私たちは罪を犯した相手に罪を言い表すべき?



 

質問: 私たちは罪を犯した相手に罪を言い表すべき?

答え:
私たちが神に罪を言い表すべき事は明確ですが、罪を犯した相手にもその罪を言い表すべきかどうかと悩んでいるキリスト者が多くいます。私たちは罪を犯した相手に謝罪をするべきでしょうか?「光の中を歩む」(Iヨハネ1:7)とは、神の戒めに従って生きる事を指しています。上の箇所で、キリストによる赦しと「互いに交わりを保」つ事について書かれています。つまり、光の中を歩む事と人々との交わりには関係があるのです。

全ての罪は最終的には神に対して犯されるものです(詩篇51:4)。聖書にはしばしば神に罪を言い表す必要について書かれています(詩篇41:4; 130:4 使徒8:22; Iヨハネ1:9)。人々に罪の言い表しをするべきか、それについて聖書には決定的に書かれていません。罪を誰かに言い表す事を命令しているただ一つの箇所は教会の長老たちが病んでいる人のために祈る場合についての箇所です(ヤコブ5:16)。

しかし、上の点は私たちが他の人の赦しを乞う必要がないという結論には行き着きません。聖書には人々が謝罪をする場面が多くあります。ヨセフの兄弟たちは創世記50:17-18でヨセフに謝罪をしていますし他にも(ルカ17:3-4; エペソ4:32; コロサイ3:13)などの箇所が良い例です。

上の箇所などからわかる事は、1) 私たちは全ての罪の赦しを神に求めるべきである事。神は「心のうちの真実を喜ばれます」(詩篇51:6)と書いてある通りです。2) 私たちの神との関係が正しいものであるならば、人々との関係も必然的に正しいものになる事。私たちは人々に恵み深く、正義と正直さを持って接するようになるでしょう。3) 謝罪の度合いは罪のもたらす影響の大きさによって変わってくるべきである事。つまり、罪の影響をを直接受けた人には謝罪をするべきです。

例えば、男の人が情欲を抱いて女の人を見たとします。彼はすぐに神にその罪を言い表すべきですが、彼が情欲を抱いて見た女性に謝罪をする事は正しくもないし、必要もありません。この罪はその男性と神との間のものだからです。しかしながら、誰かが約束を破るとか、女性に直接外を与えるような罪を犯したとしたら、彼はその女性に謝罪をするべきなのです。罪が教会などで多くの人に影響を及ぼす物であったら男性も女性も公に教会員全体に謝罪をするべきでしょう。つまり、罪の言い表しと謝罪は罪の及ぼす障害の度合いに照らし合わされるべきなのです。罪の影響を受けた人々はその言い表しを聞くべきなのです。

私たちの神からの赦しは私たちの人々への謝罪や彼らの赦しに左右されるものではありませんが、神は私たちが自らの過ちを正直に言い表す事を望んでおられます。私たちが誰かに対して罪を犯し、彼らを悲しませたり、傷つけたりするならば、私たちは彼らに謝罪をし、赦しを乞うべきです。赦しが与えられるかどうかは罪の言い表しを受けた本人次第であり、私たちの責任は心から悔い改め、罪を言い表し、謝罪をする事です。



日本語のホームページに戻る



私たちは罪を犯した相手に罪を言い表すべき?