親戚との恋愛は間違っていますか?



 

質問: 親戚との恋愛は間違っていますか?

答え:
神が旧約聖書の律法で禁じた関係はレビ記18:6-18に書いてあります。この箇所でイスラエル人は両親、まま親、孫、兄弟、おじ、叔母、異母兄弟、異父兄弟と結婚する事が禁じられていました。いとこ同士の結婚は聖書で禁じられていません。

歴史のはじめには人類の数には限りがありましたから、その結果親戚同士の結婚が必要になってきました。人類が地を満たすほどの増えた時に人々は親戚同士の結婚をする必要がなくなりました。歴史のはじめには人類の遺伝子などが現代ほどくるってはいませんでしたから、親戚同士の結婚も安全で、障がい児などの生まれる可能性も低かったのでしょう。人類が増え、罪の影響を受けてからは遺伝子に狂いが生まれ、神は肉親同士の結婚を禁じました。

ですから、親戚同士の結婚自体が悪であるわけではないようです。これを避けるべきなのは危険だからです。さらに、世界中で多くの国々は親戚同士の結婚を違法としています。聖書は私たちの住む国の政府に従うようにと教えています(ローマ13:1-6)。大体の国ははとこ(またいとこ)同士の結婚を認めています。結婚を考えている親戚同士は神に知恵を与えてくださるように祈りましょう(ヤコブ1:5)。また、家族にも相談するべきです。



日本語のホームページに戻る



親戚との恋愛は間違っていますか?