自分の姦淫を夫/妻に告白すべきですか?



 

質問: 自分の姦淫を夫/妻に告白すべきですか?

答え:
不幸にも姦淫の罪に陥ったという経験を持つ多くのクリスチャンに取って、それを告白するか否かはジレンマです。世的な〝専門家”は、通常告白するともっとひどい害になるからと言って、何も言わないようにと勧めます。 そうすると問題は、当人の良心を押し殺して、告白がもたらすはずの関係の修復ができないようにしてしまうことです。ヤコブ5:16は、「ですから、あなた方は互いに罪を言い表し、互いのために祈りなさい。いやされるためです。」と言っています。

使徒パウロは賢明にも、「そのために、私はいつも、神の前にも人の前にも責められることのない良心を保つようにと、最善を尽くしています。」と言いました。(使徒伝24:16)姦淫は主に神に対しての罪ではありますが、聖書は私たちの体は自分の物ではなく、結婚している相手に属していると言っています。(1コリント7:4) 肉体的な性行為は神が二人を結ばせられるとき、結婚している夫婦が一体となる方法です。(1コリント6:15-16) これらの理由で、姦淫を犯した人は祈って聖霊に導かれて、適切な時に告白すべきです。

罪責感は単に無視しようと努力するだけで消えるものではありません。事実それよりも、精神的、又は肉体的な問題にと広がっていくかもしれません。 自分の不倫を夫、又は妻に告げることは非常に困難ですが、必要なことです。結婚の誠実さを取り戻すためだけではなく、その人と神との関係にとっても必要です。そうすれば、良心も責められるところもなく、聖なる責められることのない人生を生きることができるのです。



日本語のホームページに戻る



自分の姦淫を夫/妻に告白すべきですか?