現代神学とは何ですか?


質問: 現代神学とは何ですか?

答え:
現代神学は、一般的に第一次世界大戦後から現在までの神学と神学的傾向についての研究と定義されます。およそ20世紀から今日までを含んでいて、典型的に現代神学 が取り扱う主な分類には根本主義、新正統主義、ペンテコステ主義、福音主義、バチカン第二会議以後のカトリック教会、二十世紀の東正統神学、カリスマ運動などがあります。

これらの大きい分類に加えて、現代神学は、解放の神学、男女同権主義の神学、その他様々な民族主義神学などの特殊な領域も扱っています。広い多様性のある信条があるので、現代神学の“専門家”だと主張する学者は少ししかいません。 それよりも現代神学の一、二の特別な領域を研究するという傾向があります。

もっと最近の現代神学の分野は、宗教間の対話を研究することです。歴史的キリスト教神学はノンクリスチャンの世界観の信仰の仕組みが違う宗教間の会話の土台となって、比較されます。最近の探求は、二、三以上の信仰の間にある共通の価値に焦点を当てています。例えば、″アブラハムの信仰”(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)、又は東方の宗教(ヒンズー教、仏教や中国のキリスト教会の地下運動など)も含みます。

現代神学は、主に学問的な研究の分野です。学問として、神学が直面している知的な挑戦、科学、社会的問題、宗教の習慣などを含む挑戦に取り組みます。多くの現代神学者は共通のクリスチャンの伝統 を持っていますが、皆がそうではありません。事実多くの不可知論者、又は無神論者の学者でさえ、この分野に入り込み、現代社会で信仰や信条に関する彼らの意見を教えています。

聖書を信じるクリスチャンにとって、現代神学は、最近の歴史に発達した信条をたどるので、重要です。しかしながら、現代神学は、様々な社会的運動の前後関係の中で、又は他の信仰と比較して、信仰を評価するので、しばしば伝統的なキリスト教神学から離れるということをはっきりと理解しておくことは重要です。聖書的世界観に忠実に従うことは彼らの目的ではないのです。

今日の重要な主題に関して聖書が何を教えているかを理解したい人は、現代神学の広い様々な資料に助けになる情報を見つけることができるでしょう。しかしながら、聖書そのものは変わりません。聖書は信者のために今でも、また永遠に真理の基準なのです。(2テモテ3:16-17)

English
日本語のホームページに戻る
現代神学とは何ですか?