クリスチャンはなぜ同性愛を嫌悪するのですか?



 

質問: クリスチャンはなぜ同性愛を嫌悪するのですか?

答え:
ホモフォビア(同性愛嫌悪・恐怖)は定義上は同性愛者に対する恐怖となっていますが、その意味は広範囲に同性愛者に対する嫌悪をも含むようになりました。それに相応して、同性愛嫌悪は、そのような感情に基づいたデモ活動や振る舞いを通して現れる傾向がありますが、それが時に、暴力的行為や敵意の表明につながることがあります。実のところ、同性愛嫌悪は一つの社会階層に限定されるものではなく、あらゆる階層の人々のうちに見受けられるものです。そのような扇動集団は同性愛者を悪辣に攻撃し、同性愛者を迫害したり威圧したりしようとして、特に暴力的な言葉を使ってきました。

クリスチャンは、しばしば、ただ同性愛行為を罪と定めるということだけで同性愛嫌悪者であると言われてしまいます。しかし、実際には、同性愛嫌悪という用語はただ、同性愛活動家や同性愛支持者たちが非道徳的で不健康な習慣への純粋な批判をそらすために用いる言葉に過ぎません。同性愛者に対して理不尽な嫌悪を抱くようになり、同性愛者たちを苦しめるために暴力的行為をふるう覚悟のある団体や人々がいるのは確かです。けれども、問題となるのは、同性愛者人権擁護の活動家たちが同性愛に反対する人たちすべてに対して、同じような憎悪を抱いていると非難してきたことです。そのため、同性愛は不自然で罪であると正しく判断するクリスチャンたちは、憎むことが目的で憎む暴力的な狂人たちと同一視されてしまっています。

聖書は同性愛を強く非難する一方、同性愛者が憎まれるべきだとは決して指示していません。クリスチャンとして、私たちは同性愛行為の倒錯に対して声高に反対しなければなりません。聖書は、明らかにそれを非難しており、そのような行為を行う者たちに対する神の怒りも明らかにしています。クリスチャンとして、私たちははっきりと、また愛を持って、罪を罪と呼ぶように命じられています。同性愛に反対する人を指して誰にでもホモフォビア(同性愛嫌悪)という語を用いることは錯乱であり、それは妥当な議論でも正確な描写でもありません。クリスチャンは同性愛者たちに関してはただ一つのことを恐れるべきです。それは品位を下げる破壊的なライフスタイルから脱却するためのただ一つの希望を与えてくれる主イエス・キリストという、唯一の救いの手段を退ける決断をしたために、彼らが永遠に苦しむであろうということへの恐れなのです。



日本語のホームページに戻る



クリスチャンはなぜ同性愛を嫌悪するのですか?