クリスチャンの結婚はほかの結婚とどんな違いがあるべきですか?



 

質問: クリスチャンの結婚はほかの結婚とどんな違いがあるべきですか?

答え:
クリスチャンの結婚とノンクリスチャンの結婚の主な違いはクリスチャンの結婚はキリストが結婚の中心であることです。二人の人がキリストにあって統一されると、結婚生活を通してよりキリストに似た者とされて成長することが彼らの目標になります。ノンクリスチャンも結婚に関する目標が多くあるかもしれませんが、キリストに似た者になることはその中に入っていません。。 と言ってもすべてのクリスチャンが、結婚したら、すぐにその目標に向かって働き始めると言うわけではありません。多くの若いクリスチャンは、実はそれが道標であることすら気づきませんが、彼らに宿っておられる聖霊が 働いて、二人を成長させる手助けをしてキリストに似た者になるという目標がますます明白になります。両人がよりキリストに似るようになることを個人的な目標にすると、強く生き生きしたクリスチャン結婚が形を取るようになります。

クリスチャンの結婚は、聖書がはっきりと夫と妻の役割を示していることを理解し―エペソ5章に― 互いにその役割を果たすことを約束し合うことから始まります。夫は家庭のリーダーの役をしなければなりません。(エペソ5:23-26) しかしこのリーダーシップは独裁的であっても妻に対して優越感をもって恩着せがましくしてもいけません。キリストが教会を指導される模範に従ってするべきです。 キリストは教会(キリストに属する者)を愛情と憐れみ、赦し、尊敬と自己否定の愛で愛されました。夫は同じように妻を 愛すべきなのです。

妻は〝キリストに従うように″(エペソ5:22)夫に従うべきです。夫に従属するというのではなく、二人ともキリストを尊んで、” 互いに従い合わなければならない” からです(エペソ5:21)。家庭ではキリストをかしらとして、権威の構造がなくてはならないからです。(エペソ5:23-24)尊敬は従いたいという願いのカギとなる要素です。:妻は夫を敬わなけれなならず、夫は妻を愛さなければならないのです。(エペソ5:33) 互いに対する愛と尊敬はクリスチャンの結婚の礎石です。これらの原則の上に夫も妻もキリストにより似た者として、一人一人が敬虔な者に成熟して行くにつれて、別々にではなく、一緒に成長するのです。

クリスチャンの結婚にあるもう一つのカギとなる成分は、ピリピ2:3-4にあるような自己否定です。この箇所にある謙遜の原則は、クリスチャンの結婚に重要な要素です。夫も妻も自分の必要を考える前に、相手の必要を考えなければなりません。そのためには、内住される聖霊の力によってだけ可能になる自己否定を要求します。 謙遜と自己否定は罪ある人間に自然にできることではありません。そのような特徴は、神の御霊だけが私たちの中に産み出し、養成し、完成させることができるのです。だからこそ強いクリスチャンの結婚は、霊的訓練―聖書の学び、聖書の暗記、祈り、神に関することの黙想などの特徴があるのです。二人がこれらの訓練を実行すると、それぞれが強められて成長し、そうすることで自然に結婚が強められて成熟していくことになるのです。



日本語のホームページに戻る



クリスチャンの結婚はほかの結婚とどんな違いがあるべきですか?