条件付き保障とは何?



 

質問: 条件付き保障とは何?

答え:
”条件付き保障”とは、イエスキリストにある信者の救いについての神学的ことばです。それは、クリスチャンの救いの永続する質のことを述べています。つまり、クリスチャンの救いは”条件付きで保障されている“と言うのです。と言うと次の質問が出てきます。どんな条件でクリスチャンの救いは保障されているかです。条件付きの保障を支持する人たちは、救いは最後まで忠実であることと言う条件付きであると主張します。聖書が用いている比喩で言うと競技者は、褒美を受け取るために最後までレースを走り抜けなければならないのです。 条件付きの保障と言う教理を信じる人は、その根拠として以下の聖書箇所を使います。

「またにせ預言者が多く起こって、多くの人々を惑わします。不法がはびこるので、多くの人たちの愛は冷たくなります。しかし、最後まで耐え忍者は救われます。」(マタイ24:11-13).

「ですから、兄弟たち。私たちは肉に従って歩む責任を、肉に対して負ってはいません。もし肉に従って生きるなら、あなた方は死ぬのです。死かh氏、もし御霊によって、体の行いを殺すなら、あなた方は生きるのです。」(ローマ8:12-14)

「兄弟たち。私は今、あなた方に福音を知らせましょう。これは、私があなた方に宣べ伝えたもので、あなた方が受け入れ、また、それによって立っている福音です。またもし、あなた方がよく考えもしないで信じたのでないなら、私の宣べ伝えたこの福音のことばをしっかりと保っていれば、この福音によって救われるのです。」(コリント15:1-2).

「思い違いをしてはいけません。神は侮られるような方ではありません。人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。自分の肉のために蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、御霊のために蒔く者は、御霊から永遠のいのちを刈り取るのです。善を行うのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、刈り取ることになります。」(ガラテヤ6:7-9)

これらの箇所やその他の箇所は信者の救いの質に条件があることを指摘しています。これらの各聖句では、聖書の著者は(聖霊に動かされて)条件付きのことばを用いて、(例えば、もし耐え忍ぶなら、救われるなど)信者のキリストにある保障の性質を強調しているのです。 信者は、救いの保障を確実にするために(1)最後まで耐え忍ぶ。(2)御霊によって生きるr。(3)宣べ伝えられたみことばをしっかりと保つ。(4)御霊のために種まきをする。救いの賜物に何か欠けているとと言うのではありません。しかし、信者の一人一人が一生懸命忠実であり続けるように努めなければなりません。パウロのことばで言えば、「恐れおののいて自分の救いの達成に努めなさい。」(ピリピ2:12).

聖書の証拠の重みを考えると、条件付き保障は論争の余地がないように思えます。信者は、自分の救いを保証するために、最後まで忠実を保ち続けなければならないと言う考えに、どうやって誰が議論できるでしょう?それでも、この討論にはもう一つの面があるのです。これは古くからあるアルメニウス主義者(条件付き保障を唱える)とカルバン主義者(永遠の保障を唱える)の間の神学的議論です。アルメニウス主義者が信者の条件付き保障に関する聖句をいくつも指摘することができる一方、カルバン主義者も同じように、永遠の保障を支持する聖句を非常に多く指摘することができます。以下の聖書箇所のように。.

「にせキリスト、にせ預言者たちが現れて、できれば選民たちをも惑わそうとして、大きなしるしや不思議なことをして見せます。」(マタイ24:24).

「私はこう確信しています。死も、いのちも、み使いも、権威ある者も、今あるものも、後にくるものも、力ある者も、高さも、深さも、その他のどんな被造物も、私たちの主キリストにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。」(ローマ8:38-39).

「わたしは彼らに永遠のいのちを与えます。彼らは決して滅びることがなく、また、だれもわたしの手から彼らを奪い去るようなことはありません。わたしに彼らをお与えになった父はすべてにまさって偉大です。だれもわたしの父の御手から彼らを奪い去ることはできません。」(ヨハネ:10:28-29)

「この方にあってあなた方もまた、真理のことば、あなた方の救いの福音を聞き、またそれを信じたことにより、約束の聖霊を持って証印を押されました。聖霊は私たちが御国を受け継ぐことの保証です。これは神の民のための贖いであり、神の栄光が讃えられるためです。」(エペソ1:13-14).

他にも、キリストの真の信者の救いの永遠の保障について詳細に述べた多くの箇所があります。以上の箇所で、ひとつ目立つのは、永遠の保障は各信者の努力とは全く関係ないことです。しかし、保護する神の恵みによるのです。ところが条件付きの保障を支持するかのような箇所は、信者の忠実を保つ能力に焦点を合わせているように思えます。.

