子供は常に神からの祝福なのですか?



 

質問: 子供は常に神からの祝福なのですか?

答え:
聖書には全ての人間の生命の誕生に神が臨在しておられることが書いてあります。それが最も明確にされているのは詩篇139:13-18です。神が自分を創造してくださった事についてダビデは賛美をささげています。ダビデはまた神が永遠の昔から人生の詳細を定めておられた事も書いています。エレミヤ29:11でも神はダビデの見解を確証しておられます:「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。―主の御告げ―それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」それでは、強姦や婚外交渉、不倫などで受胎した子供はどうでしょうか?その子供の親はその子が神からの祝福とは「感じ」ないかもしれませんが、その子供の受胎の仕方によって、ダビデが書いているように神がその子どもの生命を御計画しなかった、ということにはならないのです。神は、どのように受胎した人であっても、一人一人の人間に対しての御計画をお持ちです。そうでなければ、神はそう言われなかったでしょう。新約聖書には神はそのひとり子をお与えになったほどに世を愛されたと書いてあります(ヨハネ3:16)。

この愛は救い主が弟子たちにみ言葉を教え、神の愛を自らの死と復活を通して示された愛と同じです(1 ヨハネ4:7-8)。神の私たちに対する愛と祝福を与えようとする願いには終わりがありません。神が人間を創造したその理由の一つは、私たちがご自分との親密な関係を持つというものでした。1ヨハネ4章には私たちが神の愛を知るならば、私たちも人々を愛することができると書いてあります。私たちが子供を神からの祝福とみなすためには、神がどれほどその子どもを愛しているかという理解が必要なのです。子供たちを一人一人、神の目線から見るならば、彼ら一人一人が神からの祝福であることが間違いないとわかります。子供たちを罪の観点を通して見るならば、私たちは創造主よりも被造物に注目した状態になり、神からの祝福を疑うことになるでしょう。

神は子供が一人一人、ご自身の人類への計画に従って生まれることを望んでおられます、それは結婚を通して子供が生まれることです。婚外交渉を通して子供が生まれるならば、神がその子供を愛さないというわけではありません。詩篇139:17でダビデは神の御思いの多さについて書いています。これはマタイ1章に描いてあるキリストの系図から見ることができます。その系図の中にも、失敗をした者も多くいて、婚外交渉を通して生まれた者もいます。しかし、それは御言葉に書いてある救い主が来られるという約束を無効にはしませんでした。



日本語のホームページに戻る



子供は常に神からの祝福なのですか?