聖書には死についてなんと書いてあるの?



 

質問: 聖書には死についてなんと書いてあるの?

答え:
聖書は死を離別として教えています:肉体的死はたましいと肉体の離別であり、霊的死はたましいの神からの離別です。

死は罪の結果です。「罪から来る報酬は死です」とローマ6:23に書いてある通りです。人類は皆罪を押したので、皆やがて死を経験します。「そういうわけで、ちょうどひとりの人によって罪が世界に入り、罪によって死が入り、こうして死が全人類に広がったのと同様に、―それというのも全人類が罪を犯したからです」(ローマ5:12)。創世記2:17で主はアダムに不従順の罰は死である事を教え、警告しています-「あなたは必ず死ぬ」。アダムは神に背いた瞬間に霊的死を経験し、神から隠れました。「主の御顔を避けて園の木の間に身を隠した」(創世記3:8)。その後アダムは肉体的死を経験しました(創世記5:5)。

イエスは十字架の上で肉体的を経験しました(マタイ27:50)。アダムとイエスの相違点はアダムは罪人として死んだのとは違い、イエスには罪がなく、罪人の身代わりとして死なれたという点です(ヘブル2:9)。イエスは三日目に死から復活する事を通して死と罪よりも勝っている事を示されました(マタイ28, 黙示録1:18)。キリストのゆえに、死は敗北者なのです「死よ。おまえの勝利はどこにあるのか。死よ。おまえのとげはどこにあるのか。」(Iコリント15:55; ホセア13:14)。

不信者にとって、死は神の救いの正体を受け入れる機会の終わりを告げます。「そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」(ヘブル9:27)。キリスト者にとって、死は私たちをキリストのおられる場所へと迎え入れるのです「私たちはいつも心強いのです。そして、むしろ肉体を離れて、主のみもとにいるほうがよいと思っています。」(IIコリント5:8; ピリピ1:23)。キリスト者の復活の約束は明確であり、よってキリスト者の死は「眠りにつく」と言われています(Iコリント15:51; Iテサロニケ5:10)。私たちは死がなくなる時を待ち望んでいるのです(黙示録21:4)。



日本語のホームページに戻る



聖書には死についてなんと書いてあるの?