私たちはこのことをどう考えるべきでしょう?聖書は条件付き保障と永遠の保障との両方を教えているのでしょうか?答えはいいえです。それでも、私達は、信者が忠実を守るようにと言う箇所と神が信者を最後まで保護してくださると言っている箇所とを調和させなければなりません。答えは、神学者が恵みの教理と呼ぶ ことを見てみることです。恵みの教理は、カルバン主義の5つのポイント(誤った呼び名ですが、カルバンは5つのポイントだけで表現してはいません。)以下に恵みの教理を簡単に述べます。

人間は完全に悪である:原罪のゆえに、人間は完全に堕落して生まれてきて神を喜ばせるために何もできないし、神を求めようともしない。.

無条件の選び:人間が完全に悪なので、神が信者の救いを安全にしなければならなかった。神は、無条件に救われる人を選ばれた。(人間はこの救いのために何もしていない).

有限の贖い:神が救いのために選ばれた者を受け入れるためには、神の義なるさばきを満足させるためにその罪のための贖いが必要であった。神は御子イエスキリストの犠牲を通してこれをされた。.

拒否できない恵み:神はこの救いの功績を実際に適用して、選ばれた者たちを聖霊の新生させる力で、彼らが拒むことのできないように呼び寄せられる。これは福音を宣べ伝えると言う方法でされる。.

聖徒の堅忍不抜:神が信者に与えられた救いは、神が聖徒を聖めて保護されるので、最後まで保たれる。.

信者の救いが条件付きに保障されるか永遠に保障されるのか評価するためには、以上の恵の教理の5つのポイントをまず取り扱わなければなりません。聖徒の堅忍不抜はそれだけで成り立つ教理ではありません。論理的にほかの4ポイントにかかっています。恵みの教理の基礎は第一のポイント完全悪です。もしそれが真実なら、必然的に次の4つのポイントも真実でなければなりません。聖書は疑う余地もなく、人間は自分から救いのために神のところへ来る能力は全くないと教えています。(マタイ19:25-26).

カルバン主義と恵みの教理の批判者たちは、、もしこの教理を教えると、聖や敬虔さはなくなってしまうと主張します。つまり、もし救いが永遠に保障されると言うのなら、信者が自分の意志のままに罪を犯すのを何が止めるのかと言うのです。 使徒パウロは同じ質問をローマ書6:1でしています。 パウロの返事は、キリストにある新しい命と罪とは両立できないと言うのでした。(ローマ6:2-4) 恵みの教理は罪の免許証を与えるのとははるかに違っていて、実はクリスチャンの敬虔さを条件付きの保障よりもずっと進めます。ピューリタンは敬虔さと清い生活に厳しく献身したことで知られていますが、主にカルバン主義者でした。恵みの教理では、敬虔は救いのための神の驚くばかりの恵みに対する感謝の反応として見られます。(ローマ12:1-2) この教理が正しく信じられたら、私達の行いは、私達を罪とみじめさから救ってくださった恵み深い神の真の愛に対する応答になるのです。 ハイデルブルグ 教理問答(プロテスタントの宗教改革の初めのころの信仰告白の書類のうちの一つで、子供や新しい信者を教える道具)は、三つの部門に分かれています。人間のみじめさ(私たちの罪の状態);人間の救いについて(イエスキリストを通しての神の恵みある救いのわざ);そして感謝(神の恵みに対する私たちの反応;クリスチャンとしての義務.

それで、もし私たちが、前述の恵の教理を真理(聖書的)だと受け入れるなら、条件付きの保障を支持するように見える箇所をどう調和させるのでしょう?短い答えは、私達(信者)は耐え忍ぶ(最後まで忠実を保つ)。何故なら神が私達を保ってくださるから。 別のことばにすれば、もし私たちが救いを得るために何もしていないのなら (救いは神の恵みのゆえに無料の賜物だから)、ではどうやって救いを失うことができるでしょう?条件付きの保障は、救いのために自分で何か貢献した(アルメ二ウス主義者が論理的に暗示する)と信じる人たちにだけ受け入れられます。しかし、これはエペソ2:8-9のような箇所に矛盾しています。「あなた方は恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行いによるのではありません。だれも誇ることのないためです。」これは明らかに私たちが救いのために絶対に何も貢献していないことを主張しています。恵みの賜物を受け取るために必要な信仰さえも神からの賜物なのです。.

アルメニウス主義は最後に人間に誇る理由を与えます。もし、神の聖霊に協力することで、最後まで忠実を保つことができるのなら、私も(少し?)コースを守って最後までレースを走ったと誇ることができます。 しかしながら、天国には主を誇ること以外何の自慢もありません。 (コリント1:31)条件付きの保障と言う教理は聖書的ではありません。聖書は私たちが最後まで保つことができるのは、神が保ってくださるからだとはっきり言っています。



日本語のホームページに戻る



条件付き保障とは何?