神は間違いをされることがありますか?



 

質問: 神は間違いをされることがありますか?

答え:
神は何の間違いもされません。神は完全で偉大なので、間違いをすることは許されません。「 主は大いなる方。大いに賛美されるべき方。その偉大さを測り知ることができません。」(詩篇143:3)原典のことばでは、”測り知る”と訳されている単語は、”見つけることができる、又は数え上げることができる”という考えを合同しています。つまり神の偉大さは無限であるという意味です。このことばは誤りに陥りがちな人のことではありません。なぜなら、たったひとつの誤りでさえ、その偉大さは量を測ることができて、限界があることになるからです。

神がすべてのことをし、すべてのことを理解する能力は、神が間違いをすることを予防するからです。「われらの主は偉大であり、力に富御、その英知は測りがたい。」(詩篇147:5)ここでも聖書は神は誤りが全くないと示しています。.知識に限界があると間違いをすることになりますが、神は無限の知識があり、何の間違いもされないのです。

世界を創造されたとき、神は何の間違いもされませんでした。神の無限の知恵、無限の力、無限の良さが統合して、完全な世界を創造したのです。創造の六日目の終わりに、神は創造されたすべてを見渡して、「非常に良かった」と言われました。(創世記1:31)そこには、何の例外も制限も失望もなく、単に、「非常に良い」とあります。

「神は人間ではなく、偽りを言うことがない。神は言われたことをなされないだろうか。約束されたことを成し遂げられないだろうか。」(民数記23:19)人間と違って、神は何の間違いもされず、気を変えることになるあと思案もありません。神は、すべての結果を考慮しなかったから、又はそれを成就する力がなかったから、後で無効にしなければならない ような定めはされません。また、神は、その罪深さのゆえに裁きを必要とする人間のようでもありません。「神は光であって、神のうちにはくらいところが少しもない。」(ヨハネ1:5)「主はご自分のすべての道において正しく、またすべてのみわざにおいて恵深い。」(詩篇145:17)

ある人たちは、神が創造について考え直しておられることを聖書は示していると主張します。「主は、地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になった。それで主は、地上に人を造ったことを悔やみ、心を痛められた。そして主は仰せられた。『わたしが創造した人を地の面から消し去ろう。人をはじめ、家畜や這うもの、空の鳥に至るまで。わたしは、これらを造ったことを残念に思うからだ。』」(創世記6:5-7)

この箇所の”悔いる”という単語を理解することはいいことです。神に関してこの言葉が使われるとき、“悔いる“は ’ 憐れみのある悲しみと行動’ という考えを合体させています。神は失敗を認めて、また間違いを後悔して、弱さを示しておられるのではありません。それよりも、人間の悪に対抗するために、独特、かつ徹底的な行動を起こす必要があることを表しているのです。 人が考えることはいつも悪いことばかりでした。(創世記6:5)神がご自分の創造を間違いだと思っておられない事実は世界が存在し続けていることで証明されます。私たちは罪深いけれど、今も存在しています。主の恵みを賛美します。「罪の増し加わるところには、恵も満ち溢れました。」(ローマ5:20b)「しかし、ノアは主の心にかなっていた。(「主の前に恵みを得た(口語訳)」(創世記6:8)

神は一度も間違いをされたことはありません。神はすべてのことに目的を持っておられました。結果は神にとって驚くことではなかったのです。なぜなら、神は初めから終わりまで宣言されます。「わたしが神である。他にはいない。わたしのような神はいない。わたしは、終わりのことを初めから告げ、まだなされてない事を昔から告げ、『私のはかりごとは成就し、私の望むことをすべて 成し遂げる』という。」(イザヤ46:9-10)

ある人は自分の個人的人生において神は間違いをされたと思うかもしれません。私たちがコントロールできる範囲以外のある経験や状況が起こると、私たちは、神は誤算されたのかもしれないと思います。しかしながら、「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8:28)これを受け入れるには信仰が要りますが、「私たちは、見る所によってではなく、信仰によって歩んでいます。」2コリント5: 7)すべてのことにおいて、私たちはこの人生のものは消耗される物なので、私たちの永遠の報酬のために使われているということを理解しておかなければなりません。それは,「あなた方をつまずかせないように守ることができ、傷のない者として、大きな喜びをもって栄光の御前に立たせることのできる方」(ユダ24節)の知恵によって使用されるのです。 私たちは主は私たちの人生において何の間違いもされないということを喜ぶことができます。しかし、主が許されて起こることにはすべて 良い、愛の目的があるのです。

神には何の落ち度もありません。神は何の間違いもされません。そして神の御子にも何の誤りもありません。イエスは思い、ことばや行い において何の罪も犯されませんでした。(へブル4:15)サタンは、躍起になって一つでもイエスの中に誤りを見つけようとしましたが、その試みは全くの失敗に終わりました。(マタイ4:1-11)イエスは傷のない神の子羊でした。(1ペテロ1:19) イエスの人生の終わりに、イエスの地上の裁判官ポンテオ.ピラトは言いました。「この人には何の罪も見つからない。」(ルカ23:4)

私たちは間違い―大きなもの、小さなもの、つまらないもの、被害の大きい者―と共に暮らしています。それで、間違いを犯すのに慣れてしまいます。しかし、私たちは全く間違いのない神、その偉大さは測り知れない神に仕えています。 「わが神、主よ、あなたがなさった奇しいわざと。私たちへのみ計りは数もしれず、あなたに並ぶ者はありません。わたしが告げても、また語っても、それは多くて述べつくせません。」(詩篇40:5)神がすべてを支配しておられ、神が何の誤りもされないことは、私たちの間違いを償うのに十分以上だということを知るのは良いことです。



日本語のホームページに戻る



神は間違いをされることがありますか?