今日の世に、悪霊のはたらきはあるのでしょうか。?



 

質問: 今日の世に、悪霊のはたらきはあるのでしょうか。?

答え:
幽霊、心霊現象、降霊会、タロットカード、ウィジャボード、水晶玉。これらのものに共通しているものは何でしょう。それらのものが多くの人々の興味をそそるのは、それらが私たちの物理的存在の限界を超えた未知の世界への洞察を与えてくれるように思われるからです。そして、大ぜいの人たちにとって、そのようなものは無害で罪のないもののように見えるのです。

非聖書的な観点からこれらの題材に取り組む人たちの多くは、幽霊とは何らかの理由で「次の段階」へと移っていない死者の霊であると信じています。幽霊存在を信じる人たちによると、心霊現象には次の三種類のものがあります。 (1)地縛霊(ビデオ再生にたとえられ、実際に霊と交流することは全くない)。(2)良い性質と悪い(が、邪悪ではない)性質の交じり合った人間の霊による心霊現象。そのような霊が、ただ誰かの注意を引こうとしているだけの場合もあれば、悪ふざけをしていることもある。いずれにせよ、それらが本当に人に害を及ぼすことはない。(3)人間ではない霊、あるいは悪霊との交流。これらの実体は人間の霊のふりをし得る。そして、それらは有害で危険である。

幽霊や心霊現象について、非聖書的な情報源の記述を読むときには、その著者が聖書や(大天使ミカエルといった)聖書の登場人物に言及しいるからといって、著者が聖書的な見地からその題材に取り組んでいるとは限らないことを覚えておきましょう。提示されている情報についての出典先が示されていないときは、読者は「どうしてこの著者にはそれが 分かるのだろうか。この著者の拠りどころはどこにあるのだろうか」と自問しなければなりません。例えば、悪霊たちが人間の霊のふりをするということが、 どうして分かるのでしょう。非聖書的な情報源からそのような題材を取り上げる人たちは、突き詰めていくと、その理解を彼ら自身の考えや他の人々の考え、また過去の経験に基づかせています。しかしながら、彼ら自身が認めているように、悪霊たちはうそつきであり、善良な人間の霊を模倣することができると彼ら自身が認めているのですから、経験があてにならないこともあるのです。私たちがこの主題について正しい理解を得ようとするならば、これまで100パーセントの確率で正確さを証明してきた情報源に頼らなければなりません。そして、それは神のみことば、聖書なのです。では、そのようなものに関して、聖書が何と言っているかを見てみましょう。

1. 聖書は心霊現象については一切触れていません。むしろ、人が死ぬと、その人の霊は二つの場所のうちのどちらかに行くと教えています。イエス・キリストを信じていれば、その人の霊は天国の主のみもとに迎え入れられ(ピリピ人への手紙 1:21-23; コリント人への手紙 第二 5:8)、後に、復活においてその人は自分の体と再結合します(テサロニケ人への手紙 第一 4:13-18)。キリストを信じていないならば、その人の霊は地獄と呼ばれる苦しみの場に入れられます(ルカの福音書 16:23-24)。

信者であっても未信者であっても、たとえそれが来たる裁きから逃れるようにと他の人々に警告するためであったとしても 、人は私たちの世界に戻ってきて生きている人々に意思を伝えたり、関わりあったりすることはできません(ルカの福音書 16:27-31)。死人が生きている人と接触した事例は二件だけ記録されています。 一つ目は、イスラエルのサウル王が霊媒によって亡き預言者サムエルに連絡をとろうと試みたときのことです。神は、あまりにも煩わされたサムエルが、サウルの再三の不従順に対する裁きを宣告するのを許しました(サムエル記 第一 28:6-19)。二つ目の事例は、マタイの福音書17:1-8でイエスの変容の時にモーセとエリヤがイエスと語り合ったときのことですが、 モーセとエリヤの姿には「幽霊風な」ところは全くありませんでした。

