クリスチャンの結婚式式は未信者の結婚式とどう違うべきですか?



 

質問: クリスチャンの結婚式式は未信者の結婚式とどう違うべきですか?

答え:
クリスチャンの結婚式と未信者の結婚式の主な違いはキリストです。結婚するクリスチャンはお互いに対してするのと同様にキリストと契約するのです。その契約は挙式に参加する誰にも明らかであるべきなのです。未信者の結婚式では、結婚する二人、特に花嫁に焦点が当てられますが、クリスチャンの結婚式ではキリストが焦点の的になります。

結婚式を通して本当にキリストの栄光をたたえたいと思うクリスチャンのカップルは、 牧師との聖書的な婚前カウンセリングと言う準備から始めるべきです。健全な聖書的原則に基いた婚前カウンセリングは 、互いに関係を持つことと、またの後に生まれる子供との関係に関する夫と妻の役割を教えます。(エペソ5:22-6:4;コロサイ3:18-21)結婚式は、神と友人たちと家族の前で、家族のための神の計画に従って生きたいという願いを証言します。

結婚の儀式もイエスキリストの栄光をたたえると言う二人の献身を反映するものであるべきです。式のすべての部分―音楽から誓いの言葉、式を執り行う人のメッセージに至るまで、二人のその約束を反映しなければなりません。音楽は、うやうやしく、キリストを敬うような音楽であって、世的で軽薄な物であってはなりません。誓いの言葉は、それを言うとき、生涯を通しての約束であり、互いに約束し合うことは神に約束するのだという知識を二人が十分にもってするべきです。牧師のメッセージは、これらの真理と誓約を反映するものであるべきです。

クリスチャンのカップルは付き添い人を選ぶとき、彼らのキリストに対するコミットメントを考えた上で注意深く選ぶべきです。花嫁の付き添い女性や花婿の付き添いは、儀式の単なる飾りではありません。 彼らがそこに参列することは、夫婦が結婚を通してキリストを敬うという約束に賛成し、それを支援することの証しなのです。それに、花嫁衣裳も花嫁付き添いのドレスも控えめで神の前に立つのに適切なドレスでなければなりません。キリストを敬う挙式には、胸をはだけたり、肌をあらわにした服の出る場所はありません。

もしレセプションがあるなら、それも同様にキリストを尊敬するものでなければなりません。未信者の家族もしばしばクリスチャンの結婚式やレセプションに参加しますが、クリスチャンの結婚レセプションでアルコールを出すのは、未信者に間違ったメッセージを送ることになります。つまり、キリストを主と告白する人とそうでない人との違いは本当はほんの少ししかないというメッセージです。 結婚式を計画する信者がアルコールを飲むことに何の抵抗も感じず、良心の呵責もないとしても、他のクリスチャンの中にはアルコールが出ることに反対する人もいるかもしれません。私たちはクリスチャンとしての自由を理由に人をつまずかせてはいけないのですから。

キリストを尊敬するような結婚式をした夫婦は、一生、その儀式の美しさと真剣さを覚えているでしょう。そして夫婦としての生活を始める素晴らしい方法だったと思うでしょう。



日本語のホームページに戻る



クリスチャンの結婚式式は未信者の結婚式とどう違うべきですか?