毎日の祈りはなぜ重要なのですか?


質問: 毎日の祈りはなぜ重要なのですか?

答え:
簡単に言えば、イエス.キリストに従う人にとって祈りは神と伝達する最善の方法です 祈りは私たちを造られたお方と毎日会話する手段なのです。祈りを通して日々意思を伝えることの重要性は評価し過ぎることはできません。それは聖書に250回以上も出てくるほど重要なのです。 では、毎日祈ることはなぜそれほど重要なことなのでしょう?.第一に、日々の祈りは私たちの生活のすべての面を神に打ち明ける機会を与えてくれるからです。2番目に毎日の祈りは神が備えて下さるものについて感謝の気持ちを表現する機会を与えます。 第三に毎日の祈りは、私たちが罪を告白し、その罪を克服する助けを求めるための場を与えてくれます。第四に、毎日の祈りは礼拝と従順の行為なのです。 最後に、毎日の祈りは、誰が私たちの人生を支配しておられるかを認識する方法です。ではこれらの各重要な理由を少し詳しく見てみましょう。

毎日の祈りは私たちの生活のすべての面を神に打ち明ける機会を与えます。人生の状況は毎日変わります。事実、物事は良いことから悪く、またもっと悪いことに短期間で変わることができます。 神は私たちの思い煩いを処分と祝福になるかもしれないので、神のところに持って行くようにと招いておられます。 また私たちの喜びと勝利をも神と分かち合うようにと招いておられます。事実エレミヤ33:3は言っています。「わたしを呼べ。そうすればわたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を超えた大いなることをあなたに告げよう。」 神は私たちに神を呼ぶことを望んでおられます。そうすれば神は私たちの祈りに答えることができるからです。 また、神は驚くべき祝福―祈りを通して神に呼びかけなかったら見落としていたかもしれない祝福―を私たちと分かち合いたいとも思っておられます。最後にヤコブ4:8は「神に近づきなさい。そうすれば神はあなたがたに近づいて下さいます。」と言っています。神は私たちにいつも近づいていてほしいと思っておられるのです。

毎日の祈りは神が私たちの生活に備えて下さるものについて感謝の気持ちを表す機会を与えてくれます。私たちは神が備えて下さるすべてのものと私たちのためにしてくださるすべてのことについて神に感謝すべきだということは明らかです。私たちに対する神の良さと慈愛は毎日認めるべきなのです。 1歴代誌16:34では、「主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。」と命令されています。詩篇の著者は詩篇9:1で、「私は心を尽くして主に感謝します。あなたの奇しいわざを余すことなく語り告げます。」と言っています。神の忠実さと豊かな備えを認識するために私たちは毎日祈るのです。

毎日の祈りは私たちが罪を告白し、その罪を悔い改めて克服するための助けを神に求める場を与えてくれます。現実を見てみましょう。私たちはみな毎日罪を犯しています。それを知っていても知らなくても。それで イエス.キリストに従って行く者として、私たちは何をすべきなのでしょう?聖書は非常に明らかにしています。「私は、自分の罪を、あなたに知らせ、私の咎を隠しませんでした。『私のそむきの罪を主に告白しよう。』すると、あなたはわたしの罪のとがめを赦されました。」(詩篇32:5)神がすでに知っておられることを毎日神に告げなさい。毎日の祈りの時間は、自分を弱くさせる罪の影響からの重荷を下ろす最高の場所なのです。へりくだって、神に従い、赦しを願う祈りをすべき時に、しばしば クリスチャンは、私たちのイエス.キリストとの個人的関係を邪魔する告白しない罪 を抱えたまま歩き回っています。毎日の祈りのもう一つの重要な要素は、自分の罪を悔い改める力をもらうために神に願い求めることです。私たちが罪に背を向けるのを助けることができるのは神だけです。そのためには神は私たちの悔い改めの願いを聞く必要があるのです。

毎日の祈りは礼拝と従順の行為です。私たちがなぜ毎日祈るべきかを要約する箇所の他のどの個所よりも良い聖書箇所は、多分、第1テサロニケ5:16-18でしょう。:「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことについて、感謝しなさい。これが気リスト。イエスにあって神があなた方に臨んでおられることです。」キリストにあって喜び、絶えず祈り、キリストに感謝することは神の子供にとってのみこころなのです。 絶えず祈るということは、単に祈りを通常の習慣にし、絶対に祈ることを止めないという意味です。祈りは礼拝の行為でもあります。なぜなら神に祈っている時、私たちはどれほど神を愛しているかを示しているからです。 毎日の祈りは、主がご自分の子供たちが命令に従っているのを見て神喜びをもたらす従順の行為でもあります。

毎日の祈りは、誰が私たちの生活(人生)を支配しておられるかを認識する方法でもあります。クリスチャンとして私たちは誰が本当に支配しておられるか知っています。 神は主権者です。 神が知らないことは何も起こりません。(イザヤ46:9-10;ダニエル4:17)なぜなら神にはすべてに関して主権があるからです。神は私たちの礼拝と賛美を受けるに値するお方です。「主よ。偉大さと力と栄絵と栄光と尊厳とはあなたのものです。天にあるもの地にあるものはみなそうです。主よ。王国もあなたのものです。あなたはすべてのものの上に、かしらとしてあがむべき方です。」(歴代誌29:11) 神は私たちの偉大な王で、王として神は私たちの生活のすべての面を支配しておられます。 私たちはへり下りと敬意をもって、そのような偉大で素晴らしい王に、私たちの人生にある神の適切な場所を日々認識すべきなのです。

最後に、祈りは私たちが毎日したいと思うべきことなのです。それなのに、多くのクリスチャンにとっては毎日の祈りを通して自分をへりくだらせる事はチャレンジになることもあります。です。何年も主と共に歩んできた人たちにとっては、毎日の祈りは新鮮味がなくなったり、適度の確信又は敬愛が欠けるようになるかもしれません。 新しい信者でも古くからの信者でも祈りは神と話す最高の方法だと思うべきです。 愛する人や親しい友達と話さないことを想像してみてください。 そのような関係はどれほど長く続くでしょう? 神への毎日の祈りは天の父なる神と毎日交わることなのです。実に神が私たちと交わりを持ちたいと思われることは驚くべきことです。事実、詩篇の著者は「人とは何者なのでしょう。あなたがこれを心に留められるとは。人の子とは、何者なのでしょう。あなたがこれを顧みられるとは。」(詩篇8:4)と尋ねています。毎日の祈りは、この驚くべき真理と神が私たちに与えてくださった素晴らしい特権を理解する良い方法なのです。

English
日本語のホームページに戻る
毎日の祈りはなぜ重要なのですか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける