イエスはなぜご自分が行われた奇跡を誰にも告げるなと人々に言われたのですか?



 

質問: イエスはなぜご自分が行われた奇跡を誰にも告げるなと人々に言われたのですか?

答え:
ライ病人を癒された後、(マルコ1:41-42)「そこでイエスは、彼を厳しく戒めて、すぐに彼を立ち去らせた。その時、彼にこう言われた。『気をつけて誰にも何も言わないようにしなさい。』(マルコ1:43-44) 私たちの考えでは、イエスは奇跡のことを誰にも知ってほしいと思われた ように思えます。しかし、イエスはそのような奇跡が知れ渡ると、イエスの宣教の邪魔になり、そのメッセージから一般の注意をそらすことになるかもしれないと知っておられました。 マルコはまさにその通りのことが起こったと記録しています。その人は奇跡的に癒されたことで興奮のあまり、イエスの言葉に従わなかったのです。その結果、キリストはミニストリーを町から離れて町はずれの地方に移さなければならなくなったのです。(マルコ1:45) 「そのためイエスは表立って町の中に入ることができず、町はずれの寂しい所へおられた。しかし人々は、あらゆる所からイエスの下にやってきた。」

それに加えて、イエスはライ病人を清められたけれど、それでも彼にその地方の法に従うことを要求されました。―つまり、立ち止まって自分が癒されたことを人に話すのではなく、すぐに祭司のところへ行くことでした。もし彼がすぐに行かなかったら、この奇跡がイエスによってなされたので、悪い考えの者たちが先に行って祭司に偏見を与えて、祭司に癒しが本当だということを宣言させないようにする可能性もありました。 祭司が本物の癒しであると宣言することはさらに重要なことでした。ユダヤ人の中にそれが本当の奇跡であることに関して偏見があってはならないことも大事でした。

最後に、イエスは、人々に、イエスがなされた奇跡に注目するのではなく、イエスが宣べられたメッセージとイエスがどのように死ぬかの方に焦点を当ててほしかったのです。今日でも同じことが言えます。神は私たちに、癒しや奇跡に注目する代わりに、イエスキリストを通しての救いという癒しの奇跡に焦点を合わせてほしいと願っておられます。



日本語のホームページに戻る



イエスはなぜご自分が行われた奇跡を誰にも告げるなと人々に言われたのですか?