに従う事が、教えられていますエペソ5:22–24は妻が夫に対し従う事について説明されていて、25-33節には夫が自己犠牲的に妻を愛すべきであると書かれています。1ペテロ3:1–7にも同じような教えが書かれています。1コリント7:4には「妻は自分のからだに関する権利を持ってはおらず、それは夫のものです。同様に夫も自分のからだについての権利を持っておらず、それは妻のものです。」と書いてあります。夫婦はお互いに属していて、キリストが私たちを愛したように互いを愛すべきなのです。結婚とはキリストと教会の一致を表していて、家庭内暴力はイエスのご性質からかけ離れた物です。

子供に対する家庭内暴力は神から呪われています。詩篇127:3には「見よ。子どもたちは主の賜物、胎の実は報酬である。」と書いてあります。神は親に子供を預けられ、親は愛を持って世話をし、教育するという役目があります。エペソ6:4には「父たちよ。あなたがたも、子どもをおこらせてはいけません。かえって、主の教育と訓戒によって育てなさい。」(コロサイ3:21も参照)と書いてあります。子供は親に従うべきであり(エペソ6:1–3)、訓戒やしつけは重要ですが、それらは暴力や虐待とは全くもって別です。

神に従う事は人に仕える事であり、人を操ったり支配する事とは違います。「あなたがたの間では、そうではありません。あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい。あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、あなたがたのしもべになりなさい。人の子が来たのが、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためであるのと同じです」(マタイ20:26–28)。キリストの命令は私たちが互いに愛し合う事です(ヨハネ13:34)。エペソ5:1–2には「ですから、愛されている子どもらしく、神にならう者となりなさい。また、愛のうちに歩みなさい。キリストもあなたがたを愛して、私たちのために、ご自身を神へのささげ物、また供え物とし、香ばしいかおりをおささげになりました。」と書いてあります。キリスト者は人々を特に自分の家族を犠牲的に愛するようにめされているのです。

現在家庭内暴力を経験しているならばなんとかして安全にその状況から脱出しましょう。しばしば家庭内暴力の犠牲者にとって一番危険な瞬間はその関係から脱出しようとする時です。警察に通報する事や他の救助も必要かもしれません。アメリカでは国際家庭内暴力ホットラインを通して必要な情報や救助を得る事ができるでしょう。その番号は1-800-799-7233で、ホームページはhttp://www.thehotline.org/ です。(日本にも幾つか同じようなホットラインやウェブサイトがあります。また、インターネットの使用が監視されている場合もあるので、加害者がインターネット使用を監視していない事を確認してからこれらのウェブサイトを閲覧するようにしましょう。)家庭内暴力が起こっている際に一番大切なのは安全の確保です。

被害者が身体的に安全な場所に移り、体の傷が癒えても、感情的、精神的な傷は深いものです。家庭内暴力はまた霊的な面にも影響し、被害者は神に信頼できない事がしばしばあります。こんなひどい事を神はなぜ許されたのか、神は信頼できる方なのか、神は本当に私を愛しているのか、私が虐待されていた時神はどこにいたのか、と被害者は問うでしょう。癒しの過程には時間がかかります。様々な状況に対して感情の起伏が起こる事もあるでしょう。虐待に対する怒りを表現する事は適切です。虐待のひどさにに対する感情-怒り、困惑、痛み、恥、悲しみ等-を認めないならばそれらが癒える事はないからです。しばしば時期を早まった形で被害者が赦しを促される事があります。もちろん赦す事が被害者の最終的な解放につながりますが、真の赦しは受けた虐待に対しての感情が認められ、処理されない限り可能ではありません。家庭内暴力の被害者は鍛錬されたクリスチャンカウンセラーの助けを通して癒しの過程を歩む必要があります。

また、加害者が必要な事は暴力をやめるだけだと決めつけないようにしましょう。加害者が暴力を振るうようになったきっかけとなった問題があるはずです。加害者が助けを受ける事を望むならば、希望があります。この場合もクリスチャンカウンセラーが大きな助けとなるでしょう。

それぞれの家庭内暴力はユニークです。人も状況も様々であり、このような記事一つで完璧に解決する事はできません。しかし、一般的に言うと結婚カウンセリングは-暴力が止み、夫婦がそれぞれカウンセリングを受け、互いに和解を求めるようになるまでは-適切ではありません。家族セラピーも同様です。子供は虐待の起こる状況に置かれたり、虐待のある家庭に止まるべきではありません。

家庭内暴力は神の心を痛めるものです。神はその被害者を憐れまないわけではなく、彼らを見捨てたわけでもありません。神の人類の関係の、特に家族関係のご計画は神御自身の性質を表す物なのです。家庭とは神の愛を表すべき場所です。ですから、家庭が痛みの発信源に変わる時、神は悲しまれます。神は、加害者も被害者も、家庭内暴力を経験している人々が癒され、全くなる事を望んでおられます。



日本語のホームページに戻る



家庭内暴力についての聖書の教えはどんなですか?