クリスチャンは富についてどう考えるべきですか?



 

質問: クリスチャンは富についてどう考えるべきですか?

答え:
クリスチャンが富についてどう考えるかは聖書の教えに従うべきです。旧約聖書には何度か神が人に富を与える様子が描かれています。ソロモンにも富が約束され、やがてソロモンは世界で一番裕福な王になりました (1列王記3:11-13; 2歴代誌9:22)。ダビデは1歴代誌29:12で「 富と誉れは御前から出ます。あなたはすべてのものの支配者であられ、御手には勢いと力があり、あなたの御手によって、すべてが偉大にされ、力づけられるのです。」と言いました。アブラハム(創世記17-20)、ヤコブ(創世記30-31)、ヨセフ(創世記41)、ヨシャパテ王(2歴代誌17:5)をはじめ多くの人が神から富を与えられました。しかしながら、ユダヤ人はこの世の約束と報酬を与えられるという神の選民でした。それで彼らには土地とその地の富が与えられたのです。

新約聖書には違った基準が描かれています。教会には約束の地や富の約束は与えられていません。エペソ1:3には「私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神はキリストにあって、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。」と書いてあり、キリストはマタイ13:22 でいばらの内に落ちた神のみことばについて「この世の心づかいと富の惑わしとがみことばをふさぐため、実を結ばない」と言っています。これが新約聖書で最初に書かれているこの世の富についての教えであり、それが肯定的ではないことがわかります。

マルコ10:23には「イエスは、見回して、弟子たちに言われた。『裕福な者が神の国に入ることは、何とむずかしいことでしょう。』」と書いてあります。-神にはどんなことでも可能なので、それは不可能ではありませんが-それは難しいのです。ルカ16:13には「しもべは、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、または一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。」と書いてあります。イエスの教えは富は霊的に悪い影響を与え、私たちと神様との間に入ってくる物として教えています。

神は今も私たちに与えておられる真の富について教えておられます。ローマ2:4には「それとも、神の慈愛があなたを悔い改めに導くことも知らないで、その豊かな慈愛と忍耐と寛容とを軽んじているのですか。」と書いてあり、真の豊かさは永遠のいのちを与えます。ローマ9:23でも「それも、神が栄光のためにあらかじめ用意しておられたあわれみの器に対して、その豊かな栄光を知らせてくださるためになのです。」と、豊かさについて書かれています。エペソ1:7にも「 この方にあって私たちは、その血による贖い、罪の赦しを受けています。これは神の豊かな恵みによることです。」と書いてあります。神があわれみを与える様をパウロはたたえ、ローマ11:33で「ああ、神の知恵と知識との富は、何と底知れず深いことでしょう。そのさばきは、何と知り尽くしがたく、その道は、何と測り知りがたいことでしょう。」と書いています。新約聖書の焦点は私たちに対しての神の豊かさです:「神の召しによって与えられる望みがどのようなものか、聖徒の受け継ぐものがどのように栄光に富んだものか…」(エペソ1:18b)と書いてあります。神は天でご自分の豊かさを私たちに示そうとしておられるのです。「キリスト・イエスにあって、ともによみがえらせ、ともに天の所にすわらせてくださいました。 それは、あとに来る世々において、このすぐれて豊かな御恵みを、キリスト・イエスにおいて私たちに賜る慈愛によって明らかにお示しになるためでした」(エペソ2:6-7)。

神が私たちが持つことを望んでおられる豊かさは次の物です。「どうか父が、その栄光の豊かさに従い、御霊により、力をもって、あなたがたの内なる人を強くしてくださいますように」(エペソ3:16)。富について書かれている、新約聖書の一番大切とも言える箇所はピリピ4:19で「また、私の神は、キリスト・イエスにあるご自身の栄光の富をもって、あなたがたの必要をすべて満たしてくださいます。」と書いてあります。この言葉をパウロが書き送ったのは、ピリピ人たちがパウロに犠牲的な献金を送ったからです。

1テモテ6:17でパウロは裕福な人に警告を送ります「この世で富んでいる人たちに命じなさい。高ぶらないように。また、たよりにならない富に望みを置かないように。むしろ、私たちにすべての物を豊かに与えて楽しませてくださる神に望みを置くように。」ヤコブ5:1-3でもまた正しくない形で得た富についてこう書いてあります。「 聞きなさい。金持ちたち。あなたがたの上に迫って来る悲惨を思って泣き叫びなさい。 あなたがたの富は腐っており、あなたがたの着物は虫に食われており、あなたがたの金銀にはさびが来て、そのさびが、あなたがたを責める証言となり、あなたがたの肉を火のように食い尽くします。あなたがたは、終わりの日に財宝をたくわえました。」聖書で一番最後に富について書かれているのは黙示録18:17で、バビロンの崩壊についてこう書いてあります。「あれほどの富が、一瞬のうちに荒れすたれてしまった。」

まとめると、イスラエルの民はこの地上での約束と報酬を神の選民として与えられた。神は民を通して様々なことを示された。多くの国民が彼らの恵みを受けたがったが、彼らの呪いは受けたがらなかった。しかし啓示が進んで言って、イエスキリストを通して神はさらに大きな働きを示された。「しかし今、キリストはさらにすぐれた務めを得られました。それは彼が、さらにすぐれた約束に基づいて制定された、さらにすぐれた契約の仲介者であるからです」(ヘブル8:6)。

神は富を持っている人をさばきません。富は人々に様々な形で訪れますが、神を求めるよりも富を求める人々に神は厳しい警告をしています。神の御心は私たちがこの世ではなく、永遠を思って生きる事です。それは難しいと感じるかもしれませんが、パウロは「私は私を強くして下さる方によって何でもできるのです。」(ピリピ4:13)と書きました。キリストを救い主として知り、聖霊の心に私たちの心が結び合わされるようにと祈る事が鍵なのです(ローマ12:1-2)。



日本語のホームページに戻る



クリスチャンは富についてどう考えるべきですか?