教会は献金をどうするべきなのですか?


質問: 教会は献金をどうするべきなのですか?

答え:
どの教会もある種の十一献金、または献金を受け取ります。それが献金袋を回すか、教会場の後ろに献金箱を備えるか、またはほかの方法にしろ、教会はその作動のために資金を要します。教会は教会員たちに、周りの社会に、そして神に対して責任があるので、その資金をどのように使うかは重要です。

まず、教会は教会員に対して責任があります。 一番初めの教会―ペンテコステの日にエルサレムで始まった教会は教会員の実用的な必要を満たすために特別に努力しました。「使徒たちは、主イエスの復活を非常に力強く証し、大きな恵みがそのすべての者の上にあった。彼らの中には、ひとりも乏しい者がなかった。地所や家を持っている者は、それを売り、代金を携えてきて、使徒たちの足元に置き、その金は必要に従っておのおのに分け与えられたからである。」(使徒伝4:33-35)お金は教会の指導者たちのところへ集められ、指導者たちは必要に応じてその金を分け与えたことがわかります。食物も彼らの中の未亡人たちに配給されていました。(使徒伝6:1)

エルサレムの使徒たちは、パウロが異邦人たちに宣教することを確認して、「いつも貧しい人たちを顧みるように」(ガラテヤ2:10)とパウロに言っています。だから、教会内の貧しい人たちのための慈善の働きの予算も教会予算の一部とするべきです。のちにパウロは、誰が教会の援助を受けるべきか、誰が生計のためにほかの方法に頼るべきかのガイドラインをいくつか述べています。(1テモテ5:3-16)

一世紀のころ、多くの地方教会が他の教会の必要を助けるために献金を募りました。特に、エルサレム教会は迫害と飢饉で苦しんでいましたが、アンテオケの教会は献金を集めて教会を助けました。(使徒伝11:29)のちにパウロはその愛の贈り物をガラテヤ(1コリント16:1)コリント(1コリント16:3)そしてマケドニアとアカヤ(ローマ15:25-26)からエルサレムに届けました。パウロは、ベレヤ、テサロニケ、デルべ、アジア地方からの使者たちを伴って行きました。(使徒伝20:4)

二番目に教会はその周辺の社会にも責任があります。アウトリーチは必要です。「ですから、私たちは機会のあるたびに、すべての人に対して、特に信仰の家族の人たちに善を行いましょう。」(ガラテヤ6:10) この節は優先順位を教えます。―神の家族が第一、―しかしすべての人にも善を行う方法を追求すべきなのです。もちろんこれには伝道が関係しています。(使徒伝1:8) 健全な教会は宣教師を遣わすべきです。(使徒伝13:2-3を見てください。)又は、少なくとも様々な宣教地で働いている宣教師を援助すべきです。

教会がその資金をどこに使うかで証明されるように、教会外部に対する焦点を失った教会は霊的弱さのしるしを現わしています。教会コンサルタント、また著者であるトム.レイナーはその著書"死んだ教会の解剖"の中で、瀕死に面した教会の一つの症状は、教会員の必要のための予算の割合が増える一方、アウトリーチのために指定された金額の割合が減っていくことだと述べています。

三番目に、教会は神に対して責任があります。主はご自分の教会を知っておられます。(黙示録2:2、9、13、19)そしてみことばが宣べられることを要求されます。「ローマ書10:14;2テモテ4:2)それから"キリストの奥義"(コロサイ4:3) が語られなければなりません。福音を伝えることは一番大事です。 その道標をさらに進めることなら何でも、第一の優先順位を与えられるべきなのです。牧師に給料を支払うことはその道標の一部です。「よく指導の任に当たっている長老は、二重に尊敬を受けるにふさわしいとしなさい。みことばと教えのために骨折っている長老は特にそうです。聖書に『穀物をこなしている牛に、くつこを掛けてはいけない。』、また、『働き手が報酬を受けることは当然である』と言われているからです。」(1テモテ5:17-18)みことばを忠実に解き明かす人たちは、その仕事のために当然報酬を受けるべきです。 (1コリント9:11も参考にしてください。)

教会の支出に関して知恵が必要です。私たちはその知恵を与えられるようにと祈るべきなのです。(ヤコブ1:5)立派な建物やきれいに整備された構内を持つことは罪深いことではありません。しかし、それよりももう一人別に宣教師を支援したり、世界中でより貧しい教会を援助したりすることに資金を使った方が 良い使い方ではないかと、時々、不思議に思います。

教会の目標は世界で神の働きをすることであるべきです。すべてが神の栄光のためになされるべきです。 (1コリント10:31) 初代教会は、「使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。」のです。(使徒伝2:42) これらの行動―みことばを広め、互いに交わりをし、聖餐式を行い、祈りをすること―は多分教会がその資金をどのように使うべきか基本的なガイドであるべきです。

English
日本語のホームページに戻る
教会は献金をどうするべきなのですか?