2. 聖書は隠れて活動している御使いたちのことに繰り返し触れています。時には、これらの御使いたちは生きている人間と言葉を交わすことがあります。邪悪な霊や、悪魔たちは、実際、人々にとりついて、その人たちのうちに宿ったりその人たちを支配したりすることがあり得ます。四福音書と使徒の働きには、悪霊にとりつかれた人の例や、良い御使いが信者の前に現れたり信者を助けたりする例がいくつか記録されています。良い御使いにも悪い御使いにも、超自然的な現象を引き起こすことができます。(ヨブ記 1-2; ヨハネの黙示録 7:1; 8:5; 15:1; 16)。

3. 聖書は悪霊たちが人の知らない物事を知っていることを示しています(使徒の働き16:16-18; ルカの福音書4:41)。これらの悪しき御使いたちは長い間存在してきたので、当然のことながら、限られた寿命を持つ者たちの知らないようなことを知っているものです。サタンは現在、神の前に出入りを許されています(ヨブ記 1-2)。そのため、悪霊たちにはまた、未来に関わる詳細を知ることがいくらか許されているかもしれませんが、これは憶測にすぎません。

4. 聖書には、サタンが偽りの父であって偽り者であり(ヨハネの福音書 8:44; テサロニケ人への手紙 第二 2:9)、また、「光の御使い」に変装するとも書かれています。サタンに従う者たちは、人間であろうと何であろうと、同じ欺きを行っているのです(コリント人への手紙 第二 11:13-15)。

5.サタンと悪霊たちは(人間と比較すると)大きな力を持っています。 御使いのかしらミカエルでさえ、サタンに対応するのに神の力のみに信頼しています(ユダの手紙 1:9)。しかし、サタンの力は神の力に比べると取るに足りないものであり(使徒の働き19:11-12; マルコの福音書 12:7)、神はご自分の良い目的を達成させるために、サタンの悪意を用いることができるのです(コリント人への手紙 第一 5:5; コリント人への手紙 第二 12:7)。

6. 神は私たちに、オカルトや悪魔崇拝、汚れた霊の世界に 全く関わってはならないと命じています。これには霊媒や降霊術、ウィジャボード、星占い、タロットカード、チャネリングなどが含まれます。神はこれらの慣習を忌み嫌うべきものと見なされます(申命記 18:9-12; イザヤ書 8:19-20; ヨハネの黙示録 21:8)。そしてそのようなものに関わる人たちは災いを招くのです(使徒の働き 19:13-16)。

7. エペソの信者たちはオカルトに関わる品々(本、音楽、宝飾品、ゲームなど)の取り扱いにおいてよい手本を示しています。 彼らはそれらのものへの関わりを自分たちの罪として告白し、それらの品を公の場で焼き捨てました(使徒の働き 19:17-19)。

8. サタンの力からの解放は、神の救いを通して得られます。救いはイエス・キリストの福音を信じることでもたらされます(使徒の働き 19:18; 26:16-18)。 救いを受けることなく悪霊との関わりから抜け出そうと試みても、効果はありません。イエスは聖霊の内住して いない心の持ち主に対して警告を与えました。そのような心は、さらに悪い霊たちを宿す用意のできた、誰も住んでいない住居に過ぎません(ルカの福音書 11:24-26)。しかし、人が罪の赦しを求めてキリストのもとに来るなら、聖霊が来て贖いの日まで 共にいてくださるのです(エペソ人への手紙 4:30)。

一部の超常現象は いかさま師のわざに帰することができます。それ以外に報告されている幽霊や心霊現象については、悪霊たちのしわざとして理解するのが最善であるように思われます。 これらの悪霊たちは自分たちの素性を全く隠そうとしないこともあれば、偽装を使って人間の亡霊を装うこともあるかもしれません。そのような欺きは、さらなる偽りと混乱とにつながります。

神は、生きている者のために死人に伺いを立てるのは愚かなことだと述べています。神はむしろ、「おしえとあかしに尋ねなければならない」と言っています(イザヤ書 8:19-20)。神のみことばは私たちの知恵の源です。イエス・キリストを信じる者たちはオカルトに関わるべきではありません。霊の世界は現実のものですが、クリスチャンにはそれを恐れる必要はないのです(ヨハネの手紙 第一 4:4)。



日本語のホームページに戻る



今日の世に、悪霊のはたらきはあるのでしょうか。?