どうすれば神との関係が親密になるの?



 

質問: どうすれば神との関係が親密になるの?

答え:
神との関係を親密にしようとする事はすばらしい、新生された心からくる目標です。というのも、キリストにある者でなければ神との親密な関係を望む事はないからです。もう一つ覚えておくべきなのは、この地上生涯では私たちは完全な形で神との関係が親密になる事はない事です。それは私たちには罪があるからです。これは神の欠けではなく、私たちの欠けからくる物であり、罪が私たちが栄光で経験する神との親密な関係と私たちの間に立ちはだかっているのです。

私たちの誰よりも神との親密な使徒パウロでさえも、神とのさらに親密な関係を望んでいました:「それどころか、私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、いっさいのことを損と思っています。私はキリストのためにすべてのものを捨てて、それらをちりあくたと思っています。それは、私には、キリストを得、また、キリストの中にある者と認められ、律法による自分の義ではなくて、キリストを信じる信仰による義、すなわち、信仰に基づいて、神から与えられる義を持つことができる、という望みがあるからです」(ピリピ3:8-9)。私たちの信仰生活のどの過程にあっても、さらに神との親密な関係を持つ事が可能であり、天国では永遠に神をさらに知り続ける事ができるのです。

下の5点は神との関係をさらに親密にするためのヒントです。

神との関係をさらに親密にするための1つ目のヒントは日々罪を神に告白する事です。罪が神と私たちの間に立ちはだかるならば、罪を告白する事でその隔たりは取り除かれるのです。神は私たちが罪を告白するならば赦してくださる事を約束して下さっていて(Iヨハネ1:9)、赦しこそが、崩壊した関係を修復する事がえきるのです。また、罪の告白とはただ「神様、罪を犯してすいませんでした」と言うだけではなく、自らの罪が聖なる神に対する反乱である事を本当に悔やむ心から湧き出る告白であり、自らの罪がイエスを十字架に掛けた事を自覚している者の告白です。ルカ18章の「神さま。こんな罪人の私をあわれんでください。」という主税人の祈りが良い例です。ダビデ王が「神へのいけにえは、砕かれた霊。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。」(詩篇51:17)と書いた通りです。

神との関係をさらに親密にするための2つ目のヒントは、神の語られる事に耳を傾ける事です。今日、超自然的に神の声を聞くなどの経験を求める人が多くいますが、使徒ペテロは「私たちは、さらに確かな預言者のみことばを持っています。夜明けとなって、明けの明星があなたがたの心の中に上るまでは、暗い所を照らすともしびとして、それに目を留めているとよいのです」(IIペテロ1:19)と言っています。この箇所でペテロは聖書を指していて、聖書を通して私たちは神の声に耳を傾ける事ができるのです。神の霊感を受けている聖書を通して、私たちは「すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となる」(IIテモテ3:16-17)事ができるのです。ですから、神とさらに親密な関係を持つためには聖書を日々読む出来なのです。聖書を通して神は私たちに、聖霊の働きかけを通して語りかけて下さるのです。

神との関係をさらに親密にするための3つ目のヒントは、祈りを通して神と話す事です。聖書を読む事を通して神の語りかけに耳を傾ける事ができるならば、私たちは祈りを通して神と話す事ができます。福音書にはしばしばイエスが離れた場所に行かれ、天の父と時間を過ごす出来事が記録されています。祈りとは私たちが欲しい物や必要な物を神に願うためだけの物ではありません。イエスがマタイ6:9-13 で弟子たちに教えた祈りを見てみましょう。最初の3つの祈りは神についての物(御名が崇められるように、御国が来るように、御心がなされるように)であり、この祈りの後に、次の3つの点(日ごとの糧をお与え下し、負い目をお赦し下さい、悪からお救いください)が祈られるべきなのです。他にも、詩篇を読む事で祈りを豊かにする事ができます。詩篇の多くは正直に神に対する、賛美、悔い改め、感謝、とりなしの呼びかけなのです。

神との関係をさらに親密にするための4つ目のヒントはともに礼拝を捧げるキリストのからだである教会を見つける事です。教会を見つける事は霊的に成長するためにとても大切です。私たちは教会に対し、「教会は私のために何ができるか?」という姿勢を持ちがちで、礼拝のために心を整える事もしません。詩篇には神から、ご自分の民への礼拝への招きが多く記されています。この招きに応答しない事は悲しい事です。主日礼拝はこの招きに応答する機会を与え、また神の民との交わりをする機会を与えているのです。主の家に入り、神を礼拝し、神の民と交わりを持つ事で神との関係が成長するのです。

神との関係をさらに親密にするための5つ目のヒントは、従順な生活を送る事です。イエスは弟子たちに「だれでもわたしを愛する人は、わたしのことばを守ります。」(ヨハネ14:23)と教えました。ヤコブは私たちが神に従い、悪魔に立ち向かい、神に近付くならば神が私たちに近づいて下さると教えています(ヤコブ4:7-8)。パウロはローマ書で私たちの従順は「生きた供え物」であると教えています(ローマ12:1)。聖書に書かれている従順にへの勧めは神から受けた恵みの賜物への私たちの感謝に溢れた応答なのです。私たちは神に従う事で救いを得るのではなく、救われた喜びのゆえに神に従うのです。

ですから、罪の告白、聖書を読む事、祈り、教会での活動、従順を通して、私たちは神との関係を親密な物にする事ができるのです。これらは単純に見えるかも知れませんが、他の人々との関係を親密にするために私たちが普段何をするかを考えてみて下さい。私たちは人々と会話をし、彼らの話を聞き、何か間違った事をしてしまった時は謝罪をします。また彼らために時間、労力や所有物を費やします。私たちの天の父との関係と他の人間関係はそこまで違わないのです。



日本語のホームページに戻る



どうすれば神との関係が親密になるの?