クリスラムとは何ですか?



 

質問: クリスラムとは何ですか?

答え:
クリスラムとはキリスト教とイスラム教を両立させようという試みで、1980年代にナイジェリアで始まり、やがて世界に広がりました。クリスラムとはキリスト教とイスラム教の両立が可能であるという主張であり、同時にキリスト教徒とイスラム教徒でいられるという主張です。クリスラムは宗教ではなく、キリスト教とイスラム教の違いを曖昧にする運動です。

クリスラムを主張している人々はコーランでイエスについて25回書いてあることや、キリスト教とイスラム教の道徳の類似点、また世界の二大一神教が一つになって無神論者やニューエイジ運動に立ち上がるべきなどと主張します。またクリスラムは、キリスト教徒が多い欧米とイスラム教徒が多い中東の間の問題の解決につながるという主張もあります。

キリスト教とイスラム教(そしてユダヤ教)が多くの類似点を持っていることは否定できませんが、クリスラムは成立されることができません。それはキリスト教とイスラム教の間には大きな相違点が一つあるからですーそれはイエスキリストについての理解です。キリスト教はイエスが人間としてこの世にきた神であると教えます。キリスト者にとってキリストが誰であるのかはゆずれない教えであり、イエスの神性を否定すると、イエスの十字架の死が全世界の罪を赦したと言う教えが揺らいでしまうからです(1ヨハネ2:2)。

イスラム教はイエスの神性を否定します。コラーンにはイエスが神であると言う教えは冒涜だと書いてあります(5:17)。イエスの神性を信じることは汚れたことだとイスラム教徒は教えられているのです。さらに、イスラム教はイエスの十字架での死を否定しています(4:157-158)。このように、キリスト教の一番大事な教えがイスラム教によって否定されているのです。よって、これらの二つの宗教の両立は不可能であり、クリスラムはキリスト教徒もイスラム教徒も拒むべき教えなのです。



日本語のホームページに戻る



クリスラムとは何ですか?